2009年11月03日

けいちゃんに繋がる血、( ̄◇ ̄;)ええっ!(笑)

けいちゃんの母方のおばあさまは、かなりのお嬢様。

けいちゃんのもう一つの血も武家は武家で、五三の桐って、ご紋を定紋にしていた武士ですが、母方のおばあさまにはかないません。

四つ花菱のご紋というのを飾っていたお屋敷の人。
信州から、やってきました、柳澤という姓で、始祖は、歴史に悪名高く、言われておりますが、決してそんなことはなく、実直な侍だったとお聞きしています。

大体、歴史で講談とか、ドラマとか、映画で語られるものは、美談で、美化して、悪い奴は徹底的に悪くしてしまい、正義を徹底的に美化するのです。

だから、その血が入ったにしても、けいちゃん、まあ、悪の一面ありますけど、決して、実害はないと思います。(笑)

けいちゃんの志は、人にも自分にも優しく、思いやりをもって、自分の信じた道を生きていくつもりですが、一部、ヘタレとか、ビビリとか、いろいろあって、そして、痛い痛い結石で大変なのですよ。
他にも持病はあるしね。
あああ、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

しかし、歴史の中で、語られる悪役だって、例えば、吉良上野介(きらこうずけのすけ) だって、地元じゃ領民にすごく優しく、良くしていた人だそうだし、良い人の浅野内匠頭 (あさのたくみのかみ)は、すごく礼を失した、つまり先輩に対して、尊敬の念も欠けた当失礼な奴だったって、そういう説だってある。

で、赤穂浪士だって、当時、もう敵討ちとか禁止されてたのに、討ち入りだもの。
集団で、刀振り回した奴らがうちへ、飛び込んできてみい、こえええぞお〜っ!!(笑)
ゲリラだよなあ。(笑)

美談、美談で語られても、なあ。

結局、けいちゃんにとっては、血に繋がっている柳澤吉保 (始祖) 様がいなかったら、今ここに生きて存在しとらんのだからさ、あんまり、悪く言われるのも、血は遠いけど、確実にこの人がいなかったら、けいちゃんがいないわけじゃん、悪く言われるのも頭来るわけだよ。

それに、水戸黄門でも悪役にされてるけど、水戸光国こそ、かなりの野望の人で、ほとんど出歩かず、水戸藩にぜひ、天下を取らせたいと狙っていたというんだからねえ。

で、けいちゃん、武田信玄とか嫌いだったんだけど、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!

おばあさまの柳澤ってのは、武田一族で、しかも、さっき書いたスケベの源氏、清和源氏とかに繋がるそうで、、、。
あんまり、悪口書いてもバチが当たるといけない。
バチは当てないでね、ジョークなんだから。(笑)←誰にお願い?(笑)

あ、スケベは思い当たる。(爆)

うちの母方のじいさんの子供たち、(おじさんたちだな) けっこう、女問題が、、、。
身内の恥だわっ!!(p_q*)シクシク・・・(爆)

で、けいちゃん、前に自分の名前をまあ、信じないけど、鎌倉のほうで、名前の占いをしたんだよね。
そしたら、女難のそうあり、、、。

(-゛-メ) チッ!!んなわけねえだろうがよっ!!チビで女に間違えられる童顔とかで、どうして女難があるんだよっ!!やっぱり占いなんて、、、。

と思っていたけど、女難って、何も、色恋沙汰の難ばかりじゃないわけだね。

で、い〜っぱい思い当たるわ、、、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ。(笑)

ま、血ってのは、大切だけれども、それよりさ、財産いっぱい残して欲しかったもんだ。(爆)
今じゃ、血統なんて、どうでもいいのよ、、、お金よ、、、お金をちょうだいっ!!(爆)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、、、。(笑)

まあ、でも、今求めてるのは、丈夫な身体と愛情かな。
小さな幸せで良いんだから、安らぎが欲しいよ。
ちと、切実だな、、、。

(-_-;ウーン、、、人生、重き荷を背負って、遠く道を行くが如しってことだなあ。

あああ、楽したいよお、、、取り敢えずは痛みの原因をどうにかしないと、、、でも、あああ、、、病院が、、、また別の病院へ行くようで、、、こえええよお〜っ!!(爆)
(ノ△・。)うえ〜ん!なんだか、シッチャカメッチャカよ、、、(`×´) プンプン!(笑)

じゃ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:42| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源氏の時代 ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

遥、昔、まだ、貴族が文 (ふみ、ラブレターだね) をやり取りしていた時代。

源氏物語とかさ、けいちゃんテレビで深夜、アニメでやっているのも見ていたよ。

ラブレターのセンスだけで、相手の顔も見てないのに、恋してたんだからねえ。

で、こういうお姫様はみんな、男を手玉にとって、さて、いよいよ、となると、、、。

ここから、話はちょっとエッチかもしれません。(笑)

十二単 (じゅうにひとえ) を脱ぐわけじゃあ、なかったらしいぞ。
そりゃあ、そうだろ、名前の通り、十二の着物を重ね着してて、脱ぐのも着るのもけっこう大変じゃん。(笑)

まあ、だからさ、ところどころ、男に愛撫してもらってたとか、、、。
きゃあ、いやあねえ、、、(///T.T///) なんかその方がエッチいじゃないの。(爆)

が、がだよ、、、当時、お風呂の習慣はなかったんじゃ、、、。(笑)
で、便所もロクロクなくて、男は庭に小便をしてたとか、、、。(笑)

だとするとだ、、、明智先生っ!!、、、。

フフフ、けいいち君、あちこち、男も女も不潔どころか、すっごく臭かったんじゃないのかね、、、二十面相君!(爆)←二重面相なんて呼んでねえよっ!!(笑)

あああ、愛って耐えるものなのね、、、(///T.T///) くっさいって、失礼ねえ。(爆)

くっさいの我慢して、愛は耐えるものと、、、。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!そ、そんなのけいちゃんはいやだ!明智先生っ!!(笑)

フフフ、けいいち君、まあ、それなりに工夫はしてあったのだよ、、、特に女の人は十二単を来て歩き回ってるし、汗かくし、大事なところだって臭いから、そりゃ、お付きの侍女はあちこち、男との勝負の前に奇麗にし差し上げて、さらに、お着物の下から、お香を炊き込んで着物や身体の匂いを消し、お香の良い香りを付けたんだね。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、でも、結局、エッチしちゃうんでしょ、子供が出来ちゃうじゃん。
どうすんのよっ!!

フフフ、それは、それ、いろいろ工夫はあったみたいだし、、、が、半分運任せ的なのもあったわけだな。(笑)わかったかい、けいいち君。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、随分といい加減だよねえ、、、。(笑)
でさあ、光源氏と言ったら、大昔のスケベ男の代表みたいじゃん。実在したの?

フフフ、まあ、モデルはいるだろけど、実在はしないだろうねえ。何しろ、当時の小説だから。

(* ̄- ̄)ふ〜ん、、、それってさあ、エロ小説じゃないの?
お姉さんが出てきて、、、「この世の中に変態なんていないのよ、、、二人の間ですることはどんなことでも変態じゃないのよ」 みたいな、、、。(笑)

フフフ、よく気づいたね、二十面相君!!まあ、そんなもんだよ。

o(`0´*)二重面相じゃないって!!(笑)

見た目は奇麗に着飾っても、ちと幻滅なのでした。(笑)

あーあ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:02| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子猫を育てた体験、、、(o^-^o) (笑)

けいちゃんは、もう何年も前になるけど、子猫とその親猫と自分の部屋で同居してました。(笑)

てか、親猫がけいちゃんの部屋で出産しちゃって、そこで勝手に子育ても始めちゃったからねえ。(笑)

ナナちゃんという黒の多い、白黒猫が赤ちゃんを三匹、けいちゃんの部屋で産んだのです。

で、それからが、いろいろと、、、。

子供たち、三匹ともスクスクと育ったかと言うと、いや、おっぱいの争いが起きて、よくでる乳房は力の強い、灰色と白のツートンのオスが取ってしまいます。
で、次におっぱいのよく出る乳房は、別の灰色と白のツートンのメス、(これは、今うちにいるミミちゃんという猫) が、取ってしまう。
で、後はよい乳房がないらしく、残ったジロー君というオスは、おっぱいがロクに飲めないどころか、飲もうとすると、灰色ツートンの子猫たちに後ろ足で蹴飛ばされては、転がっていました。(笑)

ま、最初のうちは、笑ってみていたものの、日が経つと、ジロー君は他の子猫に比べて、一回りも小さく、痩せているのです。
これは、大変だと思ったけいちゃんは、ペット用、猫の哺乳瓶と、猫の専用粉ミルクを買って来ました。
そして、ジロー君を捕まえては、哺乳瓶の猫用ミルクを毎日飲ませました。

すると、おお!ジロー君はみるみると大きく、太ってきました。
が、すごい弊害が、、、。
ジロー君がけいちゃんにミルクをもらっているのを見て、匂いを嗅ぎつけ、他の二匹の猫も猫専用のミルクを欲しがり始めたのです。
何しろ、哺乳瓶からやっているので、母親のナナちゃんのおっぱいより、ずっと出はいいし、量もあります。

けいちゃんが、粉ミルクを哺乳瓶に入れて、お湯に溶かし、シェイクしていると、もう、子猫たちが大騒ぎを始めます。
季節柄、けいちゃんは半ズボン。
が、そのけいちゃんの腿とか、お腹に容赦なく、子猫なので、容赦なく爪を立てて、けいちゃんの身体に登ってくるのでした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ(笑)

けいちゃん、毎日、子猫の爪あとだらけで、生傷が絶えませんでした。(笑)

そのうち、子猫たちもイタズラ盛りで、けいちゃんの部屋の障子を破り、障子の建具の桟に登ったり、駆け回ったり、障子はボロボロ、あちこち、ボロボロ、いろんなものが噛み切られたり、破られたり、、、。
あああ、まあ、可愛いし、子猫のすることなので許してましたが、、、。
(・_・?)ほえ?(笑)

しかし、子猫がどこか、狭いところに入ってしまうと、親のナナちゃんは心配して、けいちゃんを呼びにきました。
ついていくと、狭いところ(本棚と壁の間とか)に子猫が入って、出られないので、ナナはその前にけいちゃんを連れて行っては、泣いて助けろと言っていたのです。
まあ、助けてやると、ナナは子猫を銜えて、猫のために敷いた毛布の上へ連れて行っていました。

そう、猫の子育てにけいちゃんも参加していたのですね。
今、思えば楽しかったけれど、未だに、ナナとその子ミミはけいちゃんの部屋に住んでいます。

で、ジロー君はお店に住んでます。

もう一匹のリーダー格のオスは、もらわれていきました。
大切にされています。

まあ、楽しかった経験だな。

じゃあ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 21:31| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けいちゃんの晩生(おくて)(・_・?)ほえ?(笑)

さて、いかにけいちゃんがいろいろ男女のことについては、晩生だったか、書いちゃいましょう。(笑)

けいちゃんは、女の人は赤ちゃんを産むのに、病院へ行って手術でお腹を切って、赤ちゃんを取り出すのだと思っていた。
だから、女の人は必ず手術するもので、よく平気だなあ、怖いなあ、偉いなあと思っていた。
男に生まれたから、手術しないでいいのだとホッとしていた。
やたら、いろいろ手術もされちゃったけど、、、。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

女の人は、股間に男のようについてるものがないだけで、おしっこもう○ちもお尻の穴から一緒にするものと思っていた。
男は便利だなあ、と思っていた。(笑)←たちションできてってことか。ヾ(ーー )ォィ(笑)

受精ってのは、精子が泳ぐからと言う事で、仲良くなって結婚すると、一緒にお風呂に入るから子供ができるんだと思っていた。
で、きっと、お風呂に入ってうんと近くにいないと、精子ってのは、泳ぎ疲れて死んじゃうものと本気で考えていた。(笑)

と、中学の二年生まで本気で思ってました。
( ̄^ ̄) エッヘン(爆)

今思うと、この考え、矛盾が多すぎるけどねえ。(笑)

事実知った時は、一週間ご飯がロクに食べられないという大変なショックを受けました。(笑)

じゃ、なんで、そんなことが起きていたのか?
だあれも、けいちゃんに教えなかったからだよ。

うちは、両親が男女に関する卑猥な事とか、一切言わなかったし、今もそんなこと話さない。
弟とも、話さないな。

結果、まあ、けいちゃんは、いろいろと、なんとなく、女性に対して、怖いという感覚さえ持ってしまったと。
その点では、弟も少し似ていると思う。(笑)

す、少しは教えとかなきゃいけないと思うよ。(笑)
;;;;(;・・)ゞウーン、、、まあ、学校で今は教えてくれるし、巷じゃマンガやドラマでわかっちゃうからねえ。(笑)

でもさ、そんなこと、知るのが早くてもさ、しつこいけど、まずは愛情が必要だよ。
そうじゃないから、いまや、自分の子供をコロしてしまったり、肉親だろうが、手にかける。
問題だよね。

好きになるには、まず仲良くする事、愛する事はまず、仲良くなる事から始まるんだからねえ。

子供のお弁当を作るのが、面倒くさいとか、コンビニのお握りを一個持たせて、幼稚園へ行かせるって、親からして、愛情がないな。
そういう親って、やっぱりその両親の愛情が薄かったんじゃないの?
大切な事忘れてるよね。

けいちゃんは、晩生だけども、それで、いろいろあったけども、愛情はちゃんとあちこちから、もらえたから、きょうも病気でも元気なんだよ。(笑)

ほいじゃ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 20:58| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切にする愛情 真面目

けいちゃん、後輩の事を書いて、彼女を大切にしたいから、あんまり身体を求めなかったっていう後輩の言葉もそのまま伝えていたけど、さきほど、さっそく、疑問だと言われてしまったので、深く考えてみました。

まず、今の世の中って、身体の関係なんて、あっても別にそれが悪い事にはならないし、お互いにすごく好きあっていて、そしたら、最後には、確かに愛情の確認、って、そこまで、好きだからって抱き合う事になるんだよね。
自然の流れでは、これは本能、、、すっごく愛し合っていて、そして、子孫を繁栄する。

じゃ、プラトニック、ってこれはどうなるか?
その過程に至るまでの、気持ち、愛情をとにかく大きく大きく育てていく、そういう過程なんだろうな。
身体の関係なんて、なくても、寝ても覚めても、彼女の事、彼のこと、一日中、やたらと頭の中に浮かんできて、離れないってあるじゃん。
その、愛情を育ててる途中、大きく大きく愛情を育てている過程、それが、恋と言うんじゃないかな。
そこに、二人の間に相手を思いやる心が生まれ、相手を大切にしたいと思う。

あ、そうすると、身体の関係があっても、相手を思いやる心や、相手を傷つけない優しさとか、そういうものがあるんだろうね。
相手を大切にする、、、考えてみると、後輩は考え方が間違ってたんだろうな。

お互いを本当に大切に愛しく思うのならば、その間に出来た子供にももちろん、両親として愛情をたっぷりと注いであげられる。
そうすれば、優しい気持ちをもった、人を思いやる事の出来る、そして、愛情に満ちてる家庭で育った子は、他の人にも良い影響を与えるだろうな。

大切にするってことは、心も身体も相手のことを全部まとめて、大切って事じゃないのか?
違うかなあ。
;;;;(;・・)ゞウーン

ま、まだまだだな。

(。・_・。)ノ
posted by けいいち at 20:25| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風俗と売春婦と必要悪?(・_・?)ほえ?(笑)

あああ、さっきから、外を救急車が、サイレン鳴らして三回も通ってます。

急に寒くなったからねえ。

けいちゃん、コーラ飲んで、アーモンドをポリポリかじりながら、ブログを書いているけれど、、、。

けいちゃんは、まあ、精神的な愛情をとっても大切にして、求める人ですが、、、。

男にも女にも、性欲てのは本能としてあります。
かつて、けいちゃんの名言、お互いに好きならば、自然にそうなるものと、言うのを主婦の方に話したら、感心してくださいましたが、、、。

しかしです、人間の発情期はもはや、一年中、だそうで、、、。
じゃあ、どうするのか、、、一部の男は、風俗と言う所へ行きます。
で、一部の女は、男のお相手をするお仕事して、お仕事なので、お金ももらえちゃいます。
(-_-;ウーン、、、女の人はいいなあ、お得だなあ、、、。(笑)
o(`0´*)、、、馬鹿ものっ!!怒られるぞっ!!(爆)

人間も動物、本能なら仕方ないのです。
で、まあ、風俗ってのは、存在して、文明が発達しても、それはなくならない。
なければ、ま、性犯罪が増えるんだろうなって予測は立ちますね。

しかし、そこに愛情があるわけじゃあない。
肉体は一時的に満足しても、むなしい、ってのも確かだと思う。

が、本能は仕方ないってので、あるお国では、売春婦を国が公認しています。

そして、先日、あるお話を聞きました。

ある若い男の子、ガンになって、既にもう末期で余命が数ヶ月あるかないかってことになりました。

で、両親も周りの人たちも、ボランティアの方たちも、彼にせめて最後に好きな事をやらせて、、、と。
すると、男の子、最後にまだ知らないセックスをしてみたいと、、、。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!えええ、、、綺麗な話じゃないような、、、。

が、周りの皆さん、それを叶えてあげることにしました。
もう、ボランティアも大活躍で、お相手に選ばれたのは、政府ご公認の美人で、優しい売春婦の方。
ヾ(ーー )ォィ、、、なんかイマイチ納得いかねえよ。(笑)

で、無事に男の子は子供から大人の男へと、、、で、感激して涙を流したそうです。

しかし、これは、美談なのかなあ。
解らない気もしないでもないけど、、、。

昔、この日本では、大きな武家では、男の子は10歳になると、元服という儀式をしました。
そして、15歳になるころには、その道のプロの女性を家に招いて、一から十まで教わったそうです。
10歳で教わったと言う説もあり、また家によって、あるいは地方によって、習慣が違ったそうです。
もちろん、これは、両親が公認。

なぜ、こんなことをしたかっていうと、一人前にさせるためとか、、、。
イマイチこれも意味がわからないなあ。
どうして、、、???

歴史の本には、なかなかそこまで出てこないしねえ。
美談、美談じゃ、感激はするけれど、やっていけない。

世の中、常識じゃ通らない事もある。
でも、素敵な愛情を大切にしていきたいなら、それを夢見てもいい。

遥、昔の豪傑や武士に思いを馳せる、歴女 (れきじょ) ってのが、アイドルまでやってるけど、なんとなく今の世の中が、あまりにも性の問題だけじゃなく、乱れて、荒れているから、じゃあないかと思う。

死ぬ前に、セックスを知りたいと言って、願いをかなえた青年、、、奇麗事じゃないけど、不快には思わない。
愛情が満たされる前に、なくなってしまう運命、だったら、愛情をゆっくり育ててる時間もないもんなあ。
神様だって、そういうのは、許してくれるんじゃないのかね。

けっこう、深い問題かも、、、。

では、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 20:03| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注射する人、、、(・_・?)ほえ?(笑)

ま、注射すると言えば、看護師さんだけど、、、。

先週の金曜日、けいちゃんは、まったくの見ず知らずの人に大迷惑をかけてしまいました。
(・_・?)ほえ?(笑)

けいちゃんは、木曜日から金曜日に変わる夜中に、結石が暴れだして、痛み、吐き気、冷や汗、血圧上昇、脈拍が速くなるという、危機に陥り、金曜日は朝早くに病院。
ヾ(ーー )ォィ、、、おいおい、、、あっぶねえぞっ!(笑)←よく言われます。怒られもしました。(笑)

で、博打なみに危ない、いったあ〜いのよお〜っ!!(笑)の注射を射ってもらい、点滴でどうにか症状は治まっていました。
処置室は、もう大忙しで、それは大変です。

中には、わがままなお年よりも来ちゃって、我がまま言ってるし、、、看護師さんたちも大変でした。

が、そこへ、骨を丈夫にする注射を射ってもらいにある男の方が、イスに座って、すでに看護師さんは注射を用意して、その方は腕を既に注射を射つ台に乗せて、待っていました。
ところが、周りで、点滴が終わったとか、救急で実に怪しい本当の病気か?ってお年寄りが入って来たり、周りのベッドに寝てる我がままなお年寄りが、痛いよ痛いよと騒いだりで、てんやわんや。(爆)
ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!

で、けいちゃん、腕を出して準備している男の方が、ちと気の毒に思えて、とても優しい看護師さんに、「あの、この方の注射は?」 と言ってあげました。
が、ここまでは良かったのです。(笑)

しっかし、この優しい看護師さん、ベテランですから、あちこちの患者を複数相手にしてます。
で、ここで、けいちゃんは初めて見る看護師さん、若くて可愛い感じの方が登場しました。(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!大げさな、、、。(笑)

ま、ずっと処置室にいたのですけどね、、、。
いろいろな状況から判断すると、この方は、結婚して一時、医療現場から遠ざかっていたのが、復帰したようです。
で、、、ここからが、問題です。
(;^_^Aアセアセ(笑)

彼女、復帰して、まだ、あまり注射を射つ感覚を取り戻していなかったのですねえ。(笑)
その時、処置室にいた患者さんの血管に点滴や、注射の針を刺しては、針が血管を抜けてしまい、優しいベテラン看護師さんに代わってもらっていたのでした。

いやあああ、、、こっちに来ないでえ〜っ!!(爆)
(ノ△・。)うえ〜ん!、、、い、いやあ、、、(笑)て、けいちゃんは思いましたが、けいちゃんは既に無事に点滴の針はうまく入っていたので、安心です。(笑)

でね、けいちゃん、親切のつもりで、注射を待っている見ず知らずの男の方に、注射の催促をしてあげたでしょ、、、。
そしたら、復帰したばかりの看護師さんが、、、彼の所に行って、、、。
(* ̄m ̄)プッ(笑)

一度目、針が血管を抜けて、彼女針を抜きました。
で、二度目、針を血管に刺した途端に、針は血管を勢いよく抜けたらしく、男の方、苦悶して、「抜けたから、抜いてくれっ!!」
(* ̄m ̄)プッ(笑)
で、三回目、どうにか入りました。
さて、一本の注射に何回針を刺されたでしょう?(笑)
(;`O´)o三回じゃねえかよっ!!
o(`0´*)正解っ!!(爆)

結局、けいちゃんの親切は、ちと大きなお世話で大迷惑になってしまったのかもしれません。(笑)
(* ̄m ̄)プッ(笑)しかし、すっごく痛そうだった、、、抜いてって、すぐにその人が訴えた時は、、、。
(* ̄m ̄)プッ(笑)←ああ、こんな態度だから、いけないね、悪いねえ。(笑)
わかっちゃいるけど、やめられないんだよねえ、、、(笑)

そう言えば、昔、けいちゃんが入院してた時、ある看護師さんは、あまり注射を射つのが、、、。という噂が流れ、けいちゃんは、点滴があったので、密かに脅えていました。
で、ある日、その若い看護師さんですが、けいちゃんの病室に、、、しかも、けいちゃん用の点滴を持って、、、。
あああ、恐怖が迫ってきました。(笑)
(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!(笑)
どうなったかって、、、涙ぐみました。

(p_q*)シクシク・・・(ノ△・。)うえ〜ん!悪い事してないのにい〜っ!!(爆)

注射が上手な看護師さんは、指名してでもその方にやっていただきましょう。(笑)
ま、そうなったら、注射が上手な看護師さんは、モテモテの引っ張りだこですね。(笑)

(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪

病院では、油断するなってお話でしたね。

(。・_・。)ノは〜い!(笑)
posted by けいいち at 19:09| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の人に逆らわないのはなぜ?(・_・?)ほえ?(笑)

ま、けいちゃんは、トンガの国から来た女(いっぱんに母という)とは、毎日、細かい事でケンカが耐えません。(笑)

が、今は通院してて、先生には逆らうけど、ヘルパーさんや看護師さんには、まず、逆らった事なんてない。(笑)
なんでって言うと、相手が女だからだよ。(笑)

ええ〜っ!!どして、、、???

そりゃ、子供のころにそうなってしまって、今じゃ性格として、確立してしまっているからね。

そもそも、なんで、そうなtったか?
(・_・?)ほえ?(笑)

どこかで、中学のころには既にそうなってたんだけど、女の子に逆らってもロクなことはない、、、。
それに、悪い事を相手にすると、あとあと、覚えていて、根が深いから女の子にはおとなしかったけいちゃんは、復讐されたりされたりとかしたしねえ、、、。(笑)

復讐だとか、そういう目に合ったのは、σ(・・。)だけじゃなかったし、、、。
他の男子もやられていた、、、。(笑)

で、処世術だよ、けいちゃん、女の人に逆らわないどころか、けっこう言う事聞いちゃったりして、それで、そうしておけば、何かあったときに彼女たちは、味方に回ってくれること、、、そして、優しくしてもくれる事を知ってしまったんだね。(笑)

だから、損得勘定で言うと、お得な選択。(爆)

が、だからと言って、世の中、甘くはないんだな。
蜜ばかり、吸ってはいられないんだよ。(笑)
(・_・?)ほえ?(笑)

そういう態度でいると、今度は、女の子は付け上がる、付け上がる、、、いろいろ、やられたのは、前にも書きましたから、省略しますが、、、怖い目にもあっちゃったし、、、。
で、大人になれば、大丈夫かと思えば、病院へ通っているけいちゃんは、そういうのを見抜く看護師さんたちにストレス解消に使われちゃって、、、。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

まあ、ストレスあり、フラストレーションの高い職場で、何かはけ口がないと、彼女たちも大変だろうから、そういうんでも、お役に立てば、けいちゃんは文句言わないからね。(笑)

が、友人はそういうけいちゃんの態度を、中学の時から、しっかり見てきたので、数年前にけいちゃん、彼から、ドM、とあらぬ称号を頂き、同級生の間に噂が、、、。
(;`O´)oおいおいおいおいっ!!
だから、σ(・・。)が、ムチでピッシピシ!とかされて、喜んでいる場面でも目撃した事あんのかよっ!!(爆)

同級生たちも、σ(・・。)が女の子にはけっこうおとなしくして、言う事聞いちゃったりしてたから、ドM、なんてのを、疑いもせず、ああ、けいいちはそういう奴なんだ、ってことになってしまったらしい。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!おいおいおいおいっ!

それに、看護師さんたちも見抜く人がいて、あんた、整形で入院して、動けなかったら、毎日打たれるし、で、文句言ったら、はっきり、ストレス解消だと答えたので、ま、いいかってことになっちゃって、、、(笑)
宿命だな。(笑)

ま、今は変な噂を信じた友人たちともとあんまり付き合う機会も減ってるし、そういう話題も出なくなったから、少し安心だけどね、、でもさ、武士道の心とあまりにかけ離れて、、、。

いやあん、(///T.T///) けいちゃん、これでも硬派なのよっ!!(爆)

(;`O´)o、、、こらあっ!どこがじゃあっ!!おいおいおいおいっ!!!(笑)

てことで、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:30| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切だから、守りたい、でも、女心は裏腹で複雑、、、(・_・?)ほえ?(笑)

あああ、タイトルが長い、長い!
(;`O´)o、、、センスねえぞっ!(笑)

愛情を大切にしたいと思って、プラトニックの心に立ち戻ろうと、けいちゃんは思ったけど、、、。

その人のことがとても好きだから、今はまだキスしかしないなんて、やってると、通じないこともあるようで、、、。

後輩は、実に中学のころから、同級生の女の子が好きで、そのまま何年もお付き合い。
が、結婚する気でいて、それまでは、彼女のこと、守って大切にしたいと思い、まあ、ほとんどのデートの時にキスくらいで、それ以上は、あまり求めなかったそうだ。

でも、一応は、ちゃんと二人は一つになったのだけども、、、でも、そんなに頻繁ではなかった。
それは、彼が、彼女を大切にしていたいと思っていたからだという。
身体の関係ばかり求めていたのでは、心のつながりより、彼女の身体が目当てみたいに思われるのもイヤだったそうだ。

しかし、世の中、複雑です。
彼の同級生で、どうしようもない奴、スケベで、あまり真面目に働かないのに、、、こいつが、こともあろうに、この彼女に手を出したのです。
で、彼女、すっかり、このスケベ男になびいてしまい、結局、優しい彼は捨てて、この男とくっついてしまったのです。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)
笑い事じゃないけどさ、、、。

まあ、深く愛し合っていたら、身体の関係も確かな愛情なんだろうか?
彼女はそれを求めていたのだろうか?
話を聞いたけいちゃん、複雑でした。

ちゃんと働いて、優しい彼より、どうしようもないけど、一応は彼女には優しいが、身体まで頻繁に求める、、、そんな奴の方が良かったのか、、、???

(p_q*)シクシク・・・不潔よっ!!(爆)

って、まあ、けいちゃんも、かつて、ある女の人に、言われた。
しばらくお付き合いと言うか、まあ、一緒にお食事したり、買い物したりの仲だった子が、コーヒーを飲んでいたら、「あたしの身体に触れようともしないけど、、、イヤなの?」

「それとも、インポなの?」 とお店の中なのに、ハッキリと言って、、、。

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああああ、、、、、。

挙句の果てには、「あたし、ある程度だったら、何でもリクエストお答えするわよ、、、お尻だって、、、」

とか、言われたのです。

(///T.T//) ま、まあ、お下品ね、恥じらいも何もないじゃないの?いやあね。(爆)

と言うわけで、その子とはお付き合いやめました。

いったい、どうしろと言うのよっ!(///T.T///) 真っ赤(笑)

まあ、一月も付き合ってないで、そんなこと言ってくるほうもねえ。

それに比べて、後輩は付き合いが長く、愛情をじっくり温めたって感じだったのに。
だから、大事にしすぎてもいけないのかも。

愛情を確かめ合うと言われるように、身体の関係も女の人には、ある程度、確かな愛情なのかもしれないなあ。
と思ったけいちゃんでした。

(*^.^*)ポッ!まあ、過ぎたことは仕方ない。

結局は、彼と彼女は、長く付き合ったけど、何かすれ違いガあったんだろうねえ。

今でも、残念な事と思う。

今は、彼も彼女もそれぞれ別の人と結婚して、子供もいて幸せみたいだから、それはもう過去の話だからいいけれど、けいちゃんにしては、なんかちょっと複雑なんだよねえ。

女心が分からないって言われるけど、しようがないじゃん、男だもん。(笑)

では、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:04| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ううう、どうにか書けるぞ!((φ(..。)

きょうは、ちと、具合悪かった。

朝、起きて、少し結石の痛みがあり、しかも、右の腰まで、、、。
右の腎臓にも結石があるのです。
(p_q*)シクシク・・・(笑)

で、痛みを止めるために、安定剤とあまり効かない痛み止めを2錠服んでしまい、安定剤の眠気と、身体のだるさのせいで、お昼からも寝てしまい、4時ごろ目覚め、5時ごろになってようやく、頭が働き出した状態です。

しっかし、負けてたまるかよっ!
(;`O´)o、、、がんばったるぜっ!おお〜っ!!(笑)

では、非常に遅くなりましたが、みなさんよろしく。

m(_ _)m
posted by けいいち at 17:38| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。