2009年11月14日

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!結石とインフルエンザ(笑)3

結石の痛み止めには、ブスコパンってお薬や、ペンタジン(あるいはソセゴン)+アタラックスPというお薬を混ぜたものが使われます。
けいちゃん、ブスコパンってお薬だと、作用時間が短い上に、めまいと吐き気が来るので、後者の二剤をミックスしたのを射たれます。
これが、ハンパじゃなくいったいのよお〜っ!!(笑)(ーーA; アセアセ、、、です。
この注射の痛みで、腰の痛みを忘れ、それで、注射跡を揉んでいるうちに、薬がもう効いてくるのです。
即効性と魔法のような効き目です。
結石なんて、なかったんだと思うくらいです。(笑)

で、けいちゃん、この日も、既に痛みを忘れて、点滴だけで、時間が過ぎ行くまま処置室にいました。

で、数時間して、優しい看護師さんが、「さ、そろそろ、○○くん、覚悟はいいかな?」

(・_・?)ほえ?なんだっけ?ああっ!きょうは、まだ、季節性インフルエンザのワクチンが残っていたんだ、、、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああああ、、、。
すぐに答えられず、躊躇していましたが、、、覚悟しました。

で、トレーナーを着ていたので、上半身の左肩の方だけ脱いで、待っていたら、看護師さんにお電話。
何か薬を取りに行くというので、、、、けいちゃん、自分から、「注射は?」

看護師さん 「あ、覚悟していたんだ、、、まだ、ダメなのかと思っていた」 と笑いながら、けいちゃんがなぜか怖い、ほっそい注射器を持って、近づいてきました。

あああ、、、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああ、、、ブスッ!!左の上腕に射たれました。
あああ、、、( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、痛い、、、が、痛み止めの方が痛いですが、、、けいちゃん、注射にはかなり、敏感なので、痛いのでしょう。(笑)
しかし、けいちゃん、ワクチンは、もう、これが、何十年ぶりです。
射ったことがないのです、、、副作用が心配ですが、、、射っちゃったのでした。

結局、木曜日は5回も注射針に責められるという、、、(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)ま、すんだことだけどねえ。

でも、これで、どうなるかはわかりませんが、万一、季節性のインフルエンザに罹っても、重症化が防げるのです。
しかし、ワクチンを射っても罹らないわけじゃないので、気をつけねばいけません。

みんなも、季節性と新型のインフルエンザのワクチンはちゃんと射ってもらったほうが、いいです。
注射怖いのけいちゃんが、射ったのだから、射たないのはずるいです。←そういう問題じゃない。(笑)

では、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 16:12| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。