2009年11月14日

甘い歌 真面目


そこには美しい音楽が流れ、綺麗なバラが咲き乱れ

甘い香りのする牧場(まきば)の中で 夜明けの美しさと君の美しさと素晴らしさの話をしてくれた

そこには 確かな愛情が周り中にあふれていた

だけど 僕にはその美しい歌声も聞こえなかった

君に出会うまでは 君に出会うまではね、、、、、けいいち訳


『Till There Was You』 の訳ですが、ビートルズのポールが自分のモノにした、歌ですね。

彼が作ったかのように歌ってくれます。

しかし、甘い、甘い背景を歌ってるよねえ。

この歌、メロディーもいいけど、歌詞がいいねえ。

君に会うまでは、、、僕はずっと孤独で楽しいことも美しいことも知らなかった、、、目に入らなかったし、、、耳にも入らなかった、、、君に出会うまでは、、、。

ってことだね。

君に出会って巣晴らしいもの、世の中が変わっちゃったって曲だね。

前にも紹介したけど、いい曲ですよ。

こういうのが、ロマンチックな曲に思えるのは、やっぱり昔の曲だから、今のみんなと昔の人間じゃ生きてる世界が違うからかなあ。

でも、未だにいい曲だとは思う。

(。・_・。)ノ
posted by けいいち at 21:04| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。