2009年09月21日

なっさけない、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

正直、けいちゃんは、女の人と二十歳くらいまでは、いろいろありましたが、、、とんでもない性格が災いして、ちょこちょこと短く付き合っては、分かれてしまうのでした。

けいちゃんは、チビです。(お薬の副作用であまり大きくなれなかったのです)
で、童顔です。
けれど、その性格や、何かを見てくれるのか、遊んでもらえる女性は何人もいました。
が、もしかしたら、女の子にコロされちゃったかな?って怖い体験も持っているので、ちとトラウマが、、、。(笑)

でも、そうなってたら、自業自得だからどうしようもないねっ!
( v^-゜)(笑)←笑ってる場合じゃねえっ!o(`0´*)(笑)←あ、、、。

ただ、自分でなんとなく、相手にしてもらえるのは、人の話を真剣に聞くときは聞くという態度だと思う。
グチだろうが、悩み事だろうが、相手の自慢話だろうが、必ずお相手します。
これは、老若男女問わずこの姿勢を貫いているのではありますが、、、。
’礼’ れいの心を失しないためでもありますが、、、。
お年寄りや、自分より年上に好かれます。
良い奴、なかなか良い奴、なかなか良い性格、、、あああ、世間は誤解してるんですね。

自分で言ってしまえば、○○家に伝わっていた武士道に憧れ、それをモテモテの爺さんに教わり、貫くものは貫く心構えなのですが、最近、ヘタレと、ビビリの部分が見つかり、ダメダメさん状態。(笑)
ま、ごく一部ですよ、、、。(笑)

人が注射を怖がったり、嫌がったりしてるのを笑っていたのですが、ある身の周りのショックから、とっても幼いころの記憶が蘇り、、、けいちゃん自身は決して、怖がっているつもりはなかったのですが、おととし辺りかが身に異変が、、、。

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!あああ、病院が怖い、、、注射が怖い、、、白衣が、、、(爆)

自分でも、なんか変なのは、うすうすずっと前から、感じてはいたのです。

で、ある方は、σ(・・。)のことを、なっさけない!と言ったのです。
前にも言われました、、、。
自分でも思ってます。
今さら、この歳になって、幼いころの隠れた記憶が影響を与えるとは思いませんでした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

今の状態は、痛みとか血尿とか、注射とか点滴とか、、、すっかり情けない状態に間違いありません。(笑)

大体、○○家は、遺伝で男なら、所謂イケメン系や、童顔系になってしまうようですが、、、けいちゃん、大ハズレ〜ッ!!ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ(笑)じゃねえっ!o(`0´*)(笑)

見事なお子様顔に、、、。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

けいちゃんのモテモテのおじいさん、カズミと言うお名前です。
背は高く、がっしり体型、肩幅も広く、力もあり、目が二重で大きく、鼻も高く、働き者、で、剣道はかなりの腕前。
だから、若い頃、あちこちのお屋敷のお嬢様から、ぜひお婿さんに来ていただきたいと、、、。
行っておけば、お金持ちだったろうになあ、、、(笑)
あ、そしたら、けいちゃん、生まれてなかったのかもね、、、( ̄◇ ̄;)(笑)

あああ、イケメンの遺伝は欲しかった。(爆)

ま、とにかく、なっさけない、状態から抜け出さねば、、、。(笑)

(。・_・。)ノは〜い!
posted by けいいち at 23:30| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹の子の話し(・_・?)ほえ?(笑)

時期はとっくに過ぎちゃったけど、竹の子にまつわる話。

けいちゃんの血筋に箱根の大涌谷で、生の卵を温泉黒卵にしようとして、あっちちち、、、(;`O´)o、、、あああ、バカヤロ、あったり前田のクラッカーだろっ!、、、のおっちょこちょいと言うか、間抜けさんなの?(笑)ってな親父の兄弟にあたる人がおります。

それが、何年か前からか、ある人の竹林の竹の子を掘っていいと言われたので、うちの親父を誘って、毎年、堀まくりです。
が、母親いわく、○○○さん(おじさん)の言うことじゃ、あてにならないわとのこと。
うちの父は、泥棒の片棒を担がされて、調子に乗っているのでは、、、。
(ーーA; アセアセ(笑)

○○家、の親父、ちっとは、この町で名を知られているのが、竹の子泥棒で捕まったら、シャレになんねえぞっ!!(;`O´)oおい(笑)

で、けいちゃん、中学三年生、けいちゃんの一番ワルい時期の話。
学校帰りに、友人と総勢六人で、先輩のお寺の地所をぐるりと回って、竹林に潜入。
すでに、お墓で体操着に着替えてありますので、準備は万端です。(笑)

そこから、竹林に藪から進入し、匍匐前進 (ほふくぜんしん)

で、竹の子は、素手で掘ります。
まず、竹の子を見つけたら、竹の子の周りを素手で輪をかくように堀り、ある程度深く掘ったら、手で倒すようにして、ポッキリ折るのです。
六人で、真昼間から、竹の子を林から、がっぽりと掘ると、退散。
仲間で分けました。(笑)

が、家へ持って帰ったら、親父に大変怒られました。
でもさ、納得いかないのは、「竹の子泥棒なんてすんじゃねえっ!」 と怒っていた親父が、捨てるのももったい何ので、お醤油と砂糖で甘辛く煮た、おいしい竹の子を一番たくさん食べていたと思います。
バカヤローッ!!(;`O´)o、、、その態度、説教にならねえだろっ!!(笑)
けいちゃんは、親父のお小言など、屁にも感じないのでした。(笑)

さて、時は流れて、けいちゃん、ある日、寝ぼけ眼で遅い昼食を頂いていました。
おかずは、母がちょうど作った、けいちゃんの苦手な、煮物です。
里芋、ニンジン、鶏肉、竹の子、が入っておりましたが、、、。
竹の子は細く、小さいので、買ってきた山菜のネマガリタケとかだと思っていたけいちゃんは、それをお口に入れて、モグモグモグ、、、。
(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?

か、噛み切れんし、辺に筋っぽい。
(・−・?)ほええええええ、、、?(笑)

お母様に聞きました。

「この竹の子はどうしたの?」

母「お父さんが庭から取ってきた」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!庭、庭の竹の子って、観賞用に細い竹が植わっているが、、、。

(;`O´)oバカヤローッ!親父のバカヤローッ!竹の子なら、どれでも食えるってわけじゃねえんだぞっ!
σ(・・。)は、毒見役みたいじゃんかっ!(笑)

親友のデブちゃんにこの話をしたら、デブちゃん関取のような腹抱えて大笑いで、「親父さんナイスッ!!」 とか、言っていたので、蹴りを一発お見舞いしました。

みんな、形がおんなじだからとか、おんなじ種類だからって、決して食べたりしちゃいけないよっ!

(。・_・。)ノは〜い!
posted by けいいち at 22:32| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学書を読む浮浪者(・_・?)ほえ?(笑)

弟がしてくれた話だが、何でも、うちのほうの市立図書館に、切ったない身なりをして、髪の毛の長い浮浪者の男が来ると、弟の友人が言っていたとか。

が、ある日、その弟の友人、けいちゃんちの近くで、その浮浪者が働いているのを見て、あいつだと弟に言ったそうです。

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(* ̄m ̄)プッ、、、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(爆)

ああ、それは、世界的アーティストの方で、決して、浮浪者とかホームレスではなく、身なりがすごいのは、普段着を作業着に使ってしまっているだけのこと。
ちゃんと、お洗濯もしている服で、塗料とかついてるから、そう見えるし、髪の毛が長いのは単なる長髪なだけなのです。

弟の友達は、図書館に浮浪者が来て、難しい哲学書を読んでると思い、いったいどういう奴なのかと思っていたそうです。(笑)

世界的アーティストは、ものすごく頭良いのです。
さらに、なんと、二度目の嫁さんは、26歳年下って、、、ヾ(ーー )ォィ、、、犯罪だろ、犯罪っ!!(爆)

が、頭良くても、普段は、バカなことしか言ってません。(笑)
26歳も下の娘さんがお嫁さん、人間的な魅力があるんだろうね。
確かに一緒にいて、楽しいからね。

しかし、哲学書を読む浮浪者ってのが、笑えたよ。
正体が判明した時は、正直腹抱えて笑いました。(笑)
(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!

んじゃ、、、(。・_・。)ノ、、、(笑)
posted by けいいち at 17:26| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。