2009年11月24日

あああ、最後に、、、(p_q*)(笑)

で、おトイレへ行って、おしっこしたら、腰が非常にズキズキと、、、あああ、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

で、次に最後に処置室へ行き、中へ入ると、、、。

( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、看護師さんいっぱい。
ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブルあああ、なんだか、寒気も。(笑)

で、入院の説明受けてたら、激しく腰が痛み出し、、、看護師さんが、大丈夫ですかと、声をかけてくれましたが、、、先生に連絡して、さらに座薬だ、注射だと言い出したので、、、。
けいちゃん、既にグッタリなので、説明する気力がほとんどないのですが、、、座薬はけいちゃん、お腹を壊す率が高いので、お断りし、で、注射だって、この処置室で、採血があるしで、、、お断り。

o(`0´*)、、、こ、これ以上、痛いことされてたまるかっ!!(爆)
腰の痛みより、注射の痛みは怖いので、我慢を選んだ瞬間でした。(笑)

ドッキドッキ、ドクドクドクドク、、、。

( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、これ以上、何かされたら、けいちゃん、死んでしまう。

が、看護師さんたちは優しく、とても心配してくれました。
これは、ありがたかったですけど、あああ、けいちゃん、身体が拒否反応起こして、もちません。
マジ(笑)
ホントに腰の痛みと、注射と痛いわ、ビビルはで、、、。
ハード・デイズ・ナイトでした。(笑)



女神様 「死ねっ!死んじまえっ!へへへ、おまえは地獄へ送って、注射どころか、針の山だからな、、、フフフフフ」

σ(・・。) 「いいのか?賽銭くれる人なんて、そういないはずだぞ。あんなボロなちっぽけなお堂じゃ、、、フフフフフ」

女神様 「Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああ、そう言えば、あんたくらいなものね、お賽銭くれるのは、、、あああ、けいちゃん、死なないで、、、(p_q*)シクシク・・・」

σ(・・。) 「神様なら、助けろよっ!o(`0´*)」(笑)

女神様 「(・−・?)えっ??あ、あたしはけいちゃんじゃなくて、けいちゃんのお金が目当てだから、、、。それに最近、人助けも面倒で、、、今はスイーツにはまってるのよ、、、お金さえあれば、けいちゃん本体はいらないの、、、別に、、、(o^-^o) 」

σ(・・。) 「ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(;`O´)oきっさまあ、お賽銭をそんなことに使っていたのかっ!!」

女神様 「いいじゃん、別にい、、、あたしゃ、神様なんだから、、、
( ̄^ ̄) ふんっ!」(笑)


((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ

女神様の近所の人たち

「うわあああああっ!!(;`O´)o山火事だあ〜っ!!」

女神様 「あんのガキャあ〜っ!!お堂どころか、山ごと燃やしやがって、、、死ねえ〜っ!!Σ(`0´*)おりゃあああ〜っ!!」

σ(・・。) 「ぎゃああああ〜っ!!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、注射針がいっぱい身体に刺さってる、、、ぎゃあああ〜っ!!(ノ△・。)うえ〜ん!ママあ〜っ!!」


なんなんだよ、いったい、何を書いてるんだよっ!

ええっ!(;`O´)oおいおいおいっ!!(笑)


とにかく、けいちゃん、グッタリの巻き、でした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

何なのよっ!(///VmV//)=3 ぷんっ!!(笑)

(;`O´)oやめんかいっ!(笑)


グッタリ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:54| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。