2009年06月23日

親殺しのパラドックス!

物騒なタイトルですが、これは、こう呼ばれている解けない謎の一つです。
SFです。
SMじゃないです。
下らなくてごめんなさい。m(_ _)m

けいちゃんは、タイムマシンものが大好きです。

しかし、タイムマシン、現代科学では、作れる事は作れるそうです。(笑)
が、未来へ行くだけで、しかも2〜3分の未来へしか行けません。(笑)
ウラシマ効果と言うのなら、もっと未来へ行けますが、帰ってくると、お父さんやお母さん、お友達も一人もいません。
そういうことになりかねません。

タイムマシン、かのアインシュタインの相対的理論で否定されてます。
世界中の物理学者がそれを認めています。
高速で光の速さを超えて、物体を移動させる事は不可能なのです。

じゃあ、ワープと言うのは、光の何十倍の速さで宇宙船が飛ぶけど?
ワープは別の問題です。
リンゴの虫食いと言うのが有名で、物体を移動させる時に、立体空間の中には、近道が存在する。
リンゴの表面をA地点からB地点に移動する時、その地点に移動する時、虫さんは、リンゴに穴を開けて、食べて移動します。
距離は、表面を這うよりもとても近いし、お腹もふくれるし、お得です。(笑)
宇宙空間内をリンゴとおんなじと考えると、この方法は使えそうです。(笑)

が、ワープは、その速さの公式が、光の速さxワープの速度のベキ乗ってなってます。
これは、例えば、ワープの速度を二倍(ワープ速度)すると、光の速さx2x2 ですが。
光の速度の四倍です。(笑)
(・_・?)ほえ?2なのに。(笑)

が、ワープ速度、三倍となると、ワープ3は、光の速度(一定)x3x3x3です。
これは、光の27倍の速度で、理論的にどうかなって、なっちゃうのです。
ちなみにワープ5は、光の速度(一定)x5x5x5x5x5 で計算するのが嫌です。(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

しかし、ワープもできなければ、タイムマシンなど、所詮は無理な話なのです。
ワープを使って、地球の周りを自転と逆方向に回れば、過去へ飛ぶなんてのも理論でありましたが、このタイムワープというのも、難アリです。
宇宙には、ゴミがたくさんあって、コンピュータで計算しても、この速度で宇宙空間を飛ぶのは至難の業なのです。
チリにぶつかっても、宇宙船は大きなダメージなのです。
(* ̄- ̄)ふ〜ん(笑)

大金かけて、行く価値はないでしょう。
未来も過去も。(笑)

が、もし過去へ行って、親を殺してしまったら、その子供はどうなるのでしょうか?

さあ。わかりません。(笑)
歴史は変わるかもしれませんが、また自分は生まれるの?
じゃあ、生まれる予定の自分の子供は?
奥さんは誰と結婚するの?
σ(・・。)違うの?(・_・?)ほえ?

この問題、わかるわけはないでしょう。

大体、時間を過去に戻して、やり直したいという気持ちはわかりますが、できないのなら、今と未来を幸せな世界に繋ぐしか、方法はないのです。

最近、親を殺してしまうとか、自分が相手にされてないからと思い込み、全然関係ない人を巻き込んで道連れにする、とか、引き込もりとか、我がままで勝手な犯罪が多いでしょう。
過去は過去。
悪いことしたら、反省して、良い自分を作り出すのです。
それが、未来を変えるのですよ。

人の命を守る。
そして、自分の身体を大切にして、守り抜く。
家族を守る。
時には、自分を犠牲にしても、みんなを守る。

この精神、武士の血を受け継いだけいちゃんは、つらぬきます。

人が一人一人、この世に誕生した事に、絶対に意味はあります。
宇宙は、無限の広さを持っています。
そして、今も膨張しつづけているのです。

人の命、小さな命も無意味に奪う事はもちろん、この星を守りましょう。
やり直しはきくはずです。
間違ったら相手に謝る、挨拶はちゃんとする、人の基本ですよ。

日本に生まれてきて、幸せです。
それだけで、幸せなんです。

なのに、なんで年に三万人もが、自ら命を断つのですか?
生きる方法はあるはずですよ。
苦しかったら、誰かの助けを借りてもいいはずです。
ニュースで暗い事ばかりやっているけど、それは一部で、本当は人って優しくて、自分も人に優しくできるんです。

親殺しのパラッドクス、あまり使いたくない言葉です。
(*・・)ノ

で、けいちゃんは、『スター・トレック』 の映画を見て、ワープナイン!なんて、主人公、カーク船長になりきってお部屋で叫ぶんだねえ。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(爆)
過去は戻れないし、消せないねえ。(笑)

で、けいちゃんはお母さんにちっちゃい頃に反抗して、「893の人になるぞっ!!」 って言ったら、

「なるなら、トップを取りなさい!!」 て言われて、反省して、

指とか、ピストルとかいろいろ怖いし、ちっちゃいので怖いので、、、。(爆)やめたね。(笑)

親の教育、間違ってないか!
(;`O´)o(爆)

でも、きょうは『白い春』 最終回を見るんだよ。(笑)

以上、親を大切にしましょう、自分を大切にして、みんなと仲良く、強く生きましょう、甘えはよしましょう、っていうお話です。

(*・・)ノは〜い!
posted by けいいち at 19:16| ☁| Comment(4) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨッパな人々。(笑)

けいちゃんは、怒ると大変怖いそうですが、みんなの話しなので、どれくらい怖いのか判りませんし、切れるって、こともありません。
が、女の人の前では、叩かれても羊になって、おとなしいし、男の前ではひどく乱暴な事や、毒舌吐くので、お友達も不思議がってます。(笑)
で、ドMとか言われちゃったのです。
あああミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

が、そんな火遊び、男の人のための歓楽街だって行かない人なのに、、、。
大体、内科にかかっていて、変な跡でも見つかっちゃたら、切腹もんです。(笑)

が、けいちゃんは、好奇心の固まりで、自分の手術の内臓まで見てみたいとマジで思ってます。

それくらいだから、いろいろへっちゃらなのですが、、、。
酒乱という心と環境がねじ曲がっていたせいで、オオカミに変身しちゃう女の人の家へ遊びに行っていて、お菓子にされそうになったり、(今は幸せだと風の便り(o^-^o) )、海にもってかれそうになったり、変なもの見て一日中、まんじりともできなかったり、大変です。
が、痛みには恐ろしく強いです。
それ以上の痛みはまず味わえないでしょう。(笑)
体験によるものです。
が、病院と注射は苦手で、注射では射つ前から、血圧がボーンとなります。(笑)
隠してましたが、近頃バレました。(笑)
軽いPTSDというものだそうです。(笑)

で、きょうも酒豪のうちです。

酒豪 「まあ、いろいろあるけどさ、呑め呑め!!」

で酒豪の変身です。
優しい可愛い看護師の奥さん、似たもの夫婦ってのがあるけれど、けいちゃんは、特訓などしていたこの奥さん、実は酒豪の変態っぷりからして、(;¬_¬) あやしいと。(爆)

で、変身した酒豪からいろいろ、秘密のお話を(* ̄ノ∀ ̄*) ヒソヒソと聞いちゃいました。(爆)

σ(・・。)酒豪に向かって、「お前たちはあ、変態じゃないのかっ!?」(爆)

酒豪 「んなことないだろっ!仲がいいんだよっ!」 トロンとした目で怒ります。(笑)

σ(・・。) 「ウソ言えっ!!吐いちゃえっ!!吐いちゃえっ!ウエップッ!!!」(爆)
けいちゃんがおトイレへ駆け込みます。(爆)

σ(・・。) 「あああ、頭痛いよ〜っ!!吐いちゃったよお〜っ!!気持ち悪いし、おしっこが近いよ〜っ!!」

酒豪 「バカヤローッ!!酒呑んで頭痛くなったり、気持ち悪くなるのは当たり前だろっ!!吐いたら楽になるっ!!呑めっ!!」

酒豪の男の教育です。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(爆)

で、ある人は呑むと、走り出したり、お酒の席から行方不明になっちゃいますが、ちゃんと次の日にはおうちにいます。(笑)

で、ある人は、人の頭にコショウとか、七味どうがらしとか、ビールとかかけちゃいます。
お料理じゃないのにね。( v^-゜)(笑)

で、ある人は、裸になっちゃって、すっぽんぽんになっちゃって、他のお客さんも使うのに、大皿のお料理を手でなぎ払い、上手に踊ってくれます。(笑)
お見事っ!!(笑)

ある同級生の女の人は、急に子供になって

「ねえ、ね、ね、近頃みんなが、○○ちゃんのこと綺麗になったって、言ってくりぇるのお、ね、ね、○○ちゃん可愛いでちょ、ね、ね、、、」 

とからむのは、シャレになりませんので、けいちゃんが平手でその頭を叩くと、いきなり赤鬼になって、もたれかかってきたけいちゃんの肩から顔を離すと、容赦なくけいちゃんを叩きます。
けいちゃん、アオタンを作って、お酒呑みます。
酒を呑むのも命がけです。(笑)
でも、武士の子なので、固めの杯はちゃんと最後まで呑みます。(爆)

で、ある人は、寝てる間に妖怪に服を全部持ってかれます。
おきてみると、すっぽんぽんです。
σ(・_・)、、、( ̄^ ̄) エッヘン、どうだ、まいったかっ!!!(爆)

ある特殊恋愛本に、お姉さんのセリフで、

「この世に変態なんかないのよっ!二人の間では何をやっても変態じゃないのよ!」 というのがあり、

バカかと思って、本をゴミ箱に(・_・ )ノ" ゜ ポイッしたけいちゃんですが、このセリフは未だにウソと思ってますが、なにやら自分も怪しい気がしないでもないです。(笑)

キツネやタヌキはけいちゃんと遊ぶなっ!!
(;`O´)o(笑)
posted by けいいち at 17:38| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話し・その9(笑)

まあ、恥ずかしい病院での出来事はまだまだ隠しています。(笑)

女神様 「けいちゃん、今さら、恥ずかしい事なんてあるのっ? あんたがやってることは生き恥って言うんじゃないのっ!!話しちゃいなさいっ!恥さらしっ!!(;`O´)o」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(爆)

まあ、置いといて、、、。(笑)

ま、脊髄の腫瘍を取るという大手術、これは、腕の良い先生でないと、あるいは車椅子になっていたかもしれません。

運が良かったと思います。
自分も友達も何かに助けられていて、こうやって今があると思う。
看護師さんたちやお医者さんには、本当に感謝しています。
m(_ _)m

が、です。(笑)
神経が回復していった途中は、勝手に脚が動き出したり、いろんな現象が身体におこりました。
潰されかけていた神経、それも脊髄の神経。
紙のように薄くなっていたそうです。
危機一髪でした。(笑)

で、ある日、全然本人は気づいていませんでしたが、、、。
先生も看護師さんたちもやっていました。

カーテン閉めます。
他には、秘密だからねえ。( v^-゜)(爆)

看護師さんたちは、早く良くなってねと毎日、丁寧に回復の様子を見て行きます。

が、針をもってくるのです。(笑)
で、ゴム手袋を嵌めています。
(・_・?)ほえ?(笑)

針は、太い筒の中に入っていて、バネ仕掛けで刺しても、簡単に筒の中に引っ込んじゃいます。
(o・・o)/~マタネェ(笑)じゃなくて、、、。
これで、神経がどれだけ回復しているか診るのです。

神経は、痛みや痒み、触感、熱さ、冷たささえ、遮断されるとまったく感じません。

で、当然ながら、恥ずかしいところだって、感じません。(笑)

で、やられていたんですねえ。(笑)

お尻の穴を突付いたり、お稲荷さんを指でつんつんしたり、ち○ち○をゴム手袋はめて、引っ張ってたんだねえ。
ヾ(ーー )ォィ(爆)

で、お母さん、言いました。

「けいいち、今の何やってるか、わからなかったの?」

σ(・・。) 「まだ、わからないなあ」

で、やっていた事を聞かされました。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!初めから、ベッドの上に倒れていましたが。(笑)

やってくれたのが、今は引越ししちゃって、街を離れたかなり可愛い美人の看護師さん、、、。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、ショックかな?(爆)
いえ、ありがたく思っています、今でも。

大手術が終わった後、麻酔から醒めた僕に、先生が

「右足、この親指動かしてみろっ!」 と言いました。

まさか、手術のあとにすぐに動くと本人も思ってませんでした。

が、動いたのです。
涙もんでした。

でも、その時、部屋に来た大勢の看護師さんたちが、先生も含めて、みんなが拍手をしてくれたのです。

あの感激、今でも忘れません。

そして、ハッキリと頭の中に映像として残っています。
ま、その中にお尻とかつついていた看護師さんもいました。(笑)

しかし、正しい簡単な検査の方法なのです、神経が回復してるのを診るのには。
ちなみに、性器と肛門のコントロールはおんなじ神経がおこなっています。
もし、ここが戻らないと、あるいは、神経に電気信号が走らないと、のちのち大変ですl

だれだっ!お尻の穴にファイバースコープ入れるのが恥ずかしいなんてっ!!浣腸して腸を洗うのが嫌だなんてっ!!(;`O´)o
命のかかった問題かもしれないんだぞっ!!
(;`O´)o、、、恥ずかしくないっ!!!

(;¬_¬) ホントにけいちゃんは大丈夫なの?(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!、、、パスッいちっ!(笑)

まあ、マジで検査は受けましょう。
異変を感じる前に、定期的に受けたほうがいいです。

ま、あの拍手は僕のものです。
けいちゃんへのプレゼントです。
誰にも、あげません。(笑)
ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ(笑)
posted by けいいち at 17:03| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様おねがいです。(笑)かな。

あれは、もう大昔のこと。(笑)

けいちゃんの親友、デブちゃんが事故を起こしました。
400ccのバイクで、無謀なトラックにやられました。

それは、東名の橋の道路。
気が早い人が花束をおいてしまいました。(笑)

って、笑えないけどね。

すっごい事故で、けいちゃんと友達、病院へ行くと、今夜がヤマだと、、、。

居てもしようがないと先生に言われ、うちへ帰って両手を合わせて、本気でお祈りしました。
あいつを助けてって。

で、祈りは天に通じました。

あのデブちゃん、復活で、前よりも元気です。
だから、けいちゃんと遊んでいます。(笑)
心許せる親友です。

が、口の悪いけいちゃんは、言います。

デブちゃん、頭を打ったので、脳波に少し変な波が出ます。

σ(・・。) 「先生に言えよっ!そりゃ、初めからそうなんだって!それでおまえは正常なんだってっ!!」

デ 「ヾ(ーー )おいおいっ!」

σ(・・。) 「なんだよ、何度もお見舞い行ったのに、記憶に無いって。ケンタッキーだって持って行ってやったろっ!ケーキだって。肉にはなったけど、記憶にはなってないのかよっ!(;`O´)o」(笑)

デ 「ホントに記憶が消えちゃってるんだよ、わりい」

σ(・・。) 「初めから、記憶なんてできないんだろっ!!脳みそ脂肪だからな。死亡届けはだしたのかよっ
(;`O´)o」(笑)

デ 「おっまえなあ。○○湾に置いてくるぞっ!!」(笑)

きょうも、飼っているお魚や海の生き物のために湘南道路を走る車の中です。(笑)
ウミホタルの鮮やかな青色が二人に夢の世界を見せてくれます。(笑)
さあ、もう少し、ゴーだっ!!
(;`O´)oゴーッ!!!(笑)

神様、本当にありがとう。

本当にありがとうございます。
m(_ _)m
posted by けいいち at 16:33| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏

まだ 夏が来る

可愛い 真っ赤な ほっぺに 素敵な笑顔

でも あの時 君は少し泣いてたな

だけど 頬に汗をうっすらと 浮かべた

ちょっと 産毛の光る顔

何よりも 綺麗で 生きていて 可愛かった

一緒に シーソー乗ったっけ

子供だったね 僕たちは

あれから 何度 夏を越えたのだろう

幸せ 見つけただろうね

そう 信じてるよ

もう 泣いたりしないでね

僕も できるだけ 泣かないから

夏の初め 一緒に手を繋いで 歩いた 神社の境内

木陰で涼んで 一緒に飲んだ ラムネ

そして ベンチと シーソー

今もあるのだろうか

僕は 前より ずっと 大人になったよ

また 夏が来る

一生 心の中に 君の笑顔だけ しまっておくよ

ありがとう 本当にありがとう

また 夏が来る

夏が来るんだね
posted by けいいち at 16:17| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝石ムシ

昆虫じゃありません。

一般に昆虫は、脚が六本、がまず基本です。

が、他の小さな生き物は、まとめてムシと呼ばれます。

この定義はよくわかりませんが、ミミズだってムシ、ナメクジやヒル
(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)もムシ。
クモもムシ。ヘビはムシじゃないです。
一般的には、ちっこい生き物がムシと言われます。

が、海の中にもムシが、それも、生きた宝石のようなやつがいます。

ウミウシ類の仲間です。
これら、大概が鮮やかな色で、なんと、いるところにはゴロゴロしてます。

アオウミウシ、シロウミウシ、すごいです。
綺麗なんてもんじゃないです。
普通にいます。
体長は5センチあったら、大きいほうです。

名前のとおり、アオウミウシは青いドレスをまとって、海の磯などで岩にくっついて、ヒラヒラしてます。
シロウミウシは、純白のウェディングドレスをまとって、誘惑してきます。(笑)

時期は真夏までは岩にいますが、水温の変化で姿を消します。
また、猛毒のクラゲが大量に発生する時期は、海に近づかないほうが懸命かと思います。

春先に海岸近くの磯などに海素麺(うみそうめん)などと言う、黄色い輪になった素麺のようなものがありますが、食べちゃあいけません。
ウミウシ類の大ボス、アメフラシの卵です。
親のアメフラシ、怪しい濃い紫や紺のドレスに白い斑点がボツボツしてて、ナメクジのお化けみたいで、海草を食べてます。
体長20センチメートルはあります。
紫色の汁だして、けっこう重いほうです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

が、ウミウシ類、多くが生態や食性がわかっていません。
けいちゃんも飼おうとしましたが、無脊椎動物のエサと言うのを、観賞魚屋さんで買いましたが、無駄な努力に終わり、綺麗なウミウシは水槽の中で日ごとに小さくなって、海へ返しました。

観賞魚屋さんにも、日本産、外国産のが売っていて、驚くほど綺麗ですが、日本産のウミウシは、しばらく飼ったら、採ってきた場所へ返してやったほうがいいと思います。

観賞魚屋さんでは、生きた宝石がゴロゴロしています。
飼い方も簡単で、お値段も安いのもいっぱいいます。

が、きちんと飼い方をマスターしましょう。
ググッて、或いは本で、調べてみましょう。
親切な店員さんは、大概が自分の趣味でもある人が多いので、大変物知りです。
初心の心忘れるべからずの気持ちで尋ねましょう。
親切に飼い方や気をつける事を教えてくれます。
水槽やブクブクの機械、飼う時に使うお薬も、エサも値段は安くなっています。

暑いです。
陽射しが強く、こんな日は宝石虫のアカガネサルハムシもヤマブドウの葉っぱをムシャムシャしているでしょうね。(笑)
posted by けいいち at 16:04| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夜中の話し(笑)

まだ、日も高いのに、真夜中の話です。(笑)

ある日、暴走車という名の車にスクーターごとぶっ飛ばされ、かかりつけの病院へ強制入院させられたけいちゃん。
その身は、海賊たちにとりこにされ、足を鎖で繋がれ、重りまでつけられて、あしたからは、ムチで打たれて、お船の下で、みんなとお船をこがねばなりません。(爆)
(p_q*)シクシク・・・ああ、しつこいギャグだ。(;`O´)o(爆)
m(_ _)mごめんなさい。看護師さんたち、大変お世話になり、ありがとうございます。

股関節脱臼、繋がれていたのは、ロープ、滑車、重りは外れた関節を引っ張って関節を守るため、股関節の骨頭(こっとう)、骨盤を守るため、ちゃんと治さないと、将来、股関節がダメになり、歩けなくなり、腐ってきて、骨頭置換術という手術を受けて、人工の関節を入れる大手術になります。

けいちゃん、内科から、整形、さらにまた内科にお預かりの身になりました。(笑)

で、その部屋はおじいさんが何人か、一緒にいました。
でも、なんかみんないやにパジャマのお尻とかが、膨らんでいました。

で、けいちゃんの隣は、スポーツ刈りで、ガッチリの轢き逃げされちゃったお兄さん。

怪異は、夜中におこりました。(笑)

べリッ!ベリベリベリッ!!

ああああ、これは、昔聞いた墓の中の死体を食べるために、死体の服を破る音!!
あああっ!!Σ(`0´*)きゃああ〜っ!!

違いました。
六人部屋のお部屋の粋なお兄さんの隣のおじいさんが、オムツカバーのマジックテープを自分で剥がす音でした。(笑)

が、このべリッ!ベリベリベリッ!って音、夜中に何度も。
で、お兄さんもけいちゃんも眠れません。(笑)
ついに、けいちゃんの隣の粋なお兄さん、

「ようっ!じいさんよおっ!いい加減にしろよっ!!」 とカーテンを開けて、言いました。

が、この音が何度も聞こえてきて、お兄さんは何度もおじいさんに注意しましたが、聞きゃあしません。

けいちゃんはこの時、お兄さんとおじいさんの攻防がおかしくて、一人ベッドの上で声も出さずに笑っていました。

しかし、これじゃ病気になってしまいます。
(・_・?)ほえ?(笑)眠れないんですからね。

で、けいちゃんは、粋なお兄さんを誘い出すと、しばらく下の患者さんがいなくなった外来に行って、話をしてました。
病室に帰ってみると、おじいさんは疲れ果てて、高いびきでした。(笑)

で、ある日は、で、出ました。

人魂だあ〜っ!(;`O´)oあああああっ!!

看護師さんがきて、
「こらっ!病室でタバコなんてダメでしょっ!メッ!o(`0´*)」 と言って、ベリベリのおじいさんから、タバコとライターを没収していきました。(笑)
真夜中のことです。

さらに、真夜中に

「ばあさん、ばあさん、ばあさんよお、ばあさ〜〜〜〜〜んっ!!!!!!!」

(;`O´)oああああ、うわあ〜!!シャウトしちゃってんぞ。地獄からの呼び声だあ〜っ!!

翌日、看護師さんにこの怪異を話したら、なぜか可愛い看護師さんが、すみませんねえ、ご迷惑かけて、と言っていました。(笑)

で、けいちゃんも粋なお兄さんも別の部屋に移されました。
眠れないので。(笑)

が、パジャマのズボンが、昔の女の子のブルまーみたいに、ダッサク膨らんでる別の頭が禿げたおじいさんは、元気に歩き回っていましたが、時々、看護師さんやヘルパーさんのお尻を、思いっきりナデナデしていました。
そのたびに、看護師さんやヘルパーさんに手を叩かれていました。
それで、すんじゃってました。(笑)
けいちゃんがやったら、いや、そんなこと、間違ってもできませんが、グーで叩かれちゃうでしょう。(笑)

睡眠不足でけいちゃんは、ここは無法地帯ってやつなのかなあ、、、と思っていました。(笑)

まあ、ある意味怖い話しでしょ。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 15:37| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の友情(・_・?)ほえ?(笑)

暑いです。
夏です、まだ本番はこれからですが、けいちゃん、シュガーフリーでカロリーゼロのペプシを飲んで書いてます。(笑)

昔、昔あるところに、浮気大好きって、言う男がおりました。(笑)

ある日、彼女とベッドで仲良くした後に、男の人、グースカ(キリンの怪獣、子供のアイドル、ブースカと言う昔のテレビ番組とちゃう(笑))寝ちゃいました。

女の子、つい母性を発揮しちゃって、可愛い寝顔だなあ、とその男の子の寝顔を見たりしていたら、男の子、寝返りをうって、背中をこちらに向けたのです。

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

モテモテの男の子の背中にはマジックで、大きく、彼はわたしのものよ!と書かれていたのです。(爆)

あああああ、こいつ、浮気してるわっ!許せないわっ!!

女の子、怒りでスーパーサイヤ人状態になりませたが、すぐに( ̄ー ̄)ニヤリッと笑って、やめちゃいました。
で、マジックを手にしました。(爆)

さて、舞台は変わりまして、またまた可愛い女の子のお部屋です。
男の子も裸です。
女の子は当然でした。(笑)

で、一緒にお風呂に入ってたら、

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(爆)

男の子の背中には、わたしのものよっ!あんたなんかにわたさないっ!ブスッ!! とマジックのサインがしてありました。(笑)

で、可愛い女の子、お風呂で男の子の背中を流して綺麗にしてあげて、ベッドで男の子が寝たら、そっとマジックを手にしたのでした。(笑)
(・_・?)ほえ?ど、どうなるの?(笑)

で、この攻防はしばらくつづきましたが、やがて、幕を引くことになりました。
ある日、男の子の背中にどちらが書いたのかは忘れてしまいましたが、

マジックで、あんた、なかなか根性あるね。一度会って話しましょう。とマジックで、しかも携帯の電話番号まで書かれていました。(笑)
( ̄◇ ̄;)エッ!(笑)

で、マジックで人間お手紙のやり取りをしていた女の子たち、二人はある場所でコーヒーを飲みながら、話をしました。
すっかり、仲良くなって友情が芽生えたのです。(笑)

そしてね、男の子は、最初の女の子の家に住んでいたんだけど、生ゴミに出されちゃってねえ。(笑)
ま、他にも飼ってくれる所へ行きました。(笑)

何にも悪い事した覚えはないんだけどなあ。と思っていたそうで、本人には永久の謎になってしまったようです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

大事な手紙の文は簡潔に、相手の心に響くように書きましょうというお話でした。
(*・・)ノは〜い!(笑)
posted by けいいち at 14:58| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宦官(かんがん)(笑)

笑えるか、男子、またギッコギコのお話です。(笑)

が、歴史上の事実で、たくさんの男の人達が体験しちゃった、させられたお話です。

ある日、無料のチャットで、別名で人気があったけいちゃんは、夜中までワイワイやっていて、ある女の人に言われました。

女の人 「私の宦官になるかいっ!?ならお側においてあげるよ(笑)」

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!ええっ!

宦官、かんがんと読み、中国史にその名が職業としてでてきます。
イエローページじゃ出てきません。(笑)

昔、中国は絶大な権力を誇り、王様は奥様が何人もいました。
100人以上の奥様を持っている旦那さんの王様もいました。

が、いくらなんでも、『レッド・クリフ』 で、頭がすごいよくても、ちと奥様をかまっている体力はって、ことになります。
そりゃあ、そうでしょう。
いくらなんでも、お好きなお方でも、そんなことしていたら、腎虚(じんきょ、身体がまいる漢方でよく使われる言葉)になって、若いのに衰弱して、あの世行きです。

これじゃあ、王様(皇帝)の名がすたります。(笑)
ましてや、お亡くなりになった名目が、スケベだからじゃ、歴史上の笑いもので、『レッド・クリフ』 とかも登場できません(笑)

が、100人以上の奥様方も、豪華な生活していても、夜にベッドで一人は淋しいのです。
(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪(爆)

で、身近な男のお世話係で、遊んじゃいました。(笑)
一緒にベッドで仲良く、おねんねしてました。(笑)

ですが、これ、浮気、浮気ですっ!!
ましてや、不倫、不倫といいますっ!!

で、旦那様の王様、すっごく怒って、死刑とかに男の人も中には奥様までしてしまいました。
あーあ。

でも、奥様は必要です。
で、お側に仕える男の人は、ギッコギコされちゃいました。
(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)
おしっこする時には、穴に差してあるアシの茎や、竹などを抜いてしました。

中国史の本当の細かい部分のお話です。
あまり、人には話せません。

が、ギッコギコされても、奥様たちはその男のお世話係にお世話させていたそうです。(笑)

で、けいちゃん、この無料チャットで、こんなことを言われたので、この人は心にヘビがいるんじゃと思って、「じゃ、寝るからね(^_^)/~バイバイ」 と言って、チャットを抜けました。(笑)

ギッコギコされるくらいなら、まだフニフニの方が、ましです。(爆)
「女の人のオモチャ?」は、ブログに書いてあるので、ぜひご参考を。
怖くなっても平気なら、「怖ーい話し、男限定(笑)」 をお読み下さい。(爆)

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あーあ。(笑)

女の人は、心にヘビを飼っているっていうお話でした。(笑)
posted by けいいち at 14:32| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語のセンス

けいちゃんの大好きなビートルズのお話です。

このビートルズの数々の詩、いくらビートルズでも、情緒の言葉、日本語には勝てないのです。
Σ( ̄▽ ̄lll)、、ええっ!

日本人は、言葉を平安の時代から、大変愛でて大切にしてきたのです。
そして、言葉に情緒を取り込み、今聞いたらウソみたいな、くっさいなあ、と思うようなラブレターなども書いていました。

が、ビートルズは詩のセンスがいいです。

しかし、「視聴率70パーセント!」 にも書いたように、けいちゃん自身の訳ですが、なにかおかしいと気づいた人もいるはず。

そうです、日本語に訳すと、おかしい部分があるのです。

たとえば、’忙しい日々の夜’ 題名からして、間違った使い方の英語だったのですが、

きょうはとっても忙しい一日だった と訳して、It's been a hard day's night というところ、It's
been の部分は訳されません。
これは、お天気やその他、いろいろ使われる、訳さないIt の部分で、全体の文節(詩)は、日本人の苦手な完了形が使われています。

そして、そのあと、 And I'll be working  like a dog と続きますが、これはおや、未来形です。
文の最後に for You をおぎなって、君のために犬のように一生懸命働くよ、と訳してもいいのです。
が、犬は日本では働いてませんが、、、(笑)

が、全体の詩からみて、日本語に訳した場合、ちょっとつながりとかがおかしくなってしまうのです。
だから、あえて過去形で訳すというテクニックを使います。

それに、ビートルズの曲、「I saw her standing there」 「I wanna hold your hand」 を直訳すれば、君がそこに立っているのを見た、と、君の手を握りしめたい、になっちゃいます。

で、日本語では 「その時ハートは盗まれた」 と 「抱きしめたい」 となったのです。
まあ、抱きしめたい、は誤訳ともいう噂ですが、けいちゃんはわざとこうしたと思っています。

ちなみに、最初に例にあげた、’忙しい日々の夜’は、「ビートルズがやって来る!ヤア!ヤア!ヤア!」 とお亡くなりになった、映画解説者の水野晴夫さんが映画会社に勤めている時、センスを振り絞って、当時の時勢に合わせてタイトルをつけました。

英語と日本語、情緒といったら、日本語の勝ちです。
が、ビートルズの詩は、簡略で修飾がゴテゴテしてなく、初期の頃の詩は特に、心にグッとストレートに突き刺さります。
詩のルール、いんを踏むなんてのも、やってくれます。
天才です。

のちに、ビートルズはいたずらもして、’暖かい銃は至上の喜び’、ポールとジョージのバックコーラスはバンバン・シュッシュッ(笑)なんてのも作って歌い、’道路でやろうぜ’とかも作って歌い、あちこちで放送禁止になりましたが、何の事を言ってるのか、すぐにはわかりません。
何かのことをたとえて言ってます。

イタズラもしちゃうビートルズですが、すっごいグループですよ。
一度でいいから、DVDやCDを見て、聴いて下さいね。

日本語の情緒、センスは大事にしましょう。
(*・・)ノは〜い!(笑)
posted by けいいち at 14:09| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖い親切な女の伝説。笑えるか?

今、けいちゃんは肝炎ウィルス退治の治療の待機待ちです。

入院しなければなりません。
が、期待してもいいので、今は気持ち的にも落ち着いています。

が、これは、輸血とかで感染しますが、型によって、治療法も治りの良さや早さが違うようです。
ですが、これく( ̄^ ̄) はっ!、、、の変態さん、いや、ギャグをまちがいましたが、それは兵隊さんですが、(笑)、なんかけいちゃんには、よく分からない世界の人たち、知りたくもありませんが、なんか、お尻の穴を使って、(・_・?)ほえ?なにかする人が感染もするようです。(笑)

しかも、これが名人の両刀使い、(・_・?)ほえ?すっごいなあ、けいちゃんのおじいちゃんや、ご先祖様だって、二刀流じゃなかったよ。(笑)、、、が女の人に感染させるとのこと。
B型肝炎といいます。

これ、本人(ウィルス)を持っている人は、症状が出ないことがありますが、体質の違う、DNAの違う身体に進入すると、急に暴れだし、酷いのになると、劇症肝炎なるものになって、時には脳までやられ、暴れたりして、命を落とします。
けいちゃんの知ってる若い内科のお医者さんから聞きました。

で、B型肝炎、けいちゃんのお友達も某有名大学病院で、感染しちゃったのです。
で、あっという間に亡くなっちゃいました。
劇症肝炎になっちゃって。

そして、都市伝説かもしれませんが、、、。

ある都市で、大変親切な女の子が現れました。

男の子が、おじさんでも、、、「自由にしていいのよ」 とベッドでささやきます。(笑)
で、ベッドでも大変親切にしてくれます。
(・_・?)ほえ?何?

が、男の子やおじさんは、間もなく身体が異常に疲れ、目の白い部分がまっ黄色になります。
で、病院へ行くと、緊急入院、手遅れです。
やがて、男の人やおじさんは、白い色のう○ちが出て、旅立ちます。

そういう事件が相次いであったそうです。
ある真面目な雑誌で、取り上げられ、現代の問題とされました。

怖いのは、親切な女の子、自分も少し目の白いところが黄色で、旅立ちました。
が、自分でそれを自覚していて、道連れと言うことで、何人もの男の人に親切にしていたのです。

親切な女の子は、テレビでもモザイクがかかって、取材されていました。
警察沙汰にもなりましたが、本人がもういないので、裁判にはなりませんでした。

変態さんはけいちゃんは嫌いだなあと言うお話でした。
(・_・?)ほえ?

が、この肝炎も変態さんが増えて、、、全然退治されません。

まあ、変態さん(*^.^*)ポッ!(笑)

く( ̄^ ̄) はっ!、、、それは兵隊さん(爆)

が、都市伝説的で、本当は事実という、笑えない話でした。
風俗なんて、恥ずかしいし、みっともないので、まったく無縁のけいちゃんが、リポートを終わります。
(笑)←あ
笑っちゃいけない。
posted by けいいち at 13:36| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教授先生とトンカチ(笑)

けいちゃん、大手術の後、回復して病院へ定期健診を受けに行きました。

で、なんか、その時、けいちゃんの左の手首の表側には、直径一センチくらいのコブができてました。
それを、教授先生に診せると、

教授 「ああ、こりゃ、ガングリって言うんだ、すぐに潰れるよ。」 

正式には、ガングリオンとか言うらしいのですが、略してガングリと言うそうです。

教授 「ちょっと待ってて」

と、言うと木のトンカチ、まあ、トンカチとは形状が大分違うのですが、うまく言葉で現せません。(笑)

で、教授先生、けいちゃんの手をしっかり握り、いきなり、ガングリに向かって、トンカチでガンッ!!

σ(・・。) 「いてっ!(;`O´)o!!」

教授先生、笑って、 「ああ、悪い、悪い、失敗だ、もうやめとこ」

なんか、けいちゃん、教授先生が楽しそうに笑ったのを見ました。(笑)

で、このガングリって、うまく叩けば、潰せるそうですが、けいちゃんのは、左手首の表側、骨と骨の間にありました。
教授先生は、このガングリを潰すのもすごくうまかったそうですが、けいちゃんの場合、できた場所が悪かったみたいです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

が、ガングリは自然にもなくなってしまうことがあり、今けいちゃんのガングリは見当たりません。
良かった、良かった、、、(笑)

天国の教授先生、骨まで響いたぞ!
(;`O´)o(爆)

でも、ありがとうね。m(_ _)m
posted by けいいち at 13:10| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ、注射してくれえ〜っ!(笑)

けいちゃんが昔、大手術の前に不安の毎日で、ベッドに横たわっていた時。

母親に付き添ってもらって、寝たきり状態でしたが、困ったおじいちゃんが六人部屋のけいちゃんの近くにやってきました。(笑)

このおじいちゃん、歩けるのに歩こうとしないので、リハビリもわがままでやらないので、歩けませんでした。

で、これが、お昼時になると、

「ああああああ、クソが出ない。あああああ、浣腸してくれえ〜っ!」

と大声でのたまうのです。(ーーA; アセアセ(笑)

まずい病院食とは言え、お食事時ですよ。
ヾ(ーー )ォィ(笑)

当然、大部屋のみんなからは、大顰蹙(だいひんしゅく)を買っていました。
(;`O´)o、、、当たり前だろっ!デリカシーとか礼儀とかなってないじゃん!(笑)

が、夜の就寝をすぎると、いつも

「あああああ〜っ!痛いっ!痛いっ!痛み止めを射ってくれえ〜っ!!」

それほど、痛いのならしようがありませんね。(笑)
で、優しい看護師さん、上腕(じょうわん)にお注射をプスリッ!

すると、射ってすぐにおじいさんの痛みは止まります。(笑)

(・−・?)ほえええ〜っ?

さすがに現代医学、射って一分もたたないのに、あれほど叫びをあげるほどの痛みが消えちゃうんだねえ。((φ(..。)メモメモ(笑)

で、なんて痛み止め、お薬の名前は?

おじいさんの付き添いのおばさん  「ビタミンCよ。」

(・_・?)ほえ?ビタミンC!(笑)

後に、大手術を終えて、ベッドで回復し始めたけいちゃん、恩人の教授先生が回診にきて、聞きました。

σ(・・。) 「ビタミンCって、そんなに効く痛み止めなの?」 とおじいさんをそっと指差して。

教授 「え、ええ、、、うん」 なんかニヤニヤ楽しそうに笑っておりました。(笑)

(・_・?)ほえ?謎です。(爆)
posted by けいいち at 12:56| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男って大変。(笑)

けいちゃんが、ブランチをしていると、母親がいろいろとあちこちのグチを聞かせます。

起きて、まだ呆けているこのけいちゃんにです。

が、毎日のように、日課になっちゃってます。(笑)

あまりにおきたてから、こういう話題ばかりなので、嫌になります。ホント。

なので、けいちゃんは親友のデブちゃんにドライブしてる時に、相談しました。

σ(・・。) 「なあ、うちのおふくろ、僕にグチばかり話すんだぜ。それも朝からね。どうしたらいい?それも家族で僕だけに話すんだ。どうしたらいいと思う?」

デ 「うーん、まあ、けいちゃんてそういう性格だから、話してくるんじゃない? 聞いてやった方がいいんだと思うよ。けいちゃんだからこそ、話して来るんだよ」

σ(・・。) 「そういうもんか? ま、そうなのかもな。」

デ 「そうだよ」

ま、納得しましたがね。(笑)

昔、今より僕がずっと若かった頃、、、。
確かに、いろいろな女性から、お話は聞きました。

それは、お仕事の事や男のこと、自分のこと、上司のこと、お客の事、いろいろなグチでした。(笑)

女の人は、聞いてもらいたいみたいです。(笑)

話し相手とされるのも、男としてはその女の人に信頼されているのかもよ。

ま、男の度量として、聞いてあげましょう。
アドバイスとか、自分の意見も聞かせてあげると、なお、女の人は喜びます。

で、もっと仲が良いなら、ケチケチせずに、オモチャくらい貸してあげましょう。(爆)
(詳しくは、ブログ中の「女の人のオモチャ」をご参考ください(笑))

でも、見返りはよっ!!
けいちゃんに見返りはなかったぞっ!!
(;`O´)o(笑)

見返りはよっ!!(爆)

そういうこと、言っちゃいけません。
それが、男の度量、宿命でもあります。
お話は、ちゃんと聞いてあげましょう。(笑)
男と女、解剖学的にも、脳まで違う生き物なのです。
お話は、ちゃんと聞いてあげましょう。

( ̄^ ̄) エッヘン!けいちゃんは、男よっ!!(笑)

でも、毎日毎日、、、。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 12:27| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝からニュース(笑)

朝から、変なニュースです。

若い男、男の子に裸の写真を送れと脅迫して、捕まりました。(笑)
なんでも、若い男の子に、小学生から高校生までの男の子に非常に興味があったとか、犯人は。

ε=( ̄。 ̄;A あーあ。(笑)

いったい、どうしたの?(笑)
(・_・?)ほえ?

まったく、、、変態さんねえ(*^.^*)(笑)

く( ̄^ ̄) はっ!、、、あ、けいちゃん、それは兵隊さん(爆)

まったく、変態さんも大変さんねえ。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

(;`O´)o、、、被害者の方が大変だろっ!!

m(_ _)m、、、下らなくてすみません。(笑)
posted by けいいち at 12:11| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます。(^^)/

おはようございます。

さて、きょうもブランチすませて、お茶のパターンです。(笑)

まあ、まだ寝ぼけて、ボーッとしてますが、ネタ(びっしりメモしてあります。芸人か(笑)(;`O´)o!)で、行ってみましょう。

みなさん、よろしく。m(_ _)m
posted by けいいち at 12:03| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お休みなさい。(*・・)ノは〜い!

きょうは、病院へ行って来て、遅くなりましたが、張り切っちゃいました。(笑)

身体の状態、かなり良くなってましたが、肩は腕の付け根の方が外れかけたみたいで、治しようがないらしいです。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

で、ギターを弾けないのです。
(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)

ピアノもダメです。

が、いいでしょう。
内緒で弾いちゃえっ!!(爆)

久しぶりに親友の一人がうちを訪ねてくれ、笑いあいました。

親友はいいもんです。

身体は、かなり良くなっています。

これも、応援してくれるみなさんの愛情のおかげです。

えっ?ただのエロサイトじゃないかって?

違います。( ̄^ ̄) エッヘン(笑)

ノンフィクション小説(つくりじゃない小説(爆))であり、全てが主人公の体験です。(笑)
まあ、(* ̄ノ∀ ̄*) ヒソヒソ、、、小説よ、あくまでね。

では、みなさん、ありがとう、けいちゃんはビートルズのDVD見てから、寝ます。(笑)
お休みなさい。

Sweet,Sweet Dreams For You! Tonight!

See You Tommorow! Here!

Good Night! Thank You! Folks!

あなたのために良い夢を見てね。またあしたね。お休みなさい。感謝してます。みなさん。

m(_ _)m
posted by けいいち at 00:23| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話し・その8(笑)

ま、舞台はまた病院です。(笑)

が、ノンフィクションでお送りします。

けいちゃんは、大手術の後遺症で、おしっこが突然、出なくなりました。
さあ、大変ってんで、スクーターで風を切り、病院で下をすっぽんぽんになって、看護師さん(美形)にゴムの管でおしっこを抜かれ、別のあっけらかんな看護師さん(これも美形)に、まあちっちゃいわねえ、みたいな事をされました。(爆)

が、その後、

泌尿器科というのに通いました。

で、オヤジとかおっさんにお尻になんか、指を突っ込まれたのです。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

しかも、看護師さんもしっかり見ていたのです。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

で、一人目のお医者さん、そして、次の日のお医者さん、違う人でした。
で、看護師さんも違ったのです。
またまたΣ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

そして、三回目のお医者さん、また違いました。

で、「パンツ脱いでそこのベッドに」 とお医者さんが言ったので、

σ(・・。) 「いや、きょうは下痢で、、、」←思い切りウソでした。(笑)

で、泌尿器科はその時点でバックレました。

いろいろ見たなら満足でしょっ!!

(;`O´)o(笑)
posted by けいいち at 00:05| 🌁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。