2009年11月26日

また少しカミングアウト?(・_・?)ほえ?(笑)

まあ、もうとっくにみなさんにバレてるとは思いますが、、、。

けいちゃん、病院が怖いうえに、注射や検査はものすっごくこわいのよお〜っ!!(笑)の人です。

が、いろいろあって、これは、七年くらい前からこうなったのです。
けいちゃんは、小さい頃から病院にかかり、いろいろ大変な目にあったのですが、案外、平気でいたのですが、、、。

あることをきっかけに、、、まあ、詳しくは書けないのですが、、、何か、小さい頃の記憶とか、あまり人に話してはいけないことを見てしまったこととか、記憶の中の奥の奥に封印されていたのが、解かれてしまい、今、病院とかにビビッテいるのです。

だから、ずっと通っているかかりつけの病院はいいのですが、他へ行くとなると、大変なのです。
その建物に入るだけで、かなり怖くて、心臓がドッキドキ、ドクドクドクドクってなります。
(・_・?)ほえ?(笑)

本人にとっては、笑い事じゃあないんですけどねえ。

で、この前、二十四日に結石破砕をお願いしに、初めて行った病院で、手術前の検査をやり、三箇所で緊張のあまり、心臓がドッキドキ、ドクドクドクドクとなり、検査を始める前に進行をストップさせ、時間がかかってしまったのです。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああ。(笑)

で、CT造影室の看護師さんには、明らかにビビリがばれたようですし、、、。

実際、困ったものですが、これは、なかなか治りそうにないのです。

が、今も腰が痛んでます。

で、吐き気もあるのですが、ブログ書いて何とか、気を紛らわせ、一つことに集中することによって、しのいでいるのです。

経験上、これから、夜中の痛みが襲ってくるはずです。

で、あすの朝は濃い血尿が出るはずです。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、あああ。

ですから、来月の1日に破砕するのですが、身体が衰弱したり、おかしくなるので、明日はかかりつけの近くの病院へ行きます。

まあ、ヘタレとか、ビビリとか、特定のものだけだから、まだいいのですが、、、その原因まで、いちいち病院で話すのも大変ですので、話さないのですが、、、本当にただ注射を怖がっているとかで、笑われては困るような、、、(;^_^Aアセアセ(笑)

ま、死にゃあしないからいいか。
ヾ(ーー )ォィ 大雑把過ぎるだろっ!!(笑)

じゃあねえ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:32| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

┐( -"-)┌うーん、、、(・_・?)ほえ?(笑)

ある人から聞いた犯罪の話ですが、、、。

大変な変態の話です。
(・_・?)ほえ?(爆)

主人公は、うら若き乙女、つまりは年頃の若いお姉さんです。
こういうのは、変態が放っちゃおきません。
ヘッヘッヘッ((((・_・| (笑) てなもんです。
ヾ(ーー )ォィこらこらこら、、、(笑)

ある日、お姉さん、会社からの帰り道、辺りはもう真っ暗ですし、、、人家の少ないもう少し我慢すれば家という公園の近くまで来ると、、、。
突然、お姉さんの前へ公園の方から、男が飛び出してきました。
覆面をかぶっています。
只者じゃないです。
何ものだっ!!名を名乗れっ!!
o(`0´*)、、、おうっ!!で、通じるわけがありません。

実際、お姉さん、恐怖に身がすくんで、あっという間に男に抱きつかれ、で、カッターナイフを首に突きつけられ、公園の茂みに連れ込まれてしまいました。

ピ〜ンチッ!!o(`0´*)大変だア〜ッ!!

で、公園の茂みの中にある大きな木に身体を押し付けられ、、、。

変態 「声を出してみろっ!!大事なお顔が傷つくぜっ!!」

と恐ろしい犯罪者の言葉。

お姉さん 「(p_q*)シクシク・・・はい、、、」震えながら、小さな声で、、、。

変態 「ヘヘヘ、じゃ、おとなしくストックングとパンティーを脱いでもらおうか、、、へへへ」

憎むべきは、こういう犯罪者です。
o(`0´*)卑怯ものっ!!

お姉さん泣きながら、「(p_q*)シクシク・・・はい、、、」 と靴脱いで、ストッキング脱いで、パンティーを脱いで、、、。
お姉さん、震えながら思ったそうです、、、もうすぐ家なのに、こんなところでヤラれてしまう、、、でも、命とられるよりは、、、。

悲惨な決心でした。

変態 「よし、じゃあ、そのストッキングとパンティーをよこせっ!!おおっ!(;`O´)o」

お姉さん 「(p_q*)シクシク・・・あああ、、、乱暴しないで、、、」 震えながら、下着を渡すと、、、。

変態 「ヘッヘッヘッ!よしよし、、、誰にも言うんじゃねえぞっ!いいなっ!!(;`O´)o」

とストッキングとパンティーを掴むと、、、。

ε=ε=ε=ε=ε=(ノ^^)ノ へへへへへ。(笑)


お姉さん、その場に残され、、、(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえええええ?

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!ああああああ、、、何、何がおきたのっ!?いったい私の身に何が起きたのっ!?(爆)

で、そのお姉さん、呆然としながらも、家へ帰りました、、、大変怖かったのですが、、、そのうち、怖さが大変な怒りに変わったそうで、、、。
(・_・?)ほえ?(笑)

お姉さんの気持ちとしては、自分本人より、下着の方に興味があったのが、で、お姉さんに手付かずで、胸も他も触らないってのが、、、なんだか、すっごく頭にきたそうです。(爆)

(・_・?)ほえ?そういうものなの?(爆)

変態にやられちゃわなくて、良かったじゃんねえ。

が、怒りの収まらないお姉さん、すぐに110番。
で、被害者届けを出しました。

で、犯人は一月くらいで捕まったそうです。
余罪、あり。
お姉さんのような被害者もまだまだいたらしいのですが、恥ずかしいので被害届けを出さなかったそうです。

が、それにしても、自分より身に着けてるものに興味があったから、怒るって、無事だったからいいじゃんねえ。(笑)

なんでも、プライドが傷ついたのだとか、、、(・_・?)ほえ?何それ?
けいちゃんには、なんだか、理解に苦しむ問題です。(笑)


女神様 「ああ、いいお湯だこと、、、(o^-^o) 」

と、湯気の向こうの格子窓から覗く男アリ、、、。(笑)

女神様 「(;`O´)oああっ!おのれっ!この痴漢があ〜っ!!」

で、水がすごい勢いで覗きの男の顔にドシャア〜ッ!!

σ(・・。) 「ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、弁天のオババだっ!!」


((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ えれえもん、見ちまった。うえええ、、、。(笑)

女神様 「Σ(`0´*)ヌォ、、、おおっ!またしてもけいいちっ!!おのれえ〜っ!!」


って、水戸黄門かいっ!!(;`O´)o(爆)

女神様、けいいちの上に飛び乗るっ!!
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(ノ△・。)うえ〜ん!見る気じゃなかったんだよ〜っ!!そんな裸!!(笑)

女神様、平手でけいいちに激しく往復ビンタ、、、。
ビビビビビビビッ!!!←水木しげる先生の『ゲゲゲの鬼太郎』 のマンガを参照してください。(笑)

σ(・・。) ( ̄TT ̄)鼻血ぶー!!(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)

女神様 「拝観料、三万円なっ!!o(`0´*)」

σ(・・。) 「えええええっ!!高すぎるよお〜っ!!(ノ△・。)うえ〜ん!」(爆)



何?何?(・_・?)ほえ?何?なんなの?(笑)


じゃ、そういこと、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)(・_・?)ほえ?(笑)
posted by けいいち at 22:03| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○盛り、、、(・_・?)ほえ?(笑)

書いていいのかなと、迷ったけど、結石が暴れて痛いし、吐き気があるので、この際、どうだっていいわあ〜っ!!ってことで、書いちゃいましょう。
が、一部、くだらないと言うより、呆れたり、怒りがこみ上げてくる場合があるので、ご注意を。(笑)

けいちゃんのお友達、仕事仲間と数十名で、旅行で、ある所へ。

温泉です。

ここまでは、なんともありませんが、この日の宿泊代が一人数万円という、まあ、高いものだったのですが、誰も文句は言わないのです。
(・_・?)ほえ?(笑)

夜です。
宴会です。
宴もたけなわの頃、お酒の入ったみんなの前に、お刺身の豪華な盛り合わせが、、、。

が、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああ、何か違います。

世の中には、おバカは、おバカなりに、それ用に需要、供給があるのです。
何かというと、お刺身がたっくさん、真っ裸の女の人の上に盛られていたのです。
ちゃんと、綺麗にツマも添えてね、、、(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああああああ、、、(笑)

これ、実際にたっくさんお金を出せば、やってくれるところがあるという、女体盛り (にょたいもり、、、と読みます(笑)) と言うものだそうです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!ああああああああ。(笑)

だけど、、、真っ裸の女の人のあちこちにちゃんとツマ添えて、大葉添えて、綺麗に高級なお刺身が盛られているので、、、みんな箸出して、食べるのですが、酔っているとは言え、、、勇気がいるそうです。
(* ̄m ̄)プッ、、、そりゃ、そうだよな、、、。わかる。(爆)

どこの部分を食べるのに、勇気がいるか、周りの目もあるし、、、ご想像下さい。
(* ̄m ̄)プッ(爆)

言っておきますが、けいちゃん、それほど、女の人の裸に興味などありません。
そういう性格です。

が、もし、こんな現場にいたら、ヘタレの正確なので、怖気づいてその場を逃げます。(笑)

へたにけいちゃんのそばで、女の人が裸になっていたら、おしっこ漏らしもんです。(爆)

まあ、けいちゃん、少しカミングアウトまでしてしまいましたが、、、世の中、くっだらないことに大金を払ってる奴もいるってことで、、、。
しかも、くっだらないことを、請け負う人もいるのです、、、お金をたくさん出すようだけどね、、、。

ま、いいや、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 21:23| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。