2009年10月06日

話せない話。(-_-;ウーン

きょうは、Hな話し、書かなかったけどねえ。

そういう気分でもないし、それに、いっぱいあるけど、文字にしてもまずいんじゃってのとか、ごく一部の事情を知らない人に話して、変な風に伝わったらなあと思う話がいっぱいあるわけ。

まあ、微笑ましい (ホントに微笑ましいとも思えんが) 話を書くことにしましょう。

このブログをお読みの皆さんは、もう立派な大人として書くけど、、、。(笑)

σ(・・。)らが、中学三年の頃、学校では、天下だからね。
やったら、下らないこととかしていた。

当時、あちこちにアメリカ海軍の住宅があってね、、、お友達はそこのゴミをあさってたりしてた。

なぜなら、そこに、日本では今でも禁止されている、大人の絵本がまとめてゴミに出されたりしていたのです。(笑)

当然、それをかっぱらってきちゃ、次の日、学校のおトイレで男子がみんなでご鑑賞。
ただし、良い子は見せてもらえず、まあ、おトイレに集まっているのは、素行はあまり良くないこともする子達なわけ。
悪魔だとか、鬼だとか、男子には言われたけいちゃん、当然、おトイレに仲間に誘われて、、、。

で、本物のブロンドの方のお写真とか見るわけだね。
が、ようく覚えているけど、いくら日本が進んだと言っても、今でもええ〜っ!!って感じの行為とかが、ノーカットで載っていたわけだね。

で、大人の今なら、まあ、我慢すればできるんじゃあないか (詳しくかけません(ーーA; アセアセ) ってのも、たくさん載っててね。

が、当時は中学三年生、、、みんな、そういのを見て、今まで騒いでいたのが、シーンとなっちゃう時があるんだよね。
あまりに変態だったからです。
(ーーA; アセアセ(爆)

で、誰かが、言ったんだよね。

「ええ、、、こ、こんなことしなくちゃいけないのか?」

「だよなあ、いくら相手がすっげえ可愛くてもさあ、、、」

(* ̄m ̄)プッ、、、、、けいちゃん、大変な晩生(おくて)なのですが、、、。

確か、、、。

σ(・・。) 「え、でも、好きならしなきゃいけないんじゃないのか、、、」

( ¨)¨)¨)¨)¨)¨) シーン(笑)

正直言って、大人になって判りましたが、好きだから、愛しているからって、必ずしもする必要がない行為の写真でした。(爆)
今でも、きついと思えます。(笑)

で、みんな、グラビア雑誌をばらして、それぞれ、いけない写真を制服の内ポケットに入れました。
みんなで分けたのですが、いらないよと拒む奴は仲間からちょっとはずされ、次の鑑賞会に呼んでもらえないとか、いい子ちゃんだからと言われてしまうので、けいちゃんも泣く泣く(爆)持っていました。

アメリカの変態は本場もんだな。(笑)
けいちゃん、こういう本に何が載っていたか、まあ、(*^.^*)ポッ!恥ずかしくて書けません。(笑)

で、それから、数日して、明らかにけいちゃんにちょっかいを出す、女の子、ちょっとスカート長くないって感じのが、いきなり、「内ポケットにあるもの見せてみなよ」と、、、。

けいちゃんの内ポケットにはおっそろしい武器?と、例のみんなで分けたエロ写真が数枚入っていたわけですが、まさか、武器を出せと言う通もないし、写真のことを嗅ぎつけて、見せろと言ってるのかと思った敬ちゃんは、写真を出して見せたのでした。

で、女の子はその折りたたまれたグラビアを見て、、、 「(・_・?)ほえ?きゃああ〜っ!!」

「バカッ!!あたしは、いつも持ってるペンを貸せって言ったんだっ!!この変態っ!!」

で、見事にグーがけいちゃんの頭に、、、。

σ(・・。) 「だったら、シャーペンを貸せって言えばいいだろっ!」

さらに、驚いたことに、他のお友達の女子と見ちゃってキャーキャーミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
挙句の果ては、、、「あんたには、早いから没収ね」 と、、、。

(・_・?)ほえ?で、どこいっちゃったの?あの写真。
迷宮入りですがね。(笑)

で、けいちゃんはどうしたかと言うと、ちとお説教。
女の子たちに、教室の後ろのほうの席でとっても理不尽なお説教。

ああいうものを学校へ持ってきちゃ行けないとか、法律で持っていちゃいけないとか、誰があんなものを持ち込んだかとか、尋問も入りましたが、吐きませんでした。
立派な、仲間を売らない男ですから。(笑)

で、じゃあ、写真は自分たちで持っていったろよっ!!
(;`O´)o、、、ま、許してやるわっ!(笑)


こういうふうに、変なことはあったものの、話せないことってのはたくさんあるんですよ。
そういうのは、一部では正体がバレバレのけいちゃんに直接聞いてください。(笑)
しかし、話すのもちと、恥ずかしいので、タイミングやシチュエーションが問題です。(笑)

ではね、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 22:39| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャー!しびれるう〜っ!ヾ(@^▽^@)ノ (笑)

この言葉、昔、ビートルズが来日し、日本ではロカビリーブームなる時代に流行った言葉。
えっらい(すっごい)古いと思う。

が、7年位前までは、けいちゃんのおうちで、この声が生で聞けました。(笑)

実は、洗濯機が壊れ、直したのはいいのですが、再び壊れ始め、アースがうまく落ちなくなったようで、母親が洗濯のたび、感電していたのです。(爆)

「キャーッ!!」 は言うに及ばず、「わあっ!!」 「あーっ!」 とか、いろいろ聞けました。(笑)

この話を、仲の良い電気屋さんに話したら、大笑いしてました。
悪いやっちゃなあ。(笑)
あ、一番大笑いしてたのは、σ(・・。)です。(爆)


で、けいちゃんの親友の自動車屋、バッテリーを充電する機械で、感電したそうです。
感電すると、電流に吸いつけられて、持っていたバッテリーの充電器を放そうとしても、離れなかったので、このままでは、命が危ないと重い、自ら、転んで難を逃れたそうです。
(* ̄m ̄)プッ(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!
けいちゃんは、楽しいお話でした。(笑)

充電器は新しくしたそうです。
家でも、お家を建て替えて、洗濯機も新しくしました。
けいちゃんは、間違っても故意にアースをはずしたりしません。
殺人未遂になりかねません。
(* ̄m ̄)プッ、、、ちょ、ちょっとならいいかしら、アース線引っ張っちゃっても、、、。(爆)

良い子はマネしちゃダメだよ。(やってないけどね)

(。・_・。)ノは〜い!
posted by けいいち at 21:54| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あああ、参った。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

きのうまで、病院の外来に通って、点滴や痛み止めを射っていたわけですが、今度は結石の破砕装置のある病院に行って、入院予定。
その前に、うまい具合に結石が落ちてくれればいいのだけれど、、、。

紹介状、もらっちゃったし、、、。(笑)

今、かかっている病院の処置室だと、昔から知っているベテランの看護師さん達がいて、けいちゃん、まるっきり子ども扱い。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
それはいいとしても、前に書いたけど、けいちゃんはある種の逆らえない声があるんだけど、それとは違うんだけども、Σ( ̄▽ ̄lll)えっ!あああああ、、、この人には逆らえないな、絶対に、ああああ、言うこと聞いてしまいそうな、、、(爆)
と、いう、雰囲気を全体に作り出す忍法を身につけた、、、もとい、術(すべ)を自然に持っている人が一人いることに気づいてしまいました。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

なんと言うのか、声のトーンから、優しい言葉遣いから、その人のもつ雰囲気からして、全てが何か子供をあやしているような感じって言うか、子供に言い聞かせるって言うか、、、。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、別に逆らう気はないけど、、、。(笑)

「早く痛いの取れるといいですね、結石早く出ちゃうといいのにね」

単にこんな言葉だけでも、、、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

前にも、綺麗な目をした看護師さんが、点滴の針をはずしてくれながら、「まだ、血尿出てます?痛いですか?」

職業的な言葉にしても、ちと、今はσ(・・。)の心、暗くなってるし、不安があるから、心配されて優しい言葉かけられるだけで、もう少しで涙が出るとこだった。
いかに、自分が今、心が怖気づいてるか認識させられたし、そういう言葉って暖かいなと、思ったよ。

σ(・・。)って、変なことに反応してしまう。
なんだかなあ、、、。(笑)

ではでは、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)

posted by けいいち at 21:34| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お悩み事、、、(‥ )ン?(笑)

けいちゃん、秋に入院して、C型肝炎のウィルスをインターフェロンでやっつける治療をするつもりで、覚悟していたのですが、今、すでに10月に突入し、今年ももうあと少しとなってしまいました。(笑)
まったく、結石で痛い目にあうし、新型インフルがあるので、延期になっているのです。

病院に対しては、けいちゃん、このごろ大変ビビリです。
( ̄^ ̄) エッヘン(爆)←威張るとこじゃないね。(笑)

だってさ、入院すると、急に注射とか検査とか、ベッドに来るじゃない。
検査で大きいものはいいけど、抗生物質のテストとか、、、これがすごく痛い、、、いきなり、浣腸しますとか、、、。
で、夜中に見回りに来るしねえ。←けっこう気になって、眠れないし。(笑)

前なんか、机の上に透明の容器を置いてあったんだよね。
それが、ちと、出歩いて病室に戻ったら、明らかにいじったあとあり、、、。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、な、何したんだ。
(ーーA; アセアセ、、、けいちゃんは、そこにハルシオンを大量に入れておいたのです。
数は減ってませんでした。
が、この薬を使っている事が報告されたのには間違いありません。

破砕の前の日に先生が、「前の日に睡眠導入剤はたくさん服用したりしないでね」と、言ってましたから、、、。
で、思ったのは、監視されてるんだと、思ったよりも、、、。
ま、その時の看護師さんは、キャピキャピの人でしたけど、それでも、職務にちゃんと忠実なんだねえ。(笑)

さて、来週辺りには、早ければ、破砕装置で破砕してもらえるかもしれません。
が、それには、入院しなければならないと、、、。
けいちゃん、決死の覚悟で、、、入院です(笑)←治しに行くんだって(笑)
目の前に迫ってくると気が重い。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

で、無事に結石破砕がすんで退院すると、今度は数十年ぶりのワクチン接種、、、で、そのあとに、、、インターフェロン治療、インターフェロンを使うと、鬱になって、酷いと自殺を図るとか、、、で、1ヵ月は入院して様子を見るということ、、、つまり、監視されて、、、。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、あああ、、、ああああ。(笑)

どうみても、半年以上、病院に頻繁に通わなきゃいけないみたいで、、、。
(ノ△・。)うえ〜ん!(爆)
ほんと、ちと、早くも気分が鬱気味です。

じゃあ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 21:12| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

針金を張っておくなよっ!(;`O´)o(笑)

けいちゃんが、今よりもずっと若かった頃、小学生の時のお話です。(笑)

当時、仲間内で凧揚げが流行っていた。
それも、竹を取ってきて、竹ひごを作り、骨から組み立てると言う、凧作りも気合が入ってました。(笑)

ある日のこと、けいちゃんは、一人で、おうちの前のビールの空き箱をたくさんおいてある場所で、凧揚げをしてました。
ビールビンの箱が置いてない場所は、けっこう広かったのです。

凧を揚げるには、風に乗せるため、風の吹いてくる方向へ向かって走ります。
その日は、それほど風がなく、走るのに一生懸命でした。

が、その広っぱ(正確にはそうじゃないけど)の出口まで、全力疾走。
目は、空中に浮き上がっている凧を見ていました。

で、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!けいちゃん、何かに首の辺りが引っかかり、転びました。
野球のスライディングのように、すべるように仰向けに転び、起き上がろうとしたら、そのまま、何もわからなくなってしまいました。

そう、タイトルどおり、針金の太いのが出入り口の所(時々トラックが出入りする)に張られていたのですね。
で、それに、引っかかって、けいちゃんは、タコ糸を握ったまま、気絶。(笑)
打ち所とか、悪かったら、死んでいたかも、、、( ̄_ ̄|||) どよ〜ん。(笑)

気がついたら、お家の天井が見えました。
○○さんの息子が、倒れているとのことで、うちへ運んでこられたのでした。

針金なんか、張っとくんじゃねえよっ!!
(;`O´)o、、、あっぶねえだろっ!(笑)
が、入っちゃいけないところに入っていた、けいちゃんが悪いのですね。

それにしても、道に近いところのビールビンの箱の置き場の出入り口に、どのくらいさらし者になっていたんでしょうか?σ(・・。)は。(笑)

で、そのあとに聞いた話、湘南港のところで、何か工事かなんかで、河口のところに柱立てて、針金を張ってあったそうです。
そこへ、モーターボートに乗った人が颯爽と、、、。
Σ(`0´*)きゃあああああああああ〜っ!!!

ねんどで遊んでいて、糸でねんどを切ったことありますか?
モーターボートの人の頭がね、、、。
Σ(`0´*)きゃあああああああああ〜っ!!!

即死。
だって、脳みそも一部、持ってかれちゃったんだから。
ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル怖いよお。

前に、夜に家の周りをバイクが走るので、うるさいとのことで、針金を道路に張っていたおバカさんがいて、バイクの人は大怪我。
別の似たような事件では、死者が出ました。
当然、こんなことしたら、殺人未遂で、残りの人生メッチャクチャですから、分別ある大人はしてはいけませんね。

(。・_・。)ノは〜い!(笑)←わらえなかったかな?
posted by けいいち at 20:40| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感情のこと。真面目

きのうのこと、10月5日の月曜日に、診察を受け、点滴と痛み止めの注射を射ってもらいました。

あいかわらず、血尿は出ている状態。

で、午前中の外来はものすごい混みようです。
処置室にも患者さんが次から次へ、、、。

で、僕が尊敬する看護師長の方が、ある男(こいつが大バカ)に検査の説明をしていると、、、。
いきなり、相手の男、でっかい声で 「何言ってんだよっ!!」

で、そのあと、理屈をゴチャゴチャ並べて、「理事長を呼べっ!!」 「50分も待たされて、検査の説明を看護婦がするのかよっ!医者がしてしかるべきじゃないのかっ!!」

と、ひとりで騒ぎまくりました。

そんなくせに、「おれも滅多に怒らないけどよ」だって。

┐(´-`)┌ ヤレヤレ(笑)

けいちゃんは、断言する。
この人は、普段も目立つところで怒る。
しかも、えらぶる、というタイプの人間です。

おそらく、外で、病院でどうこう言ってやったとか、自慢話的に得意に話してるのは、目に見えてる。
こういう、なんでも、かんでも、自分が威張るように、上からモノを言う奴、何人か知ってるけど、ロクな奴はいない。
大物は、静かに構える、、、これ、昔からの鉄則。(笑)

が、けいちゃん、その男と、尊敬する看護師長のやり取りを聞いていて、かなり、頭にきて、心臓がドックンドックンやりはじめたのです。
顔も変わり始めるところでした。

が、痛み止めと鎮静剤を射たれていたので、変身できない、、、。
心臓だけが、鼓動が激しくなったまま、男は検査も何もキャンセルと言うことで、行ってしまいました。
二度と来ないで欲しいと思ったし、おそらく来ないだろうね。

応対した、看護師長もさすがに、大人な態度で、ますます感心してしまいました。

あとには、けいちゃんの心臓が興奮でバクバクいっているのだけ残ってしまい、点滴の速度を落として、心臓に負担をかけないようにしましたが、終わってから、自動血圧計で測ったら、上が181、したが117、脈拍68でした。
ちと、やばい数値かもしれないけれど、原因は本人が分かっているし、また心臓の検査とか言われても、(ーーA; アセアセなので、そのまま、おいとましました。

人間って、感情で動くことって大いにあるんだよ。

けいちゃんが、子供の頃から、女の人に逆らわらない性格になってしまったのは、まあ、いろいろあるけれど、得したのは、なんかあると、味方になってくれることがよくあること。
怒らしたら、ヤッパいけどねえ。(ーーA; アセアセ(笑)

偉ぶる奴って、ロクなのがいないよ。
切れるっていうのもその類、逆ギレなんて自分が悪いのに正当化する、、、。
こんなのまあ、相手にしなきゃいいんだけどね。
おそらくは、みんながだんだんあまり相手にしなくなるだろうね。

感情に振り回されず、そして、醜い感情を表に出さないことがいいことだと思う。
自分が上に立たず、相手よりへりくだって、相手の意見を聞く。
つまり、相手が悪くてもまず、相手を立てちゃってから、相手の興奮が収まってから、話し始める。
平和な解決法でもあると思うよ。

あ、でもね、機嫌悪い人に何も近づいたり、話しかける必要はないよ。(笑)
それと、S の人、この場合は機嫌も何も、そういう人にも気をつけようね。

以上、ポーカーフェイスのできない、注射の前に血圧が跳ね上がるヘタレのけいちゃんの戯言(ざれごと)でした。(笑)

(。・_・。)ノは〜い!
posted by けいいち at 20:06| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔のお友達の家 Σ(`0´*)ええっ!(笑)

昔、昔、けいちゃんが幼稚園の頃のお話です。

けいちゃんと、自動車屋と水道関係は、仲良しの三人組で、幼稚園から帰るといつも一緒に遊んでいました。
が、ある日、転校してきたお友達が、幼稚園の送迎バスで一緒に降りるくらいだったので、家が近いと言うことで、三人は新しいお友達の家へ遊びに行きました。

当時、けいちゃんたちの家からすぐのところには田圃があり、川が流れていました。

新しいお友達の家は、な、なんと川の上の崖から、川の上に張り出す様な形で建っていたのです。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

家の周りは、波板のトタンです。
で、木材やら何やら、どう見ても、大工さんの手による作品ではないのですね、子供の目にも、、、。(笑)
ヾ(ーー )ォィ(笑)

で、中へ入れてもらいました。
ドアもトタンの波板なので、ロクに閉まりません。
ヾ(ーー )ォィ(笑)

床の下を見ると、下を川がゴーゴー音を立てて流れていました。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

あまり長いしないで、外へ出て遊ぶことにしましたが、ようくおうちを見てみると、川の崖の所からはりだしている大きな太い木の上に家がすえつけられてるって感じで建っていたのでした。

ただの仮住まいだったようですが、それにしても、あの一家はよく死ななかったな、度胸あったなあと今でも思い出します。(笑)
いまでは、立派な暮らしをしている(この不況でどうかはしらないけれど)とのことです。

でもさあ、どうして、川の上にはりだした太い木の上に、家を建てようとしたのかねえ。
大人になった今の僕にもまったく、理解できない。
あ、土地代がかからないから?(・_・?)ほえ?

あれにくれべれば、ホームレスの方々の暮らしの方が安全だと思います。(笑)

ただね、当時は子供だったから、なんとなく、あの家、羨ましかったような覚えもある。
だって、床の板の隙間から、真上から川を見下ろせるし、なんとなく子供には秘密基地めいて楽しいからね。(笑)

ではでは、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 19:18| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにもそこまで、、、(・_・?)ほえ?(笑)

昔の貧乏ってのは、それこそ酷くて、その日、食べるものさえなかったこともあった家ってのも、多かったそうだ。

有名なガッツ石松さんも、小さい頃、コーラが飲めなかったそうだ。
そりゃそうだよね、食べるものにもこと欠いているのに、コーラとか嗜好品のようなものを飲めるはずがない。

で、どうしたかと言うと、、、。

な、なんと、醤油を水で薄めて飲んだそうだ、兄弟と一緒に。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(爆)

コーラが飲めないのは仕方ない、でもさ、だからって、お醤油を水で薄めて飲んだって、、、飲まない方がかえってマシなんじゃないの?

他には、小麦粉を水に入れて、かき混ぜて洗い流していくと、粘りのあるたんぱく質の固まり、グルテンがとれる。
これをガムの代わりに噛んでいたってのも聞いたことある。
とても、ガムの感触には太刀打ちできないとおもうのだが、、、。
Σ(`0´*)あああ、、、あああ、、、あああ。(笑)

ね、なにもそこまでして、やることじゃないと思うでしょ。

じゃ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:58| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わけぎ (・_・?)ほえ?(笑)

けいちゃん、きょうは、昼間テレビを何気なく見ていました。

お料理で、若い主婦の方が、プロから、サバの味噌煮の作り方をならっていました。

最後のほうに、仕上げで、ワケギを刻んでパラパラとするのですが、、、。

主婦の方、何度もこれを、ワキゲ、ワキゲと、、、。

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

教える方、苦笑いしながら何度も注意しておられました。


料理にわきげ(腋毛)なんて入ってたら、大変だわいっ!!(;`O´)o(爆)

え、彼女が作ったのなら、別にいい?、、、、( ̄_ ̄|||) どよ〜ん
あなたっ!それは、二人だけの変態の世界ですからね、よそ様にご迷惑をかけなけりゃいいですけど、、、。(爆)

そう言えば、昔、うちのトンガの国から来た女(世間では一般的に母というが、、、)は、矯正のことを、きょせいと呼んでいて、初めは誰も注意しなかったのですが、あまりにもきょせい、きょせいと、矯正のことを言っていたので、ついに父親、怒り、「バカッ!!きょせいってのは、○○をとっちまうことだ!!矯正がただしいんだっ!」 と注意しました。

けいちゃんは、もちろん、去勢がギッコギコしちゃうことだと知っていましたし、母親が間違えて何度も、矯正をきょせいと言うのを、はっきりとこの耳で聞いてはおりましたが、そのうち、なんか楽しいことが怒るかもしれないので(笑)黙っておりました。
あちこちで、トンガの方は、きょせい、きょせいと言っていたのでしょうかねえ?
(* ̄m ̄)プッ (爆)

ではでは、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:36| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注射があ〜Σ( ̄▽ ̄lll)あああ、、、(笑)

なにしろ、今、一番怖いのは、痛み止めの注射。(笑)

が、それを射ってもらわなきゃ、嫌な痛みは一日中、眠りを妨げるほどの長い時間、断続的ではあるけれども、続いてしまう。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)
こうなると、自分から、その注射をしてくれと言うしかない。
まさに、痛みに対して、お手上げ状態になっているのだ。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

怖いなと思ったのは、あまりの激痛が突然襲ってくると、心臓がバクバクいって、血圧があがり、脈拍が速くなって、この前など、急に心臓がドクドクドクといったかと思うと、頭から、スーッと全身の血が下がるような感覚があったこと。
マジで、ああ、これで、もしかしたら、死んじゃうのかな、、、って思いました。(笑)
笑いごっちゃないんだけど、過ぎたものは笑ってすませる。(笑)


痛み止めの場合、驚くことにあれほど、長い時間苦しんでいた痛みが、一分しないで、止まる。
麻薬の類ってのは、確かだ。

で、流行の新型インフルエンザ、爆発的に広がるかどうかだが、今のところ、再び、感染期に入ってしまったが、どうなることやら。

そして、19日にこのインフルエンザの接種が始まる。

まあ、けいちゃんは射てないから、、、と思っていたら、主治医の先生は射っても平気と、、、お答えなさった。
けいちゃん、もう、数十年もワクチンを射ってないので、ちと怖いです。(射ったら、結果がどうなるか)

にしても、注射はイヤだよねえ。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

では、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 18:24| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖い病院通い(・_・?)ほえ?(笑)

ここで、言いたいのは、病院って、大きな病院で流行っていると、けっこうトラブルがあること。

きっと、こういう場合にはこうこうしなさいという、きちんとしたマニュアルの形がないんだと思う。

で、結局は看護師さんとも、事務がちゃんとうまく連携なんてできてないから、トラブルが起きる。

うちの母親がやらかしてくれました。(笑)
若い看護師さんと、ちょっとした言い合い。(ーーA; アセアセ

とすると、けいちゃんはどっちの味方かというと、、、ヾ(@^▽^@)ノ 一も二もなく、若い可愛い看護師さんの味方。(* ̄m ̄)プッ←ぶっ飛ばされちゃいそうだな。

でもね、大勢の患者さんのいる前で、親を静めるためとは言え、怒鳴りつけることもできません。
なぜなら、親に恥をかかせるし、僕さえ、孝の心を欠いたことになるからです。

あとから、僕は看護師さんに謝っておきましたが、わかってくれたようだし、まあ、もうそういうのは慣れているのでしょうね、優しかったです。ε=( ̄。 ̄;A ホッ!

ま、あとで、母に僕が怒ったので、大ゲンカにもなりましたが、、、。(笑)

病院って、良く見てみると分かるけど、事務がうまく機能してないことが多いみたいだよ。

(。・_・。)ノ
posted by けいいち at 17:56| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院前の一時的復活 (。・_・。)ノ

実に、このブログも長くやすんでしまっております。

見てくださっているみなさん、真に相すみませんです。

今は、痛みも治まっていますし、少しだけ、書いてみます。

みなさん、よろしく。

m(_ _)m  いつもありがとう。
posted by けいいち at 17:46| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。