2009年11月03日

風俗と売春婦と必要悪?(・_・?)ほえ?(笑)

あああ、さっきから、外を救急車が、サイレン鳴らして三回も通ってます。

急に寒くなったからねえ。

けいちゃん、コーラ飲んで、アーモンドをポリポリかじりながら、ブログを書いているけれど、、、。

けいちゃんは、まあ、精神的な愛情をとっても大切にして、求める人ですが、、、。

男にも女にも、性欲てのは本能としてあります。
かつて、けいちゃんの名言、お互いに好きならば、自然にそうなるものと、言うのを主婦の方に話したら、感心してくださいましたが、、、。

しかしです、人間の発情期はもはや、一年中、だそうで、、、。
じゃあ、どうするのか、、、一部の男は、風俗と言う所へ行きます。
で、一部の女は、男のお相手をするお仕事して、お仕事なので、お金ももらえちゃいます。
(-_-;ウーン、、、女の人はいいなあ、お得だなあ、、、。(笑)
o(`0´*)、、、馬鹿ものっ!!怒られるぞっ!!(爆)

人間も動物、本能なら仕方ないのです。
で、まあ、風俗ってのは、存在して、文明が発達しても、それはなくならない。
なければ、ま、性犯罪が増えるんだろうなって予測は立ちますね。

しかし、そこに愛情があるわけじゃあない。
肉体は一時的に満足しても、むなしい、ってのも確かだと思う。

が、本能は仕方ないってので、あるお国では、売春婦を国が公認しています。

そして、先日、あるお話を聞きました。

ある若い男の子、ガンになって、既にもう末期で余命が数ヶ月あるかないかってことになりました。

で、両親も周りの人たちも、ボランティアの方たちも、彼にせめて最後に好きな事をやらせて、、、と。
すると、男の子、最後にまだ知らないセックスをしてみたいと、、、。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!えええ、、、綺麗な話じゃないような、、、。

が、周りの皆さん、それを叶えてあげることにしました。
もう、ボランティアも大活躍で、お相手に選ばれたのは、政府ご公認の美人で、優しい売春婦の方。
ヾ(ーー )ォィ、、、なんかイマイチ納得いかねえよ。(笑)

で、無事に男の子は子供から大人の男へと、、、で、感激して涙を流したそうです。

しかし、これは、美談なのかなあ。
解らない気もしないでもないけど、、、。

昔、この日本では、大きな武家では、男の子は10歳になると、元服という儀式をしました。
そして、15歳になるころには、その道のプロの女性を家に招いて、一から十まで教わったそうです。
10歳で教わったと言う説もあり、また家によって、あるいは地方によって、習慣が違ったそうです。
もちろん、これは、両親が公認。

なぜ、こんなことをしたかっていうと、一人前にさせるためとか、、、。
イマイチこれも意味がわからないなあ。
どうして、、、???

歴史の本には、なかなかそこまで出てこないしねえ。
美談、美談じゃ、感激はするけれど、やっていけない。

世の中、常識じゃ通らない事もある。
でも、素敵な愛情を大切にしていきたいなら、それを夢見てもいい。

遥、昔の豪傑や武士に思いを馳せる、歴女 (れきじょ) ってのが、アイドルまでやってるけど、なんとなく今の世の中が、あまりにも性の問題だけじゃなく、乱れて、荒れているから、じゃあないかと思う。

死ぬ前に、セックスを知りたいと言って、願いをかなえた青年、、、奇麗事じゃないけど、不快には思わない。
愛情が満たされる前に、なくなってしまう運命、だったら、愛情をゆっくり育ててる時間もないもんなあ。
神様だって、そういうのは、許してくれるんじゃないのかね。

けっこう、深い問題かも、、、。

では、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 20:03| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。