2009年11月03日

源氏の時代 ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

遥、昔、まだ、貴族が文 (ふみ、ラブレターだね) をやり取りしていた時代。

源氏物語とかさ、けいちゃんテレビで深夜、アニメでやっているのも見ていたよ。

ラブレターのセンスだけで、相手の顔も見てないのに、恋してたんだからねえ。

で、こういうお姫様はみんな、男を手玉にとって、さて、いよいよ、となると、、、。

ここから、話はちょっとエッチかもしれません。(笑)

十二単 (じゅうにひとえ) を脱ぐわけじゃあ、なかったらしいぞ。
そりゃあ、そうだろ、名前の通り、十二の着物を重ね着してて、脱ぐのも着るのもけっこう大変じゃん。(笑)

まあ、だからさ、ところどころ、男に愛撫してもらってたとか、、、。
きゃあ、いやあねえ、、、(///T.T///) なんかその方がエッチいじゃないの。(爆)

が、がだよ、、、当時、お風呂の習慣はなかったんじゃ、、、。(笑)
で、便所もロクロクなくて、男は庭に小便をしてたとか、、、。(笑)

だとするとだ、、、明智先生っ!!、、、。

フフフ、けいいち君、あちこち、男も女も不潔どころか、すっごく臭かったんじゃないのかね、、、二十面相君!(爆)←二重面相なんて呼んでねえよっ!!(笑)

あああ、愛って耐えるものなのね、、、(///T.T///) くっさいって、失礼ねえ。(爆)

くっさいの我慢して、愛は耐えるものと、、、。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!そ、そんなのけいちゃんはいやだ!明智先生っ!!(笑)

フフフ、けいいち君、まあ、それなりに工夫はしてあったのだよ、、、特に女の人は十二単を来て歩き回ってるし、汗かくし、大事なところだって臭いから、そりゃ、お付きの侍女はあちこち、男との勝負の前に奇麗にし差し上げて、さらに、お着物の下から、お香を炊き込んで着物や身体の匂いを消し、お香の良い香りを付けたんだね。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、でも、結局、エッチしちゃうんでしょ、子供が出来ちゃうじゃん。
どうすんのよっ!!

フフフ、それは、それ、いろいろ工夫はあったみたいだし、、、が、半分運任せ的なのもあったわけだな。(笑)わかったかい、けいいち君。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、随分といい加減だよねえ、、、。(笑)
でさあ、光源氏と言ったら、大昔のスケベ男の代表みたいじゃん。実在したの?

フフフ、まあ、モデルはいるだろけど、実在はしないだろうねえ。何しろ、当時の小説だから。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、それってさあ、エロ小説じゃないの?
お姉さんが出てきて、、、「この世の中に変態なんていないのよ、、、二人の間ですることはどんなことでも変態じゃないのよ」 みたいな、、、。(笑)

フフフ、よく気づいたね、二十面相君!!まあ、そんなもんだよ。

o(`0´*)二重面相じゃないって!!(笑)

見た目は奇麗に着飾っても、ちと幻滅なのでした。(笑)

あーあ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:02| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆

退院されたんですね(^_^)ノ
良かったです。
私はただいま風邪ひきです↓↓

インフルではないので元気ですが、久々に喉が腫れて声が出なくなりました。

周りの友人に嫌がられ放題です(笑)

けいいちさんもくれぐれも風邪に御注意を!!
Posted by みほ at 2009年11月03日 22:41
みほさん、こんばんは、けいいちです。
ご訪問、カキコありがとうございます。
m(_ _)m

いや、とんでもない胡散臭い医者ともめて、破砕を受けに行った病院は、入院も何も受診すらやめました。
で、今度はいろいろあって、けっこう近い病院ですが、日本でも破砕にかけては、一番という病院へ行くつもりです。
良い先生にも会えましたので。

何やってんだよっ!(笑)
風邪とか引いちゃダメじゃんか!(笑)
大事にして、早く治してね。

インフルエンザとか、気をつけて身体を大事にして、お勉強がんばってね。

(*・・)ノ
Posted by けいいち at 2009年11月03日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。