2009年11月16日

やっぱり注射は嫌、、、(・_・?)ほえ?(笑)

最近、新型インフルエンザのワクチン接種の模様がテレビでよくやってます。

その注射を腕に射たれて、背中にゾッときているのに、怖いもの見たさで、目が離せないけいちゃんって、いったい、、、(笑)

まあ、注射ってさあ、それ自体も、けいちゃんは、なぜか、細い注射器が怖い。
子供のころに何かあったからだけどね。(笑)

が、射つ人によって、怖いな。
明らかに、けいちゃんが、怖がるのを楽しんで、ストレス発散してるような人がいるのも確か。
が、そういう人は、けっこう、血管に射つのがうまかったりする。
(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪

そりゃ、そうだな、余裕なきゃ、人に注射器見せびらかして、お薬を針の先から、飛ばして見せて、「いったいのよお〜っ!この注射っ!!」とかやってられないと思います。(笑)

が、血管注射をけいちゃんは、お笑いの神様がついてるよくはずす、復帰したての看護師さんには、やられたくありません。
パスッいちっ!!(;`O´)o、、、人がやられてるのはいいが、自分はイヤッ!自分さえ良けりゃいいんだよっ!!←あっ!!人として、いけない発言です。(爆)
自分さえ良けりゃいいんだよっ!!って言って、けいちゃんは、親友のデブちゃんを怒らせました。(爆)

けいちゃんによくしてくれる優しい看護師さんは、まあ、けいちゃんに点滴するとき、時々、なぜか、ていちゃんの腕を握ったまま、いろいろ血管の品定め、、、が、手首や手の甲を見るのです。
すると、「うわっ!!そっちは堪忍してっ!!」
間髪いれずに、けいちゃん、泣きが入りますので、「あ、ごめん、ごめんっ!」 って、おんなじことが繰り返されます。
手の甲とか、神経が集まっていて、注射針刺されるとさらに痛いので、絶対ごめんです。
(;`O´)oダメだったら、ダメッ!!(笑)

あんまり、血管注射をやられたことのない人はわからないでしょうが、失敗して、血管を針が突き抜けた場合、ものすっごい痛いです。
大の男が、身体ごと逃げる(前に書いたブログを参照(笑))ほどですからね。

まあ、筋肉注射はいろいろですが、痛いのは痛いので、あきらめてください。
それが、嫌だったら、覚悟あるなら、お尻を差し出してください。(爆)
ま、痛くないといいますけどね。お尻なら。(笑)

ではでは、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 23:34| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。