2009年06月25日

ああ、お疲れ様m(_ _)m

まあ、このブログ、ノンフィクション小説だしねえ。(笑)

驚いちゃったのは、リンクをわざとしないのに、看護師関係から、リンクを求められちゃったのですね。(笑)

まあねえ、ロボットに単語を拾われちゃっただけなんだろうけど、引っかかるとは思っていませんでした。
ま、お世話になってる方々だから、一応、リンクさせてもらいました。(笑)

きょうは、ビートルズの話し、怖い話しには触れませんでした。

怖い話は、もうさすがに、思い出しません。

ビートルズなら、まだまだで、大ゴケの話もあります。(笑)

皆さんが見てくれるおかげで、身体が良くなってきました。

心から、ありがとうございます。m(_ _)m

そういうことは、置いといて、ま、きょうは『モヤモヤさまあ〜ず2』 を見るのでお暇致します。(笑)
おいとまいたしますです。
m(_ _)m

Sweet,Sweet Dreams For You! And For Me! Tonight!

Thanks! Thank You Very Much,Too Much!

Good Night! Folks! See You Tommorow! Thank You!

甘い、素敵な夢を今夜あなたに、僕のために。 ありがとう、心からありがとう!!

お休みなさい。みなさん。またあしたね。お休みなさい。

m(_ _)m
posted by けいいち at 23:01| ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ、女神様!(笑)

ま、けいちゃんったら、(*^.^*)ポッ!(笑)

σ(・・。) 「い、いやあ、、、」

ま、(*^.^*)ポッ!変態さんっ!!

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

く( ̄^ ̄) はっ!!違う、それは兵隊さんっ!!(爆)

しつけえってえのっ!!(;`O´)o(爆)

けいちゃんのお話に出てくる、女神様、まあ、ある所に実在します。

昔から、ありました。
けいちゃんのリハビリお散歩コースに、そのおまつりされた場所があるのです。

白ヘビ女神様、弁天様のお二人様があわせて、まつってあるのです。
けいちゃんは、いつも気がつくと、ここで百円玉一個で三つのお願い♪聞いてもらうのです。(笑)

が、今のところ、願いを叶えてくれているようです。

みんなが健康で元気でいられますように、僕が健康で元気になれますように、友人たちが元気で健康でいられますように、、、と。

女神様 「百円一つじゃ、ジュースも買えないわよっ!(;`O´)o」(笑)

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!お金がないんです。!(笑)

女神様 「お願い一つにつき、五千円よっ!ったくこの不況にっ!
(-゛-メ) チッ(舌打ち(笑))」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ。

以上、ぼったくりの話を終わります。(笑)
posted by けいいち at 22:29| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神々の糧(かみがみのかて)

初手から、いきなり、無理もいいところです。
(;`O´)oおいおいっ!(笑)

これは、イギリスは、SFの元祖、ムチ持ってピッシ、ピシのSM とかじゃなく(笑)、SF!!サイエンスフィクション、サイエンスファンタジーの元祖、地理学者でもある、H・G・ウェルズの所謂、動物巨大化の話です。
真面目な科学です。

これには、ゴジラやウルトラマンシリーズも関係あるのかもしれません。

そもそも、恐竜時代、見たこともないのに、適当に色を付けてその恐竜を再現する、無理です。(笑)

けいちゃん、武士の教えを一人で、のたまわっていて、この暑さの中、汗かいて、興奮して、ブログです。(笑)
暑いので、シュガーフリー、ノンカロリーのコーラを飲んで一休みでした。

(・_・?)ほえ?甘いのに、カロリーがない?

科学で考えてみましょう、カロリーが無いのじゃなくて、腸から、吸収されない甘味料が使われているのです。(・_・?)ほえ?

だから、たくさん、けいちゃんみたいに飲んでると、あーら不思議。(笑)
おなかの中で、カミナリ様がゴーロゴロ!!(笑)
三本飲んだ日にゃ、大変な騒ぎです。(笑)

が、ほとんど、注意が明記されてませんね。
と言うのは、けいちゃんのように、三本500cc を立て続けに飲んでしまうおバカは、そう世間にざらにいないのです。(爆)

(・_・?)ほえ?何の関係が、、、?(笑)

はい、エネルギーとして、成長するためにも、自分の身体を守り続けるためにも、老化防止のためにも、命のためにも、動物も人間もご飯を食べます。

動くことが、できないで、熱で苦しがってても、熱が出ると、なおさら、優しい看護師さんが、ご飯をあーんと食べさせてくれますが、これが、すっごく重要!!

栄養は、口から摂取したのと、点滴では、不都合が起きるし、回復はまず食べること、口から食べることが先決です。

目に見えて、差がでます。

が、成長となると、重力や多くの環境の中、その星にあわせて、身体が作られるのです。

が、お薬や好き嫌い、飲んでいる水などで多大な影響を受けてしまいます。

けいちゃんは、ハイパーカロリー (高栄養補給液) で、命が救われたのですが、あまり摂り過ぎは、大人となった、今のけいちゃんには、必要ありません。

ですが、毎日、お菓子や、たくあんと味噌汁だけで、ご飯を摂っていたんじゃ、ヤバイ。(笑)

が、肥満はしないでも、栄養を摂りすぎってのは、アメリカでイギリスで大問題。

死ぬこともあり、まあ、動けないのにさらに食べて太る、悪循環で、さらに状態が悪化。(笑)
運動や、お仕事、趣味に励むこと、できるなら、歩きましょう。

で、そこのまあ、、、アッチもダメになります。
自分の身体を守るため、とりあえず子孫は切り捨てごめん!(笑)になるのです。
男も女も。(笑)
(・_・?)ほえ?笑い事じゃないねえ。

看護師さん 「お薬あるのよっ!服むのと、お注射っ!!先生から許可もらったから、お注射しましょう!!」 (笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!! (爆)
まあ、塩酸パパべリンとか、変なところ(笑)に射つ、お注射とかもあるそうですが、パスしましょう。
大体、あんた、注射って、無茶すんなっ!!(爆)
(;`O´)o、、、パ、パスいちっ!!(笑)

要するに、なに?(笑)

栄養をいくらとっても、大きくはなりませんね。
ある程度、お国柄、民族性、遺伝子、遺伝、住んでる場所、栄養が関係します。

だから、いくら『神々の糧』 で書かれたように、高栄養の高カロリーを摂っても、大きくなるどころか、肥満で死んじゃう可能性が大。(笑)

大きな何十メートルもあるある人は迷惑です。(笑)
お家を壊すな、怪獣!!(笑)

じゃあ、ゴジラは放射能で巨大化するって。
(・_・?)ほえ?(笑)

大間違い。
放射能で巨大化、放射線で巨大化が正しいのです。

放射能の字は、放射のあとに、能力の能がついてますね。
放射能は、放射線をどのくらい照射できるかその能力を言います。

だからって、放射線は、そんなに危険なの?
 
病院で使われている放射線は、ちゃんと管理されてますし、放射能を持つ物質の廃棄も適切に行われます。

まあ、放射線科の先生や、看護師さんの胸に白い四角いプラスチックのバッジ、これが、どのくらい被爆したか、測る仕組みになってます。
原理は、昔のカメラの中に入れた、フィルムみたいなもんです。

ま、けいちゃんが美人と仰ぐ優しい看護師さんが、ボロボロの水色の鉛入りのお洋服、ガムテープでつぎはぎだらけで、「いやだあ〜!なんかこれ、ボロボロで恥ずかしいっ!!」 とか言っていたので、笑っちゃいましたが、放射線、そこまでしなくても大丈夫なのです。

ま、真夏の太陽の下に、何時間かいた、被爆と大げさに言ってもその程度です。
(* ̄- ̄)ふ〜ん

じゃあ、放射線は毎日あびてるんだね。
(。・_・。)ノ

お見事!!その通りです。(笑)

が、浴びすぎると、体内の遺伝子をやられ、時にはガン細胞を作るのです。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!ええっ、じゃあ怖いじゃん。(笑)

まあ、若いからと言って日焼けは良くないでしょう。
あとから、きます。(笑)

じゃあ、ゴジラも怪獣も放射線で巨大化したら、ガンで死ぬでしょう。(笑)

だから、言ったでしょう、初手から無理な話だと。(笑)

(* ̄- ̄)ふ〜ん、じゃあ、夢も希望もメッチャクチャだねえ。(笑)

いったい、なんの夢や希望ですかっ!?(笑)

いえ、ドラマや怪獣モノには、すすんで騙されて、楽しみましょう。
まあ、将来、ウルトラマンや仮面ライダーにはなれませんが。(笑)

ウェルズ本人が、’透明人間’も’神々の糧’、がウソなのは最初からわかって書いていました。

(;`O´)o、、、あ、あんの野郎!!騙しやがったな!!たたっ切ってやるっ!!(爆)
いません、とっくの昔に過去の人です。(笑)

看護師さん 「けいちゃん、お注射はっ!!(o^-^o) ウフッ、、、」

σ(・・。) 「(;`O´)o、、、パスッ!パスッ!パスパスッ!!パースッ!!」 (笑)

ま、秋には注射が、中心の入院になります。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

いまさらねえ、武士に二言は無いんだからねえ。

ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!とりあえず。(笑)
posted by けいいち at 21:55| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあいってみよう!仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌、だっ!(;`O´)o(笑)

さて、ここで一発、右手を上げて、握りこぶしを天に掲げて、左手の拳は、左の腰に当てて、、、!

さあ、ご一緒に、じんっ!、ぎっ!、れい!、ちっ!ちゅうっ!しんっ!こうっ!ていっ! と声に出して、天に叫ぶのです。

これぞ、武士道。

じん、仁 と書き、人を現します。 相手を人間として、人としてまず敬う大きな心が必要。

ぎ、 義 と書き、今は兼継 とかで有名、上杉の誇りとされてますが、あいつらがバクリです。(笑) 人としての、正義のここら、人の道をはずしてはなりません。

れい、 礼 のこと。 お辞儀、挨拶、ありがとうの感謝の心。 挨拶くらいまともじゃなくて、人といえます、かっ!(笑)

ち、 智 と書きます。 頭の良さではなく、人として、常識をもっていなけらば、ならない、人の学習は、お勉強は大切なのです。 おバカの霊が見える人とかのざれごとを間ともに受け取っちゃいけません。
騙されないように、常識を持ちましょう。 キツネやタヌキに化かされても、あなたがおバカなんて、呼ばれちゃうのです。(笑)

ちゅう、 忠 と書いて、相手を信頼し、相手に素直な心で答えましょう。 そして、場合には仕えることも正しい心です。 が、無茶を言っている、上司やお友達は、無視してけっこう。 何よりも人の道として、相手を少しでも尊敬できるなら、喜んで下に忠義の名の下(もと) に仕えるのです。 まあ、そこのあなた、奥さんに仕えても、それは間違いじゃありません。(笑)

しん、 信 または 心 を当てる人もいますが、要するに、字のごとく、信ずる心、親友や相手を疑うのは、ましてや、両親、ご兄弟、奥さんや旦那さんを信じましょう。 心から信頼すべきです。 相手を信ずることなく、何を信ずるのか、語るべからずとは、中途半端な、お友達、恋人というウソの人、ほっぽりだしなさい。(笑)

こう、 孝、字のごとく、孝行の孝です。 ご両親はもちろん、お年寄りやうやまうべき人ならば、大事にうやまいましょう。 その人がいなければ、あなたはこの世に存在しないかもしれないのです。 親孝行、あなたが立派になり、親を超えれば、それだけでご両親は大喜びなのです。
ちなみに、けいちゃんの足の指は、人差し指が親指より長い、親を超えるという縁起もん。をご先祖様より、遺伝でいただきました。(笑)

悌、 てい、子弟関係のことでのあり、正しく、正しい人に使える、見極めの心。 相手をうやまい、相手を尊敬できるなら、自分も素直に生きましょう。 素直な心は、人に通じるのです。 小さなかよわいものに親切に。優しい心を自ら生み出しその宝石を磨きましょう。、、、だからって、お姉さんに甘えてばかりじゃ、良くないねえ。(笑)

ま、これが、武士、人としての基本形。

これは、後に『南総里見八犬伝』 (滝沢 馬琴 あるいは 曲亭 馬琴 )、、、たきざわ ばきん。きょくてい ばぎん。江戸時代の戯作者です。作家です。

『里見八犬伝』 『八犬伝』 として、江戸時代も終わりごろに、大変はやりました。

が、そもそも、この心、武士の心、人の心、は、それこそパクリもいいところです。(笑)

光り輝く水晶の数珠 (じゅず)の大玉が八つ、飛んで行きます。

この水晶球には、それぞれ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 の文字が浮かび上がってます。

え、ドラゴンボールのパクリ!(・_・?)ほえ?(笑)

ドラゴンボールの方があとの話ですよ。(笑)

けいちゃん、このお話、大好きで、岩波書店の文庫版、全十巻くらい (これは、古典で大変難しく難関もいいところなのですが、現在も売っているかどうか) を読み、さらに、いろいろな版を読み漁り、男の心、武士の心もしっかり、理解しました。
が、某 国営放送は、これを人形劇で有名にして、全国を沸かしたそうじゃありませんか。
それなのに、知的財産 のわからない奴が、この録画テープの上に録画して、現在は存在しないと言うじゃあありませんか。
ヾ(ーー )ォィ

人形師、辻村ジュサブロー さんも、お亡くなりになられた国民的大スター、坂本九さんも、このドラマで大ヒット。
それをねえ。(・_・?)ほえ?

大体、元が中国の有名な小説、『水滸伝』 で、何、101人の主人公って。
(・_・?)ほえ?『101匹ワンちゃん大行進!』 のディズニーじゃあねえんだよっ!!
いい加減にしろよっ!!(;`O´)o(爆)

さあ、ご一緒にっ! ヾ(@^▽^@)ノ !!!!!

じんっ!ぎっ!れいっ!ちっ!ちゅうっ!しんっ!こうっ!ていっ!

(;`O´)o おお〜っ!!

けいちゃん、興奮状態です、少しね。

(;`O´)o おお〜っ!!(笑)

これぞ、男ぞっ!何たるもんかっ!(笑)
posted by けいいち at 20:48| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレーと駄菓子(笑)

けいちゃんち、偶然にも今夜はカレーでした。(笑)

ま、デブちゃんと湘南をドライブしてた時に、マグロの問屋さんの看板が、でっかく、「今夜はマグロっ!!」 って書いてあって、別の意味で二人とも、大笑いしました。(爆)
人生、前向きに積極的にいきましょう。(笑)

が、なんで、が?

カレーです。

けいちゃんは、みんなが大好きな国民食、カレーがあまり好きじゃありません。

お料理する事は、大好きですが、今は冬眠してます、お料理は。


で、○○家のカレーは、某ジャワカレー (中辛) と 某バーモントカレー (中辛) を半々に混ぜるか、或いは、某ジャワカレー(中辛) と、 某ゴールデンカレー(中辛) を半々にして、ルーを混ぜて、角切りのカレー用の豚肉、ジャガイモと玉ねぎ、にんじんを入れ、トッピングは、福神漬けとはちみつらっきょうです。(笑)
これ、案外カレー嫌いなけいちゃんでも、おいしいと思います。
お蕎麦屋さんの秘伝の味です。(笑)

まあ、本当のカレーは、ルーからじゃなくて、スパイスをたくさん混ぜて、炒めて、しかもヤギの油とか、臭いものさえ使います。
半日、お仕事も潰さなければならなくなります。
無茶はやめときましょう。
レトルトカレーもけっこういけます。(笑)

が、けいちゃんは、カレーコロッケとか、お菓子のカレー味はあまり好みません。
カレー味が嫌い。
が、駄菓子屋さんで売っていた、一本50円くらいのカレー味のフライド・手羽先は好物でした。
そして、駄菓子屋さんのカレーの金魚の形をした、一袋、20円か30円のやつも好きでした。

だ菓子屋さんのカレー味の金魚の形した、黄色や赤やオレンジの細かいあられみたいな、せんべい。

最近は、多くのスーパーで売っていますが、違います。

駄菓子屋さんの本物は、まっずいのです。不味いのです。(笑)

味がついていたら、当たりのこともあるのです。
味より、香料がカレー味の基本だったのですね。(笑)

ま、黒棒(くろぼう) や、あんこ玉は駄菓子屋さんでもおいしいですが、ふ菓子って言うのは、駄菓子屋さんのは、まずかったのです。(笑)

スーパーでも、お手軽に手に入る、ふ菓子ですが、あれはニセモノです。
本物は、色がまず、危険なうすい赤色で、黒砂糖なんて、ほとんどかかってなくて、大体黒砂糖そのものがかかってなかったような(笑)、甘い味がすれば、超ラッキーでした。(笑)

が、今では、駄菓子屋さんでも、おいしくなっちゃって。(笑)
おいしいことに不満です。
ヾ(ーー )ォィ(笑)

けいちゃん、カレーが嫌いですが、カレー味、いちご味のお菓子も苦手です。
なんか、安直(あんちょく) 過ぎって思うのです。

女神様 「不満なら出ていきなさいっ!!ほいっ!カレーよ、横須賀海軍カレーよっ!!」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、インスタントもいいとこじゃないか。レトルトって言うんだよ、これは。

あああ、、、(笑)
posted by けいいち at 20:01| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(・_・?)ほえ?看護師(笑)

まあ、そうですね、一部、正体がバレバレで、関係各位にも了解はとっているものの、ってブログ・サイトは、けっこう流行ってますが、この話の数々、、、。

一部、ご迷惑なところは、実名、などボカしのテクニックを使っております。
バラすと、シャレになりません。

が、お夕食と大好きなお風呂をつかって、のんびりしてから、ブログで(;`O´)oゴーッ!!(笑)て、気合をいれていたら、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

看護師さんのサイトから、相互リンクのメール。

最初は、怪しいコメントが届いたので、探ってみると、、、怪しくないメールとかです。

けいちゃんは、この秋、入院の予定です。
理由は、涼しくなってから。(笑)

なにしろ、最新医学で治療ですので、高熱でも出たら、完全に看護師さんのお世話になります。

それに、看護師さんは、けいちゃんの命をつなぎ、感動をもらい、ありがたさ、愛情、人の優しさ、をもらい、時には母親以上にお母さん的な存在です。

ですので、あえてこのブログとはリンクをさせていただきました。

横のリンク集に加えました。

って、ことで。(笑)

(*・・)ノは〜い!
posted by けいいち at 19:33| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デリカシーの話し。(笑)

まあ、心の繊細さ、とかでももうしましょうか。

デリカシー、けいちゃんは、こういうことが身についていますが、シャイな恥ずかしがり屋さんでもあります。(笑)

かつて、けいちゃんの親友、可愛い看護師の奥さんと、二人の娘のいる酒豪ですが、まあ、いい男でモテモテ、ケンカも強く、色の白い、プロレスラーで、サムソンの人みたいです。

が、ある日、けいちゃんとお酒の席で言いました。

酒豪 「俺よ、カミさんの前で、屁をしたことは一度もないっ!出たくなったら、トイレでするっ!!( ̄^ ̄) エッヘン」

と言っていたので、ほう、なかなかデリカシーのある奴だなあと感心しましたが、そのあとがいけませんでした。

酒豪 「が、酒を呑みすぎて、腹が下って、う○こをもらしたことはある。カミさんの前で、思いっきりブリブリっとな。ブリブリッと。ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!」

ときました。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

パンツを捨てて、会社を休んだそうですが、デリカシーはない話ですよねえ。(笑)

呑め呑めと酒をすすめられましたが、まあ、なかったことにして、目の前のお料理とビールをいただくけいちゃんでした。(笑)


が、かつて、僕が今よりずっと若かった頃、、、。

彼女が、白衣の人でした。
同級生でした。

が、こいつ、カレーを食べていたら、いきなり職場であったおもしろい話しとして、新しい患者さんで、お年寄りが入ってきたんだけど、やたらとう○ちを手で取ちゃって、擦り付けられて、シャワーを浴びて着替えたとか、おじいさんのち○ち○が、粉をふいていた(こふき芋じゃねえっての) とか、デリカシーとか、まったくないので、仲は自然消滅の形をとりました。(笑)

子供だって、常識だよねえ。
が、意外に男の方が、女の人よりもデリカシーって、あるみたいです。
マジです。

酒乱という病気でもないのに、間違っても、男の人の上に跨っちゃって、お菓子にしてやるーっ!!(爆)「酒乱の秘密、、、とかこのブログには、何度か、酒乱の人が登場します」 なんて叫んじゃいけません。
いくら、相手の男の人が子供みたいで、ガキみたいで、ちっちゃくてもね。(笑)

デリカシーってのは、いつ、どの場面でも、ある程度は必要だと思います。
(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪(笑)
posted by けいいち at 17:12| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフレコの話

まあ、けいちゃん、きのうは、怖い話もしましたが、世の中、絶対に不思議なことがあり、話した方が、聞くほうよりも大きな責任を取らされることがあるのです。

寝る前に考えてみましたが、五箇所も危ない場所があります。

でも、ブログはもちろん、人にもなかなか話しません。
いえ、話せないのです。
なぜなら、高校球児の連帯責任よりも納得がいかない、話したほうが責任を取らされるからです。

ま、そういう場所、お酒の味がわからなくても、彼女に、女心が分からないとひっぱたかれちゃって、お嘆きの御貴兄も、一目見ただけで、おかしいと気づくのです。

が、触ったり、その場所へ立ち入ったり、また、何か祀られているもの(まつられている) に、絶対に触れてはいけません。
触れられるのは、神官とか、そういう人でさえも、触れなれないものが存在します。
そういう人もまたいるのです。

当然、そんなことがあるなら、地元の数少ない証言者さえ、口をつぐむのです。

まあ、おかしな場所、祀られているものがある場所は立ち入ったり、イタズラなどしないほうが、身のためといつも思っていて欲しいです。

科学じゃ、まだまだ、解明できないものは確かにある、と科学的なけいちゃんが言うのです。
まあ、よしにしましょう。

(* ̄- ̄)ふ〜ん

昔から、祀られてきたものや、怪しいものは、触れてはいけません。
昔から、言うでしょ。
さわらぬ神にたたりなし。(笑)

(* ̄- ̄)ふ〜ん
posted by けいいち at 16:50| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ

インフルエンザ、まあ、流郷という意味の英語から、名前をつけられました。

けいちゃんのお友達、親友の一人、が、某国立感染症研究所という所へ、週に一度、お手伝いに行っています。

今のところ、怖くは無いのですが、変わるのが怖いねえ、と親友が言っていました。

ですが、危ないのは、赤ちゃん、お年寄り、が主だそうで、終息宣言というのを、WHOが出してない限り、あまり用も無いのに、人混みへ行ったり、赤ちゃんを産んだり、育てるのは、やめておいたほうがいいらしいです。

このウィルス、今はおとなしいのですが、もしかしたら、急に毒をたくさん持って、暴れることもあり得るのだそうです。
で、もう一つ危ないと言うのが、ちょうど高校生くらいの年齢です。

免疫という、人体を守るはずのものが、身体の中で、ウィルスの感染によって、強く働きすぎて、自分自身を攻撃して、ダメにしてしまうのです。
この状態で、いまあるお薬が効くかどうかも問題だそうです。

夏場はまだ大丈夫みたいですが、既に感染は静かに始まっているかもしれません。

外から帰ったら、手洗い、うがいは守りましょう。


で、話は変わりますが、けいちゃんのお友達の一人に、奥さんが看護師さんというのがいて、お友達は季節が来るたびに、インフルエンザになって、39度以上の熱を出してますが、仕事があるので、休めません。
が、看護師の奥さんは、なんともないのです。
子供は少し風邪状態などになりますが、旦那は大変です。(笑)
笑い事じゃないですが。

これ、奥さんは病院が仕事場なので、実はしょっちゅう、小さな感染が起き、働いている場所で、注射や薬をもらって治してるみたいで、自分は大きな症状が出ないですんでるだけです。
子供も、奥さんが適切に処理して、大事にはなりません。
が、旦那さんは、まあ、自然治癒と売薬で、どうにか治っている、というのを毎年繰り返している模様。(笑)

が、仕事を休みません。
と言うか、自分が社長で、従業員が少ないので、病気しても休めないのです。(笑)
ですが、この態度、改めないといけません。
既にパンデミック状態の今、休んで病院へかかり、お医者さんに処方されたお薬は、たとえ症状が自分で治まったと思っても、全部服用しきって、完璧に治してから、仕事にいかないと、大迷惑です。
まあ、静かにかまえましょう。


で、話は変わりますが、けいちゃんのご先祖様のある場所に、不思議な光景が見られます。
道路のど真ん中、どければ車が二台すれ違えるのに、なぜか鎖で囲まれちゃって、変なボロボロの石碑があります。
これを、どければいいのに、どけた工事関係の人が次々に怪我をしましたので、シャレになりません。

好奇心の固まり、けいちゃんは、これの由来をあちこちに尋ねましたが、知っている人がもういないようで、しかし、どけてはいけない石碑です。
地元の人も、もう謎の石碑として、有名です。
ボロボロの様子からして、かなり古いです。(江戸時代とかからあるのかも)

けいちゃんでさえ、絶対に、絶対に、触ったりとかしません。


こういうのは、科学的に考えるけいちゃんですが、ウィルス説や、バイキン説は否定します。
なにしろ、ウィルスやいろいろなバイキンは、季節ごとにいなくなったりするのですが、この石碑は一年中、騒ぎの元なんで、おかしいのです。
つじつまがあいません。

昔、エジプトはツタンカーメンという若き王様の墓が発見され、発掘していた人、関係者が多くお亡くなりになられました。
これは、王室の仲に封じ込められていたウィルスやバイキンに感染したと言いましたが、それにしては関係者というだけで、命を失った人もいるのだから、たまったもんじゃありません。

これは、『ファラオの呪い』 と言われ、真相は謎のまま、葬られました。

で、新型インフルエンザは、呪いじゃないので、防げますし、しっかり、対処すれば、大丈夫です。
パニックなど、もってのほかです。
(*・・)ノ
posted by けいいち at 16:36| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金(笑)

まだ僕が今よりもずっとずっと若かった頃、、、。(笑)

けいちゃんは、ライターのライター、、、マッチに取って代わったものじゃありません。(笑)

当時は、本という本をやたらと、読んでいた時期でした。
ジャンルは問いませんでした。

が、いかんせん、お金が、お小遣いが足りません。(笑)

当時は、古本屋さんはありましたが、某ブック・オフとかなかったので、新刊の主に、文庫を読んでいました。
が、お金がありません。(笑)

で、親には本代というのを、お小遣いと別にもらっていたのですが、お金が足りません。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!しっつこいなあ。(爆)

で、某千葉のお友達に、文をちょっとだけ書くお仕事をアルバイトで回してもらいました。(笑)

が、冬のある日、どうしても、自分ができない、自分は他の大きな仕事をしなければならないので、けいちゃんにやってくれと依頼が来たのです。

報酬、二時間で五千円、で、ある場所であるものを見て、ご本を作るから、それ見て文を書け、箇条書きで、、、。
(・_・?)ほえ?(;¬_¬) あやしい、思いっきりねえ。(笑)

で、個人的なアルバイトと聞いていたのですが、ご本ってねえ。(笑)

で、女の人が二人、裸でベッドの上で、じゃれあっていたのを、二時間ほど見ていましたが、が、肝心の部分とか、いろいろ見えないのです。(笑)
見えたのは、タオルケットと白いシーツと、カメラの人。とかで。
で、二時間、ヒーターだって効いてません。

腰は痛いわ、目もクラクラするわ、寒いわ、おまけに女の人が、タオルケットに二人で包まって何か、ゴソゴソだとか、チューしてるくらいのもので、見るに耐えません。

で、五千円もらったのでいいじゃん、と、思うでしょうが、、、。
いきなり、小さい出版社さん、ツブレるという事態を引き起こし、無報酬となったのです。
(;`O´)oおいっ!!

が、某千葉のお友達から、このお金、個人的にもらったのです。(笑)

が、ああいうのは、もう嫌です。(笑)
当時は、このご本が緑の自動販売機で売られていたんですが、今は多くの小さな会社がなくなり、どうなったかは知りません。
で、いろいろお金がなかったみたいです。(笑)

けいちゃんちは、弟の家ですが、お国がムチャクチャやっているのに、お金を出せ!と泥棒に持っていかれます。
泥棒といっても過言じゃないでしょう。(笑)

が、けいちゃん、少しだけ、お国から返してもらいました。
定額給付金というそうです。(笑)

ま、お金も愛情も大切だね。
すごく、タメになるお話でしょう。
大昔の時効の話だね。( v^-゜)(笑)
posted by けいいち at 16:00| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挨拶(笑)

まあ、挨拶は人としての基本です。

こんにちは、こんちは、こん、よお、おお、いろいろありますが、最初に会った人には、自分の名前や職業など伝えて、あるいは、名刺を交換して、きちんと挨拶しましょう。

これだけで、高感度まあ、50パーセントはアップします。(笑)

で、お礼の言葉、ありがとう、ありがとうございました。
これも高感度はアップですが、なにより人を相手を、不快にしない、ちと気持ちよくさせる言葉です。

が、けいちゃんは、モシモシするときに、

「おうっ!!俺だっ!!」 とか威張っていて、お母さんに、なんて電話の仕方をするのっ!!と怒られちゃったことが、何度もあります。(笑)

しかし、電話の向こうの相手は、親友です。
仲がとても良いので、これでも、相手は挨拶として受け止めてくれるのです。

けいちゃんのお友達など、玄関に鍵がかかってないけいちゃんちだと、何も言わずにけいちゃんの部屋まで黙って上がってくる者さえいます。
が、これもこれで、ちと、けいちゃんはビックリしたりしますが、泥棒だったら大変ですが、、、ニコニコしてサツマイモの蒸かしたのと、白菜のお漬物、日本茶などいそいそと用意して、お話を楽しみます。

が、けいちゃんの父親のやっているお店に、今朝、とんでもない奴が来ました。
こいつ、けいちゃんの年下のくせに、しかも自分でそれを知っているのに、初手から挨拶がなかったのです。
それなのに、やたらと親しく話しかけてきますが、けいちゃんはこういう無礼者に対しては、口をききません。
今まで、一度も口をきいたことがありません。(笑)
で、ご機嫌とりに、一キログラムの安い中国産の柿ピーや、大判焼きなる甘すぎるものを持ってきましたが、一度もけいちゃんは口をききません。

挨拶はまず、年下から目上の人にしなければ、礼をつくす、礼儀として日本では失格もんです。(笑)
これが、しっかりできればこそ、人と人の関係が成り立ちます。

まあ、農薬入りとかに敏感なけいちゃんに、中国産の一キログラム、お徳用柿ピーとかもってくるので、けいちゃんの感情は逆なでされるのです。

挨拶は、挨拶は?人として、、、(笑)

で、けいちゃん、滅多に電話にはでません。
携帯は調子おかしいし、お家の電話に出ることは滅多にないです。
けいちゃんの声をみんな、お母さんとお間違えになるからです。
不快きわまりません。(笑)

が、ある日、アメリカの方からお電話があり、コレクトコールで無理矢理、偶然にもモシモシと言ったけいちゃんがでて、「はい」 と言ったら、「ハーイ!」
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!
英語では、これは親しい間柄の挨拶なのですね。(笑)

で、けいちゃんの親友の一人、優しい自動車屋さんなど、、、。
とある、赤痢になりそうな、きったない、お姉さんがピンクの照明を当てられて、なんと、生まれたままの姿で、一人ダンスを見せてくれると言う場所で、大事なお客さんとバッタリ。(爆)

あ、こんにちは、とでも言ったのでしょうか?(爆)

自動車屋さん、本人が、いやあ、まいっちゃったよお、とか、話していましたが、あまり近場の変な所で、大事な人に会っても、ちと、挨拶はこの場合、ご勘弁って感じですねえ。(爆)
ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!

まあ、とにかく、挨拶とか、ありがとう、とか相手も、ちとうれしい不思議な言葉です。(笑)

ま、ブログやチャットでは、そこまで堅苦しくする必要はないですね。
これは、雰囲気まで固くなるので、ワイワイ騒いじゃいましょう。(笑)


女神様 「けいちゃん、あたしに挨拶は。挨拶できないなら、もっとお賽銭をよこしなさいっ!!」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!お金なら無いです。(笑)
posted by けいいち at 15:38| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 刃(やいば)

夏がちかづく

心の中じゃ あなたが 復活する

その 強さ

受け継いだ ありがたく頂戴しておくよ

だが 言っておく

僕は 今 あなたを超える

遥かな あなたのふるさとへ 行ってみたところで 誰も忘れているだろう

輝く 剣 光に煌く その刃

僕には 向けられないと 言うだろう

刀は 人に向けるもんじゃない そう言うだろう

ならば こっちは 心の刃

堂々と おまえに 向けてやる

この目を 反らしてなるものか

おまえも こっちを睨んでみろ その鋭い眼光で

悪いが 僕の勝ち

おまえなど とっくに 当の昔に 追い抜いたさ

刃の鋭さ こっちが上だ

切れ味も 腕も こっちが上だ

おまえになど 負けるものか

おまえの心 僕の心の刃で つらぬいてやる

それほど 僕は 強くなったんだ

まあ 感謝してる

あなたの その血に

優しく強い心 その血に

でも 僕の剣

鋭いよ あなたの刃よりもね

今は そうなったんだよ

ありがとう

血を繋いでくれて

ありがとう
posted by けいいち at 14:59| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 サクラ貝

波の音 静かな喧騒の音 

とっくに 夏を過ぎて 少し心地よい 砂浜

裸足で 波を感じて 歩いてるのは 二人

夏のあの人々は 夢だったようだ

二人で 波打ち際で 幸運のお守り サクラ貝 拾って歩いた

薄くて マニキュアみたいな ピンク色

お日様に透かすと 透き通る サクラ貝

薄くて 優しく扱わないと すぐに壊れてしまう

あの お守り

穴の空いていた サクラ貝

君が 紐を通して ペンダント

お守りだと言って その胸元に輝いていた

白いけど 少し焼けた その肌に 隠れるように 輝いていた

マニキュアを 自分の爪に 塗る歳になった君

あの頃は なんにも 知らなかった

ただ 手を繋いで 歩く事が 幸せだったなんて

サクラ貝 ピンクのマニキュアを見ると 思い出す

今ここに こうして 強く生きてる この僕が

君は いま どうしているのかな

サクラ貝のお守り

もうないな

きっと でも 僕の心の中じゃ 永遠に輝くんだろうね

また 行ってみたい

君との 思い出の砂浜に

サクラ貝

新しい お守り 拾ってくるよ

思い出は 大切にしたいけど

新しい自分として

生まれ変わりたいから

ありがとう

ピンク色の輝きは 今でも消えないよ 心の中だけど

ありがとう
posted by けいいち at 14:41| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泌尿器科で、、、(笑)

まあ、けいちゃん、おしっこが朝から出なくなり、カツオ大慌て(笑)、、、いや、自分が大慌てしたことがあります。
で、綺麗な看護師さんに膀胱に溜まったおしっこを抜いてもらったあと、泌尿器科と言うのにかかり、先生方に代わる代わるに看護師さんの目の前で、カーテンの秘密の中で、オカマを掘られるという屈辱で、恥ずかしくて、最後には 「下痢をしていますので、、、」 とお尻の穴に指を突っ込まれるのを、危機一髪で防ぎました。(笑)

大体、三度も診察してもらい、三度とも先生が違うってのは、失礼だと思います。
しかも、当時、一人を除いては、自分の診断に自信が無く、一人はけいちゃんの前立腺と言うのを、腫瘍と言ったのです。
その道の専門家を名乗るなら、これはもはや、その職業をやめたほうがいいと思います。

が、脊髄腫瘍という大手術を終え、回復途中で起きたことなので、たいしたことも、いえ、全然問題はなかったのです。
ただ、けいちゃんの神経は、まだ元に戻る途中だっただけです。

が、ある程度信頼してもいいかな?と思う泌尿器科の先生、カルテを見て、けいちゃんを見て、看護師さんのいる目の前で、こう言いました。

「射精はしますか?」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(・_・?)ほえ?

「いいえ、できません」←ウソです。時々パンツが寝ている間に汚れます。(笑)

で、整形外科の先生も、仲良しの腕のいいリハビリの男の先生も、、、。

「ちゃんとリハビリやってるか?」 と言っては、自分の股間を指差しました。

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!嫌です。堂々と言っちゃ嫌です。

ましてや、看護師さんが助手でついているときなど、最悪もいいところです。
もうちょっと、デリカシーというのを、もって下さい。(笑)

けいちゃんは、そういう時は胸をはって、堂々とウソをつきます。
( ̄^ ̄) エッヘン(笑)

(・_・?)ほえ?何の話かよくわっからないなあ。(笑)
女の人は、見なかったことに、聞かなかったことにして下さい。
それも、デリカシーの一つです。(笑)

( v^-゜)、、、ママには内緒だよ。(笑)
posted by けいいち at 14:27| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大バカの謎(笑)

前に書きましたが、明らかにけいちゃんも見せてもらう前から、実は騙しに気づいていた、エロ写真と思わせて、お料理の写真とか、お祭りの写真を買ってしまった、カモネギ野郎のこと、話しましょう。(笑)

エロ写真など、どうでもいいことです。(笑)
こいつ、実は中学の頃からの後輩で、『科学クラブ』 と言う中三のけいちゃんがリーダーのクラブ員でした。
中三の時は、こいつは中一で、細くてちっちゃかったのですが、再会した十代では、鳥の巣パーマのカーリーヘアーを茶色に染め、アロハとバミューダーと言ういでたちでした。
が、大バカだったのです。(笑)

ある時は、スクーターに乗っていて、カーブを曲がりきれず、スクーターごと大きなドブ川に落ち、怪我一つしなかったけれど、スクーターは未だに行方知れずです。
ヤマハのパッソルとか言う、昔の中古でした。
スピード出しすぎて、自爆ってのは、バカもいいところです。(笑)
ましてや、カーブでスロットルを絞らないというのが、根性というよりも、おバカの見本です。(笑)

で、時効の話しなのですが、この大バカ、家の庭で○○○を栽培していたようですが、使う前におばあちゃんに見破られ、全部抜き取られて、燃やされてしまい、その焚き火の火から出る煙を 「ああ、この煙が、、、この煙が重要なのに、、、」 とジタンダ踏んで、見ていた同級生を笑わせたそうです。
今、この大バカがいたら、こっちも迷惑だし、大騒ぎになっていたでしょう。(笑)

で、ある日は、お酒呑んじゃいけない歳なのに、お酒を呑んで、パンツ一丁で家の中で暴れだし、両親に向かって家庭内暴力をしようとしていたのですが、このご両親は仲が良く、息もあっていたので、簡単に大バカの両手を二人で持ち、大バカのパンツ一丁の身体ごと、玄関を開けて、道路へ(・_・ )ノ" ゜ ポイッとされて、鍵を掛けられて、外で恥ずかしい目にあっていたのです。

その他、いろいろありますが、この男、あまりにバカなので、同級生の仲間、けいちゃんたちにもだんだん相手にされなくなって、一時はけいちゃんと病院でバッタリ鉢合わせなどしましたが、今子供を置いて、行方知れずです。(笑)

が、けいちゃんも今はこいつ、迷惑なのでいりません。(笑)

893の人たちが、ある新人さんをクビにしました。
その解雇理由は、あまりにも悪すぎるから、と言うものでした。
なんにでも、程度ってものはあると思います。(笑)
このお話の主人公も、程度を超えすぎました。バカとして。(笑)
今は、もう昔のお話です。

犯罪や犯罪に関わりそうになったとき、迷惑な事する前に、自分の心で善いこと、正しい事を見極めて、もう一度考えてみましょう。
そこに、あなたの心の中に正しい善の心があるはずです。
絶対に。

(*・・)ノは〜い!
posted by けいいち at 14:11| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のおじいさん、おばあさん。(笑)

僕のじいさんは〜♪ フィーバーッ♪

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!古いっ!古すぎるっ!!(笑)

まあ、おじいさん、当然、僕には二人のおじいさんがいたわけだね。

けいちゃんのおじいさん、母方はものすごいラヴロマンスをやっちゃった人、身分のはるかに違うお家のお嬢様を、寝ることも惜しんで、家が当時で二軒も買えるほどのお金を稼ぎ、お嬢様をお嫁さんに迎えた。
今思うと、このおじいさんの働きや根性がなければ、単純にけいちゃんはこの世に誕生してないんだからねえ。

けど、一番羨ましいのは、すっごい恋愛をしたことだろうね。
今は、けいちゃん、恋愛とかそういう感情さえ、もてないなあ。
いくら美人でも、可愛い女の子がいても、ずっと好きでいて、その感情を守っていく、そしてずっと変わらない愛情ねえ、、、。
ε=( ̄。 ̄;A ホッ!はあああああ。
世の中、風景から、人の心までいろいろ変わってきちゃったからねえ。

が、このおじいさん、いろいろ知っていて、それである日、けいちゃんにお母さんと後妻のおばあちゃんがいる前で言ったね。

「まあ、若い二人だから、一晩寝りゃあ仲良くなるさ。」

当時、けいちゃんのおじさん夫婦(母の弟夫婦)が、ケンカしていたんだ。

後妻のおばあちゃん 「これっ!!けいいちのいる前でよしなさいっ!!」

じいさん 「なーに、けいいちだって知ってるさあ(笑)」 と笑ってた。

母は無言。(笑)

まあ、理解しようと思えばできる歳だったけど、とりあえずみんなの前じゃ、(・_・?)ほえ?けいちゃんはわからないなあ。って、感じでいました。

まあ、なかなか気品があった家柄と言えば、変なことは、男女の事は、一切ほとんどと言って、話題に上がらなかった事です。
自然に、ご先祖から継いだ血がもつ、下品な事を言わない。
デリカシーをもつと言う事が守られてたんだね。

しかし、けいちゃんの前で時々、モテモテ男(昔)のおじいさんは、ちょっとHな毒を吐いたり、からかってみせるのでした。(笑)

が、ある日、もうとっくに一生分は働いたというおじいさんがやっている自転車屋さんで、母の実家からじいさんの店へやってくると、、、。

真夏にも店をやっている根性はいいのですが、、、。
白いダボシャツ、ステテコ、腹巻、で、ブラックのサングラス(しかもワイルドな(笑))という格好で、店のテレビで高校野球を見てました。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ。(笑)

どう見ても、かたぎの人じゃないです。(笑)
大体、でっかい身体にそんな格好、店の中でワイルドなサングラス、おいおい、店やる前に、お客様が寄り付かないぞっ!(;`O´)o(笑)

これが、美剣士を親にもつ、ラブロマンスの人かいっ!!
(;`O´)oおいおい!聞かせてもらおうじゃねえかっ!!(笑)
本当に自分も剣道の達人だったのかよっ!思いっきりウソでもついてんじゃねえのかよっ!!(笑)

で、けいちゃん、唖然として、後妻のおばあちゃんにチクりに行きました。←卑怯だねえ。(笑)
で、えらく(すごくって意味)、おばあちゃんに叱られていて、ワイルドサングラスははずして、テレビを日陰に持っていって、高校野球を見続けていました。(笑)

このおじいさん、長生きでした。
呆けとか認知症とか、全然無縁でみんなこのおじいさんが好きでした。

さて、もう一方のおじいさんですが、この方はやはり働き者でしたが、足が悪く、今の医学なら治せたかもしれませんが、画才があったそうです。
趣味で絵を描いていたそうで、なかなかのものだったそうです。
お嫁さんは、某、昔の大女優の親戚からもらい、なかなかの美人でした。
このお嫁さん(僕のおばあさん)は、あの時代に離婚をして、それでもおじいさんに見初められたのですから、若い頃はかなりの美人だったそうです。

けいちゃんのおばあさんは、二人とも、今の医学ならどうにかなったはず、のことで早くになくなってしまわれました。
とても、残念です。

で、けいちゃんそのものは、現代医学で生かされており、おじいさんたちやおばあさんたちの資質、しかも、その両肩、すばしこい身の軽さ、大きな目、そして、文の才能、絵の才能、手先の器用さ、など、ある程度、いいとこ取りしたようです。(笑)
が、いろいろは、すっごい負け組みです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

女神様 「なんにもならないじゃないのっ!おバカッ!(;`O´)o」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 13:44| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようさん(*・・)ノ

きょうは、昼前の十時には起きた。

夜中に猫とケンカして、目が冴えて、一時間くらい眠れなかったけれど、、、ね。(笑)

朝起きたら、ちょっと蒸してるし、曇ってて昼前から、ちょっと落ち込む感じがあったけど、きょうもガンバっ!てところかな。(笑)

みなさん、よろしくお願いします。m(_ _)m
posted by けいいち at 12:56| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。