2009年11月09日

新型インフルエンザの注意 真面目

今は、新型と騒がれている新型インフルエンザ、もう消えることなくこの地球上、人類の間にいつくわけだ。

が、変異するという事が、インフルエンザは怖い。

その意味では、毎年流行しているのも怖いわけだが、遺伝子によっては、毒性が弱いので、変化しても毒性が強くならなかったりする。

けど、恐れられているのは、新型と次に来る鳥インフルエンザの強毒型。

遺伝子の解析により、ある部分がちょっと変異しただけで、毒性が数倍になってしまうのだ。

だからって、今は恐れることはない。

マスクは、飛沫感染(くしゃみ、せきでとびちってくるもの)予防、それと、手で、直接鼻や口を触らないようにガードする意味がある。

むしろ、くしゃみやセキをしている人には、そんなに近づかないから、後者の手で鼻や口を触らないって方の意味の方が大きい。

今回の新型は、肺炎でウイルス性肺炎ってのを起こし、これは、喘息の方、気管支の弱い方、そして、過去にこれらにかかったことのある方、その他の呼吸器系の病気、肺の病気も含む、、、と心臓系はリスクが高いので、予防のワクチンは射った方がいい。
このワクチンは、インフルエンザにならないんじゃなくて、かかっても重症化しないため、命を守るためだから、予防は続けなきゃいけない。

人混みになるべく行かない、外で食事をしない、手洗いを頻繁にする、特に食べ物を食べる時、手で持つもの、お菓子やおにぎりだとか、果物だとか、手で持つものは、気をつけないといけない。
事前に誰が触っているかはわからないから、自分の手はしっかりと洗って、なるべくは手で直接持って食べないほうがいい。
手をアルコールのスプレーや、その他殺菌のスプレーで消毒するのはとてもよい。

それと、食べ物を同じ皿から、みんなで箸でつつくのは、危険。
なぜだかは、解ると思う。
誰かが、ウィルスを持っていたら、それを箸でつつきあっていたら、モロ、口から入る。
ウィルスが入ったばかりじゃ、潜伏期間があるから、症状は出てないからね。

もし、かかったと思ったら、まず、直接病院へは行かないで、病院や保健所に電話して指示をもらう。
でないと、さらに感染が拡大するからだ。

かかっても、適切な処置をすぐにすれば、リスクは少なくなるけど、もらった薬は、処方された分だけ完全に服用しきらなきゃダメ。
タミフルなら、五日間はきちんと服用する必要があるそうです。

きちんと薬を服用しないと、薬剤耐性ウィルスになってしまうから、人類全体へのご迷惑ってことにもなる。
現在、タミフル、リレンザ、以外にも新しい薬が作られているし、日本は処置が早く、適切だから、犠牲者も少なくてすんでます。

で、注射が怖いよ〜っ!!てワクチンを受けないのもご迷惑なんだけど、、、。
( ̄◇ ̄;)エッ!、、、σ(・・。)、、、のこと?、、、(p_q*)シクシク・・・ちゃんとするってば。(笑)

お知らせでした。

(。・_・。)ノは〜い!
posted by けいいち at 01:39| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。