2009年11月14日

蹴る、掴む、あああ、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

最近、テレビでよくやってるCMで、安めぐみが護身術のDVDを宣伝してるけど、、、。

(;`O´)o、、、最後のありゃなんだっ!!
人形相手に、人形の股間を思いっきり蹴り上げる練習をしてるじゃんかっ!!
(;`O´)oおいおいおいおいっ!!

まあ、そりゃあ、相手が痴漢とかの犯罪者じゃそれも仕方ないのかもしれないけど、けいちゃんは、痴漢に同情する。(笑)

が、しかし、最近は自然の摂理ともいえるんだけど、明らかにオス、つまり男は衰退してるんだよねえ。
保護しろよっ!!
もっと、オスを大事にしろよっ!!
(;`O´)oおうおうっ!!(笑)

自分たちが強くなっているのに、それでも、女は弱いから保護されるものと、法律もおかしいけど、男女平等を謳っておきながら、なんか、そういうときになると弱い立場になるのもどうかと、、、。
まあ、世の中もそういうふうに、女性を大事にってのは、いいことだけど、、、なんか、それで世の中の女性って付け上がってきてるんじゃあ、、、。

某大掲示板じゃ、蹴ってみたいとか、ただ感触がおもしろいから、蹴ったりひっぱたりするとか、、、。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!女の発言とは、、、。思えないぞ。(笑)

引っ張ると千切れやすいって知ってるのかっ!!
タマなんて、切り取るより潰された方が、ショックで死ぬほど痛いってのを知ってないだろっ!!
(;`O´)oおうおうっ!(笑)

いまや、男のY染色体が異常を起こして、世界的にあぶねえんだぞっ!!男はさ。

それを、なんだろうなあ、女の詐欺師にひっかかって、コロされちゃって、、、。
相手はただ、贅沢のために、、、。

女の人が強くなったのは認めよう。
だけど、男女平等とか言ってるのに、、、時には女という立場を武器にするのはどうかと、、、。

だから、蹴ったり引っ張ったりって、某大掲示板とかで、真剣に話してるんじゃないっ!!
(;`O´)oおらおらおらっ!!(笑)

まあ、ドMとか、ヘタレとかビビリとか言われちゃったけいちゃんだけど、、、頼む、蹴るのは勘弁してくれ、、、、引っ張ってもダメ。m(_ _)m(爆)

バイクのタンク、まあ、ある程度の大きさのバイクだけどね、、、タンクに貼るゴムを知ってる?
何のために貼るのかといったら、それは、男の子用だったんだよ。マジ。
もし、バイクで何かに追突すると、身体が前に押し出される。
その時に男の子の、セットがグニャッと前のタンクにぶつかって、それに体重が乗るから、つぶれたり千切れたり、、、( ̄_ ̄|||) どよ〜ん
それを、防ぐためなんだそうだ。

デリケートなんだねえ。(笑)

でさ、思い出したんだけど。

昔、某テレビで、護身術を教えていて、もし、痴漢が変なものを出してきたら、掴んじゃえば、力が入らずにヘナヘナッとなるって、教えていたけど、無理じゃない?

そんなもの、見知らぬ他人の、そんなとこ、素手でつかめるかよっ!!
きったねえだろっ!!
ウソの護身術だ、それはっ!!
(;`O´)oおいおいっ!!(笑)

どっちにしろだ、急所を狙うたって、他の急所も教えておけよ、護身術ッ!!(笑)
で、護身じゃないのに、感触がおもしろいとか、、、いい加減にしておきなさい。(笑)


女神様 「けいちゃん、最近、全然お賽銭を持ってこないけど、、、おいっ!」

σ(・・。) 「こっちは、結石でそれどこじゃねえんだよっ!!賽銭、賽銭ってうるせえんだよっ!ババアッ!!」

女神様 「(;`O´)oなんだあ〜っ!!おまえ、その態度はっ!!このガキャあ、甘くしてりゃあつけあがりやがって、、、てめえなんぞ、女にしてやるっ!!」

ムンズッ!!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!ぎゃああああああ、、、反則だあっ!!(笑)

女神様 「なんだ、おまえのなんかいらないわっ!!付いてても付いてないと一緒じゃんか(爆)
(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!」

σ(・・。) 「(ノ△・。)うえ〜ん!ママあ〜ッ!!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!」

女神様 「あっち行けっ!!シッシッ!!」

σ(・・。) 「(ノ△・。)うえ〜ん!これあげるから、、、」

女神様 「おおっ、五百円か、、、(・_・?)ほえ?おめえっ、こりゃ、パチスロのコインじゃねえかっ!!
(;`O´)oあったまきたっ!!ちょん切ったろかいっ!!」

((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ、、、へっ、世の中甘くねえんだよっ!!(笑)



あああ、けいちゃんはいったい、何を書いてるのっ?(爆)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)


以上、男の子を大事にしましょうってお話でした。(笑)え、違うか?(笑)

(。・_・。)ノは〜い!(笑)
posted by けいいち at 20:50| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。