2009年09月22日

植えつけられた恐怖(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)

けいちゃん、昔、子供の頃、まあ、中一の時に、わけのわからない理由で、女の子の集団から、リンチされかけました。
お友達は生爪剥がされるわ、多分、思い出せばまだあるけど、敢えて、思い出しません。
怖い事を思い出して、またまた、ビビリの種にでもなるのはちとイヤなので。(笑)

女の子が怖かったという、そして、悪いことをしたという理由で、なぜ、問題にならなかったのでしょうか?
実を言うと、男子はチクらないからです。
それに、言ったら、どうなるかって、脅しが入っていたんでしょうね。(笑)

だから、実情を言えば、悪いうえに怖い。
で、なんだか知らないけど、団結してる、けっこうね、、、って状態でした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、、、(笑)

で、けいちゃんは、中学三年で、見事にちとワルい子とも、仲良くして、あれこれ、リーダー的なこともし、とにかく、毎日が忙しかったのです。(笑)

あくどいイタズラとかは、首謀者にいつの間にかなっていたり、、、。
ま、実際、けっこう関わってしまっていたのは事実だけど、、、。

ある程度、お勉強もできました。
だから、余計、みんなが慕ってもくれたのでしょうが、、、。

良くない噂が流れたようでした。
(ーーA; アセアセ、、、(笑)

それは、σ(・・。)が、お勉強のできない女の子達をバカにしているとか、、、。
これは、まったくの濡れ衣で、そういうことをしていたのは、友人です。(笑)
爪剥がされる拷問されてたね。(笑)

で、三年のある日、なんと、あるやはり放課後のこと、他のクラスの女子生徒から、お呼び出しがかかってしまいました。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)
二人でお迎えがきました。
(ーーA; アセアセ、、、いいことじゃないのは、わかっていましたが、、、。
一人が腕を押さえて、一人が後ろをついてきて、、、女子トイレに、、、。
ピ〜ンチ!もいいところです。

教室にあまり人がいないことを、狙っていてのことでしたから、計画的だと思います。(笑)

で、女子のおトイレに、、、(*^.^*)ポッ!やあだあ、けいちゃん、痴漢みたいじゃん、、、o(`0´*)って、それどころの話じゃないだろっ!!(笑)

で、トイレの入り口には、二人くらい外で見張りしてるわけだね。
なかなか、頭脳プレイだねっ!( v^-゜)、、、だから、そういうノリの話じゃ、、、o(`0´*)(笑)

けいちゃん、さすがに、そんなところへ連れ込まれて、集団で痛い目に合わされる、理由が思い当たりません。
狭いトイレの中に、キッカリ、十人の同級生の女の子たち。
いきなり、目があうと睨んできて、その中の一人が言いました。

「ちょっと、お勉強ができるからって、あたしたちのこと、バカにしてるって!?」

σ(・・。) 「そんな覚えはないっ!!」

「○○がそう言ってたんだよっ!!」 とある女の子。

さすがに、女の子には怒らないけいちゃんも、頭にきて、しかも卑怯なやり方が気に入らなかったので、制服の内ポケットに手を入れました。
実は、ここに、男子生徒たちに怪我を負わせ、泣かせ、怖がらせていたあるモノを入れていたのでした。

で、それを、見て、みんなちょっと、引いたのです。
で、けいちゃんは、自分では見たことがありませんが、怒るとかなり、怖い顔になるとか。

それで、相手連中がビビッたかどうかはわかりませんが、ある子が助け舟を出してくれました。
○○さん、ありがとう、(笑)←仲間だったんだから、謝ることもないけどね。(笑)
(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪(笑)

ある女の子 「けいちゃんは、そんなこと言う子じゃないと思う、やっぱり」

で、他の子、ここでとんでもないセリフを言いました。
今でも、あきれ返りますが、、、。

身構えていたけいちゃんに、、、「けいちゃんは、女の子に暴力振るうような人じゃないよね」

(・_・?)ほえ?状態です。(笑)

自分たちは、暴力を振るおうとでもしていたのに、、、それはねえ、ないよねえ。

で、けいちゃんもけいちゃん。
なんと、ここでそういうセリフを言った子に謝ってしまったのです。(爆)

σ(・・。) 「あ、ごめんなさい」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!けいちゃんのおバカッ!!(爆)

で、しばらく、彼女たち、隅で話していました。

そして、ま、スカートがちょっと長いお姉さんが、、、「ま、きょうのところは許してやる、、、気をつけなよ」

(;`O´)o、、、悪くもないのに、上から言葉、今思うと、、、。(笑)

まあ、許してもらえたけいちゃんは、無傷で女子トイレから解放されましたが、見張りの二人が(* ̄m ̄)プッって、笑ってたのは何なんだろう?

が、翌日、お昼休みが終わって、午後の授業の前に、友達が、、、「おい、こんなものお前に渡してくれって、ごめんって言っておいてくれって、、、○○が、、、」

レポート用紙だったか、計算用紙だったか、てるてる坊主みたいなねじった包みをもらいました。

で、机にしまい、すぐに社会の授業でした。

が、中身が何だか気になったけいちゃん、そっと教科書立てて、包みを開いてみました。(笑)
中身は、アメとか、チョコとか、、、ヾ(ーー )ォィ(笑)

が、コロコロと、、、先生にめっかっちゃって、、、。

「こら、○○!!授業中に菓子なんか食うつもりかっ!!大体持ってきちゃいけないだろっ!!」

けいちゃん、言い訳せず、ゲンコ一発。

( ̄◇ ̄;)エッ!すっごい損だと思うでしょ。

うちらの学年、イジメはなかったけど、時々、ちと及びだしみたいのは、あったのです。
でも、暴力は使わず、話し合いで終わったのだけど、それは、男子の場合で、女子だと痛い目に合わされてたりしました。
それも、男子が、、、(笑)

けいちゃん、このお菓子がまあ、お詫びの品だったみたいだし、どうしたか、先生にチクっちゃまずいでしょ。
それに、先生も少しはわかっていたから、ゲンコもあんまり強くないし、お菓子は取られませんでした。

でも、今考えても、変な話です。

けいちゃんは、女の子に暴力振るったりしないよね、、、って、そういうのアリかよ。(笑)
そして、けいちゃんにあらむ嫌疑をかけた奴は、あとで、ビンタされて泣かされたそうです。
弱いくせに、悪いことするからだよっと、けいちゃんは笑いました。

正直、あの時、女の子相手でも、身構えて正解でした。
いくらなんでも、十人とかにかかられたら、、、怪我はしていたはずだな。(笑)

これが、中三の時の恐怖体験のうちの一つ。
不思議なのが、このあと、少し女の子の態度も変わって、けいちゃんは頼みごととかされて、けっこう言いなりになっていたという不名誉なのか、、、なんか、、、(笑)

まあ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:33| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。