2009年11月03日

けいちゃんに繋がる血、( ̄◇ ̄;)ええっ!(笑)

けいちゃんの母方のおばあさまは、かなりのお嬢様。

けいちゃんのもう一つの血も武家は武家で、五三の桐って、ご紋を定紋にしていた武士ですが、母方のおばあさまにはかないません。

四つ花菱のご紋というのを飾っていたお屋敷の人。
信州から、やってきました、柳澤という姓で、始祖は、歴史に悪名高く、言われておりますが、決してそんなことはなく、実直な侍だったとお聞きしています。

大体、歴史で講談とか、ドラマとか、映画で語られるものは、美談で、美化して、悪い奴は徹底的に悪くしてしまい、正義を徹底的に美化するのです。

だから、その血が入ったにしても、けいちゃん、まあ、悪の一面ありますけど、決して、実害はないと思います。(笑)

けいちゃんの志は、人にも自分にも優しく、思いやりをもって、自分の信じた道を生きていくつもりですが、一部、ヘタレとか、ビビリとか、いろいろあって、そして、痛い痛い結石で大変なのですよ。
他にも持病はあるしね。
あああ、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

しかし、歴史の中で、語られる悪役だって、例えば、吉良上野介(きらこうずけのすけ) だって、地元じゃ領民にすごく優しく、良くしていた人だそうだし、良い人の浅野内匠頭 (あさのたくみのかみ)は、すごく礼を失した、つまり先輩に対して、尊敬の念も欠けた当失礼な奴だったって、そういう説だってある。

で、赤穂浪士だって、当時、もう敵討ちとか禁止されてたのに、討ち入りだもの。
集団で、刀振り回した奴らがうちへ、飛び込んできてみい、こえええぞお〜っ!!(笑)
ゲリラだよなあ。(笑)

美談、美談で語られても、なあ。

結局、けいちゃんにとっては、血に繋がっている柳澤吉保 (始祖) 様がいなかったら、今ここに生きて存在しとらんのだからさ、あんまり、悪く言われるのも、血は遠いけど、確実にこの人がいなかったら、けいちゃんがいないわけじゃん、悪く言われるのも頭来るわけだよ。

それに、水戸黄門でも悪役にされてるけど、水戸光国こそ、かなりの野望の人で、ほとんど出歩かず、水戸藩にぜひ、天下を取らせたいと狙っていたというんだからねえ。

で、けいちゃん、武田信玄とか嫌いだったんだけど、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!

おばあさまの柳澤ってのは、武田一族で、しかも、さっき書いたスケベの源氏、清和源氏とかに繋がるそうで、、、。
あんまり、悪口書いてもバチが当たるといけない。
バチは当てないでね、ジョークなんだから。(笑)←誰にお願い?(笑)

あ、スケベは思い当たる。(爆)

うちの母方のじいさんの子供たち、(おじさんたちだな) けっこう、女問題が、、、。
身内の恥だわっ!!(p_q*)シクシク・・・(爆)

で、けいちゃん、前に自分の名前をまあ、信じないけど、鎌倉のほうで、名前の占いをしたんだよね。
そしたら、女難のそうあり、、、。

(-゛-メ) チッ!!んなわけねえだろうがよっ!!チビで女に間違えられる童顔とかで、どうして女難があるんだよっ!!やっぱり占いなんて、、、。

と思っていたけど、女難って、何も、色恋沙汰の難ばかりじゃないわけだね。

で、い〜っぱい思い当たるわ、、、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ。(笑)

ま、血ってのは、大切だけれども、それよりさ、財産いっぱい残して欲しかったもんだ。(爆)
今じゃ、血統なんて、どうでもいいのよ、、、お金よ、、、お金をちょうだいっ!!(爆)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、、、。(笑)

まあ、でも、今求めてるのは、丈夫な身体と愛情かな。
小さな幸せで良いんだから、安らぎが欲しいよ。
ちと、切実だな、、、。

(-_-;ウーン、、、人生、重き荷を背負って、遠く道を行くが如しってことだなあ。

あああ、楽したいよお、、、取り敢えずは痛みの原因をどうにかしないと、、、でも、あああ、、、病院が、、、また別の病院へ行くようで、、、こえええよお〜っ!!(爆)
(ノ△・。)うえ〜ん!なんだか、シッチャカメッチャカよ、、、(`×´) プンプン!(笑)

じゃ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:42| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。