2009年06月21日

ありがとう(*^▽^*)ノ(笑)

きょうもまた、無事にすみました。

きのう、時間的にきょうでしたが、薬を服用し忘れ、とんでもなかったですが、寝ぼけていただけです。
(笑)

『天地人』 見ました。
毎週のお楽しみの一つです。
ドラマなのでウソが多いですが、このウソは大好きな僕です。

が、明日は病院へ行くようですので、ブログは書けないか、遅くなって少し書くかもしれません。
ちと、怖いが、、、(笑)病院がね。(笑)

でも、確かにブログ、始めてから身体がメキメキ良くなってきています。

みなさんの、これもみなさんの応援のおかげです。
m(_ _)m

深く、深く、感謝いたしております。

ありがとうございます。m(_ _)m

Sweet,Sweet Drems For You! Tonight!

See You Again! Good Night!

お休みなさい、素敵な夢を見てください!また会いましょう!
m(_ _)m
posted by けいいち at 23:07| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーサイヤ人VSホワイトエンジェルス!!(笑)

スーパーサイヤ人、ご存知の通り、マンガの『ドラゴンボール』 に出てくる、すごいパワーの人たちです。

が、けいちゃんもこのアニメもマンガも大好きで、テレビのアニメにもかぶりついて見てました。

が、けいちゃんがそうでした。(笑)
マンガのスーパーサイヤ人、自分がなれたのです。(爆)
さすがに、髪の毛が金色になって、逆立って、シュワシュワとは、なりませんが。(爆)

が、ある日、けいちゃん、チビで、身体も弱いのに、時々女の子に間違えられるコンプレックス持ちのものすごい怒りました。
で、お父さんと取っ組み合いになりました。

が、自分の身体の変化に気づいたのですが、止められません。
母親がけいちゃんとお父さんを止めましたが、けいちゃんを怒りました。
すごく厳しく怒りました。

母親 「あんた、その顔二度とするなっ!!人に見せるなっ!!」と。

何のことかと思いましたが、すごい形相だったそうです。
で、自分的には、身体にものすごい変化が起こったのです。(笑)

アドレナリンが大量に身体に回り、血管と筋肉が膨れ上がり、心臓がドッキドッキして、自分で心臓の鼓動が強くなったのを感じたのです。
筋肉も膨れていたのに自分で驚いてしまいました。(笑)
スーパーサイヤ人って、鳥山明先生は、ある程度、人間の生理現象も研究なさったそうです。(笑)
で、けいちゃん、しばらく元に戻るのに時間がかかりました。

が、この現象、命が危ないのです、けいちゃんの。
(・_・?)ほえ?
この状態が続くと、脳の血管や心臓の血管がプッツンして死んじゃう可能性があるのが判明しました。
ヾ(ーー )ォィ

ですが、母親との約束を忘れて、二度もそのあと変身しちゃったのです。(笑)
一つは、本屋さんで変質者が自分のモノを出して、女子高生の方を見てヘラヘラ笑っていたので、変身し、ぶん殴ってやる!て近づいたら、変質者の方、逃げてしまって、勝負できませんでした。(笑)

もう一つは、あのケンカした父親の胸倉をつかんできた、とんでもないオヤジに、立ち向かい、父親に止められました。(笑)
で、これをアメリカ海軍(ネイビー)の人が見ていて、けいちゃんの事を父親に聞いたそうです。
で、父親はペラペラの英語で、ネイビーの人に事情を話し、けいちゃんはネイビーにちっちゃいのにすごい者だと言われ、道で会うと、お辞儀をされ、握手されました。
まあ、親父の胸倉を掴んだ乱暴者は、クビになり、会社ごと契約を打ち切られました。(笑)
が、けいちゃんは、普段は全然スーパーサイヤ人とか、そう見えないのです。

さらに時は過ぎ、けいちゃん、事故でアメリカ海軍に助けられ、救急車で入院させられました。
そして、事件が起こりました。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

強制的に三週間安静で、ベッドの上に片足を鎖と重りで繋がれ、海賊たちのとりこになり、さあ、これからお船をこがされるの状態でした。
m(_ _)mごめんなさい。(爆)

が、三週間の日が来たので、明日からはリハビリって時に、連絡があちこち行ってなかったのです。
で、ベッドの上でおトイレを全部すまして、時にはホワイト・エンジェルスにオカマ掘られちゃったけいちゃんは、さすがに怒りました。
主治医の先生は、出張ですが、連絡は行っていたはずでした。

で、けいちゃんは二人の美形と可愛いホワイト・エンジェルスにこともあろうか、怒ったのです。

が、奴ら、

美形 「じゃ、婦長を呼ぼうかっ!!」

可愛い 「そのほうがいいわよっ!!」

σ(・・。) 「おおっ!!呼んでくれっ!!(;`O´)o」

が、既に脅えていたのです。(爆)

けいちゃんは、デブちゃんからドMの称号を頂き、既にこの時点で勝負が決まっていたみたいです。(笑)

けいちゃんは、昔、女の子だっていじめちゃえっ!!て言ういじめっ子でしたが、先生にこっぴどく叱られ、いじめっ子なんて、小学生の頃に廃業していました。
ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!

が、この性格、どこか変わっていて、男の前ではドSに変身してしまい、女の子にはよく叩かれてしまいました。(・_・?)ほえ?(笑)
で、そのまま大人になりました。(笑)

で、話の続きですが、、、。

海賊のボス、もとい、ホワイトエンジェルスの婦長(美)と言う方が来て、けいちゃんを睨み、腕を組みました。
三対一、既に卑怯です。(爆)
おおーっ!これは、けいちゃんとお友達が中学の時、手を出さないために、女の子と口ケンカする時の暗黙のルールのポーズ、、、違いました。(笑)

が、相手に恐れをなしたら負けです。
けいちゃん、婦長(美)と言う人に

「おトイレだけ、車椅子で行っていい」
許可をもらいましたが、完全に向こうのミスです。

(;`O´)oこらあーっ!!

が、後で婦長が、これが、大変お世話になっている、かなりの美形の方が、慰めにきてくれました。
が、未だにあれは納得いかないのです。

看護師の申し送りが、ちゃんとできていなかったのです

で、けいちゃんの主治医、翌日に、怒り爆発で、わざと大きな声で、ホワイトエンジェルスに聞こえるような大声で、

「彼女たちは、ちゃんと申し送りなんて、できないのさあーっ!!!」

とナースステーションの前で大声で叫んでいかれました。

σ(・・。) 「ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!うわあ〜っ!!チクったのがばれる!!」 (笑)

今でもこの記憶は鮮明です。(笑)

でも、ホワイトエンジェルスは、美女軍団だし、恨む事はまさか、とっくにゆるしちゃってる、けいちゃんなのでした。 ヾ(ーー )ォィ(爆)

ですが、何より落ち込んだのは、自分自身、彼女たちの前では、スーパーサイヤ人どころか、子羊に変身してしまったことでした。

で、秋に入院たって。(笑)

女神様 「ホホホ、バチよ、バチ!ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

posted by けいいち at 22:55| 🌁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デブちゃんと僕(笑)

デブちゃん、けいちゃんは別に太っていることをバカにしたりしませんが、女の人ならともかく、男は少し嫌です。(笑)

が、けいちゃんの親友のこのデブちゃん、かなり優しい人です。

で、ある日、バイクの限定解除という、大きなバイクに乗れる免許を取りに、ある場所へ行きました。
頭も悪くはなく、意外に運動神経のいい彼は、一発で取れました。

が、なにかおじさんが来て言いました。

「君、いい身体してるねえ、自衛隊入らないかっ!」 とデブちゃんの肩をポンと親しげにたたきながら、、、、、(笑)。

帰ってきて、けいちゃんにデブちゃんは

「あったまきたよ。まさか、あんな所に、あんなスカウトがいて、しかも俺のこと、いい身体って、、、。
(;`O´)o!!」 (笑)

が、口の悪いけいちゃんは、デブちゃんがバイクに跨ってると、、、。

σ(・・。) 「それ、ポケバイかっ?」

デ 「50ccだよっ!(;`O´)o」

σ(・・。) 「それ、250?」

デ 「400ccだよっ!(;`O´)o」

σ(・・。) 「それ、400か?」

デ 「7半だよっ!!見ればわかるだろっ!!(;`O´)o」

7半とは、750ccの排気量のオートバイのことです。(笑)

σ(・・。) 「サスが、沈んじゃってわからないよ」 ←そんなこと絶対あり得ません。(笑)

サスとはサスペンションのことで、バイクのタイヤをバネと鋼鉄の筒状の部品で支えています。
これで、振動を吸収します。(笑)

で、デブちゃんがフェアレディーZ,3000ccと言うのに乗っていたときも、

σ(・・。) 「車高低すぎるぞ、なんか車が斜めに運転席のほうに傾いてるぞ、サスペンション、いかれてるんじゃないっ?この車って二輪車だっけっ?」

デ 「いい加減にしろよっ!!(;`O´)o」

σ(・・。) 「あ、ごめん、一輪車か?運転席の下だけ、タイヤがあるんだね。あとの三輪は空中に浮いて走るんだね」

デ 「けいちゃん、、、、、、。」

いくら、なんでもけいちゃんの言った事は、酷いですが、デブちゃんは喜んでいます。(笑)
仲の良いお友達です。
親友です。
posted by けいいち at 22:06| 🌁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝石虫(ほうせきむし)その5・だけど、、、。

まあ、この昆虫、ちと汚いですが、すごく綺麗です。

フン虫、センチコガネと言い、色は輝くメタリックグリーン、あるいはバイオレットメタリックです。

ピッカピカでカナブンのくもったメタリックグリーンとは違います。

体長は、三センチ大きい奴で、これくらいあるかどうかで、二センチ五ミリメートルくらいのが普通です。

あるいはと言うのは、バイオレットメタリックの方は、環境などで変化した、珍しい色で、そうはいません。

が、メタリックグリーンは普通にいます。

が、フン虫、は糞虫と書き、クソムシとも読めます。
実は、この虫、うんちがエサです。(笑)

犬や猫、山の動物たち、あるいは、人間の大の方が落ちてると、カブトムシのように吸いに来ます。
マジだから、たまりません。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

でも、この虫、大変綺麗なうえに太っていて立派な体格です。
そして、エジプトは肥沃な大地、ナイル河が干上がったあとも、この昆虫の仲間、ダイコクコガネの仲間、スカラベってのがいます。
虫が大地を育てます。
肥沃にします。
歴史上、大変な影響を与えている虫で、ファラオの昔から、エジプトの守り神として、宝石や石で立体彫刻が作られ、王たちのピラミッドの壁にもその姿は描かれているのです。

が、スカラベ、フンコロガシとも言って、色は黒か茶色、穴にうんちを転がして、そこに卵を産み、幼虫はそのうんちを食べて育ちます。
これは、エジプトでもある時期にはたくさん見られますが、ナイル河がまた流れを取り戻すと、どこか別の場所へ行ってしまいます。
けいちゃんは、スカラベの立体彫刻、一つ持っていて、もう一つは親友の一人にあげました。
エジプト展ってので、買いました。
一つ、八百円でした。(笑)

で、日本のセンチコガネですが、うんちを転がしたりはしません。
日本では、フンコロガシは、小さいのがまだ数年前に発見されただけです。

センチコガネ、けいちゃんは母親と弟と、某伊勢原と言うところにある某大山へ高校生の時に行きました。
汚いじゃないかって?

そう思いますが、方法があります。
けいちゃんは虫屋(昆虫採集の好きな人が自分でそう自分を呼ぶ。虫は売ってません。(笑))のはしくれですから、採集は、割り箸でコーヒーのビンに入れて、行いました。

で、帰ってから、この綺麗な虫を、別の捨ててもいい空きビンに入れ、さらに濡らした新聞紙を細かくちぎって、ビンの中にたくさん入れます。

これを、何日か、繰り返し、空きビンもどんどん交換していきます。
すると、大腸菌の付いたセンチコガネも、フンをして、身体も綺麗になっていきます。
最後にこの昆虫をアルコールで割り箸で挟んでおいて、アルコールで消毒します。
これで、バッチリです。

某大山での採集でしたが、ここでは、鹿や犬が飼われています。
これのうんちにセンチコガネ以外にも他のフン虫がいるはずなのですが、けいちゃんはセンチコガネのグリーンメタリックを五匹しか取れませんでした。
で、一匹は公衆便所の外のティッシュと共に、人の(おそらく間に合わなかったのでしょうが、、、)をチュウチュウ吸っているのを、捕まえ、とても母親と弟に怒られました。(笑)
今でも、その話をすると、母親も弟も、いくら綺麗な虫で、仕方がないとは言え、、、と笑います。

けいちゃんの標本箱にはグリーンのメタリックのこの昆虫が今も輝いていますが、どうやって採集したかは、あまり人に話しません。
で、最近近くの自然公園にこのセンチコガネが普通にいますが、それを子供たちが手でつかんじゃってますが、、、。(笑)
知らないとは、時に恐ろしいもんです。
posted by けいいち at 21:44| 🌁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒豪のバカ(笑)(;`O´)o

ある日、けいちゃんの親友の一人、酒豪と言う人がけいちゃんのうちへ遊びにきました。(笑)

けいちゃんのご自慢の作り付け本棚のある和室で、一緒にお酒を少し呑みました。
で、酒豪は別に何かするでもなく、お酒を呑んで帰ったので、ちょっとつまらないけいちゃんでした。

帰り、奥さんの車をタクシー代わりにお家へ帰るとき、玄関で酒豪

「じゃ、またなっ!」

と笑って帰りました。

笑顔は男前です。(笑)

が、けいちゃん、和室へ入って、片づけをしていて、気づきました。
( ̄□ ̄;)!!ハッ!(笑)

ご自慢の本棚の本が移動しているようです。

で、紙のカバーの付いた本、これらは、背の部分に白い紙が貼ってあり、本の題名が書かれてます。

恐る恐る本を引き出して、見てみると、、、。

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

本の表表紙に当たる部分の紙のカバーの部分に、大きく、

「エロ本」 「ヌード」 とかマジックで書かれていました。

それも紙のカバーの本、12冊に。(笑)

けいちゃん、だまって、本のカバーを捨てました。

一人で文句言いました。

「バカヤローッ!!どこの世界にエロ本って書かれたエロ本とかあるんだよっ!!(;`O´)o」

「ヌードって、わざわざ紙カバーに書くかよっ!!(;`O´)o」

時々、酒豪はいたずらします。(笑)
posted by けいいち at 21:12| 🌁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幽霊話し・ご近所編(笑)←ん?

まあ、けいちゃんの家はけっこう見てくれもよく快適ですが、そういうのは別にして、、、。

そういうのはべつにして、、ご近所に変なものが出たと言うのは、困ったものです。

勝手に出ないで下さい。
m(_ _)m

けいちゃんの家、奴らが出たと言う二軒の家が道路沿いに二つあって、どちらも100メートルくらいの距離に挟まれちゃっています。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

だから、けいちゃん、夜になると、その辺には近づきません。
まあ、キツネやタヌキのイタズラだと、無理矢理信じてはいますが、、、(笑)。

一つは、昔、大きな溝があって、そこでリヤカーか荷物を運ぶ車ごと、雨がザンザン降っているときに、濁流に飲まれてお亡くなりになった方が、ある日、叫び声をあげたので、その上に立っているお店の店主も客も、速攻で逃げました。(笑)
いつもは、30分かかる後片付けが、たった3分で片付きました。
なんだ、人間やればできるんだよねえ( v^-゜)(笑)

笑い事じゃないです。

で、もう一つは、働き者の話です。(笑)

溝のキツネとは、まったく逆の方向の家で、離婚ということで、旦那さんが奥さんと子供を残して、どこかへ行っちゃいました。
で、奥さん、身体を悪くして、お亡くなりになりました。
悲惨です。

子供たちは、もう大きくて、それぞれ仕事があったので、生活には困りません。
が、何ぶん世間知らずです。

お葬式とか、お通夜はやったものの、あとの法事がよく分かりません。

で、放っておいたら、、、。

夜に、また朝早く、まだ明け切らないうちから、、、。
階段をトントンギシギシ、、、、、。

ああ、お母さんの歩く音です、何度聞いてもいい音です。

で、下のお店でミシンがカタカタカタカタ、、、。

ああ、お母さんは働き者だからなあ、、、。

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!

子供たち、この家を売っぱらって、逃げちゃいました。
ヾ(ーー )ォィ

で、このあと、家は取り壊され、別のお家になり、別の家族が住んじゃってます。
あとのこと、けいちゃんは知りません。
聞きたくもないです。

(;`O´)oキツネやタヌキ、いい加減にしろっ!!

まあ、日本人は世界に誇る勤勉な民族だね( v^-゜)ってお話でした。(笑)

笑っちゃいけないだろ!
(;`O´)o

(o^-^o) 二コリ♪コケコッコーッ!!

また、けいちゃんの形したニワトリが鳴きました。

ああああ、。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

(o^-^o) へへへへへへ。(ノ△・。)うえ〜ん!
posted by けいいち at 17:31| ☔| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖ーいお話、男限定(笑)

けいちゃんが見た、Hなのを期待してた映画は、、、恐怖映画でした。(笑)

男の人が、解剖台というのに、大文字焼きで縛り付けられて、お股の間をノコギリのようなものでギッコギコ、若い美系のお姉さん三人に取り囲まれてされていました。

「某ポークビッツ一本じゃ、お夕飯のおかずにもならないわ。」 

お姉さんの一人が言いました。
英語でリトル・ボーイと言いました。

笑えないです。
けいちゃん、思わず正座して、股間を両手で押さえて、テレビを消しました。

日曜大工(古いなあ(笑))は、男のお仕事です。
(;`O´)o(笑)


が、あるところで、事件は起きました。

ある男の人、別の男の人を捕まえて、、、。

女の人、二人に渡しました。

女の人、縛られた男の人をさらに台に縛り付けて、、、。

ズボンもパンツも脱がせちゃいました。
で、まあ、ゴムのお帽子を被せました。
( ̄ー ̄)ニヤリッ

さて、万力のような小さなお道具を手にしたお姉さんと助手のお姉さん二人。
一人は、「痛くないのよ」 と男の人の脚を押さえ込みます。

で、小さい万力で男の人のコロコロのウズラの卵を挟んで、取っ手をクルクルと、、、。

あ、万力使うお仕事も男の人の仕事だよ。
(・_・?)ほえ?

小さな万力、完全に口を閉じました。

ぎゃあああああ〜っ!!

男の人、首を亀のようにひっこめて、大きな声を上げました。

女の人、顔色一つ変えずに、、、。

「男の子でしょっ!もうひとつがんばろうね!!」

で、また小さい万力で、うずらの卵をつぶしました。
(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!(笑)

ゴムのお帽子の中には、真っ赤なものだとか、白いものがドロドロでした。

お姉さん 「料理は女のお仕事だもんね」

外にいた男の人たちは、大変後悔しました。

自分たちにできないものを、こともあろうに女の人にまかせるなんて、、、。

男の人、なぜかショック死しました。
(・_・?)ほえ?


ウソの話だと思いますが、、、そう信じています。
けいちゃんは、それはウソだと、、、。

男の方々、日曜大工や万力使うお仕事は自分たちでやりましょう。
女の方々、アルバイトはケーキ屋さんとか、スーパーのレジとか、時給は少ないかもしれないけど、そういうものにしましょう、くれぐれも包丁やノコギリの使い方は正しく使いましょう。

(ノ△・。)うえ〜ん!ばかあ〜っ!!

この話は絶対ウソだあ〜!が、ジャンルはノンフィクションです。

(o^-^o)ケケケケケ。
posted by けいいち at 16:41| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話し・その7

けいちゃん、基本的に男と抱きあうのは、ものすっごく嫌いです。当たり前。

だから、ホモの方々、サムソンの方々、は生理的に受け付けません。
が、レズの方々は好きです。
男のサガかもしれません。(爆)
大昔、レズのカップルのお姉さんたちが、ベッドで仲良くしているのを、ただ見ているだけという条件でやはりお小遣いもらって、延々2時間ほど見学したことがあります。
ま、大変疲れました、見ているだけでちと、精神的にも大変疲れました。
ちなみに、お小遣いは5000円ポッキリでした(爆)
大昔の話です。
10代のことなので、時効も時効です。
m(_ _)m

ま、それは、置いといて、けいちゃん毎週『タモリ倶楽部』 はかかせません。
ジャンルが広く、タモリさんの個人的趣味の番組ですが、お料理もやっています。
が、ある日、「かまめし」 を食べよう!って回が放送です。

(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪
横川駅の 「峠の釜めし」 は駅弁で有名だもんね。(笑)

が、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
なんと、勘の良いお方はもう気づいちゃったでしょうが、、、。

カマ違いです。(笑)
オカマの方が、マンションでごちそうをタモリさんたちに振舞ってくださったのでした。(笑)
まあ、これを 「かまめし」 と言えなくもないですが、けっこう料理の上手なオカマさんでした、
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(爆)

が、この話も置いといて、、、。

本題です。

けいちゃん、大事故に遭い、アメリカ海軍の方々に助けられ、いつも通っている病院へ救急車に乗せらて運ばれました。
ネイビーのみなさんありがとう。
m(_ _)m

で、男の病室に空きがなく、女の人の病室に三週間安静という事で、運び込まれちゃいました。
が、全身麻酔で、股関節脱臼というのを治したけいちゃんは動けません。
足先に鎖がつけられて、その先には、重りがつけられて囚われの身です。
(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)
あしたから、ムチで叩かれて、お船をこがされるんだね。
(p_q*)シクシク・・・(;`O´)o海賊の話かいっ!!(爆)

ま、こういう風に寝かされたまんまだと、人間は運動しないから、お通じがとまっちゃったりするんだね。
(・_・?)ほえ?

で、次の日の朝。
けいちゃん、おなかが痛いです。
で、看護師さんをブザーで呼びました。
と、一人は美形、一人は若く可愛い系の看護師さん、ゴムの寝たままできるお便器を持ってきました。
で、けいちゃんのベッドのカーテンを閉めて、お尻の下にお便器をいれました。
布団がかけられ、囚われのけいちゃんは、うーんと力みます。
が、でません。

と、それを見ていた二人の看護師さん。

「あー、やっぱりねえ」

「じゃ、やるしかないか」

な、何をしようと言うのでしょうか?

けいちゃんの布団を剥いで、下半身すっぽんぽんの状態で、けいちゃんのお尻の下に水色の紙おむつをしいて、二人でゴムの手袋を嵌めています。
(・_・?)ほえ?(笑)

で、次の瞬間、一人がけいちゃんの片方の脚を、重りが付いていないほうを膝立ちにさせて、押さえると一人がお尻の穴に、、、。
ええΣ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!( ̄△ ̄;)エッ・・?

美人 「ちょっとがまんしてね、気持ち悪いけど」

可愛い 「ちょっと力んでごらん」

美人 「お、出てきた、出てきた」

可愛い 「あ、いいう○ちだ、健康な便だね」

と、真っ赤な顔で震えるけいちゃんに(o^-^o) 二コリ♪(爆)

で、ブツはすっかり出され、紙おむつに包み、けいちゃんのお尻を消毒して、行ってしまわれました。(爆)

けいちゃんのお部屋の換気扇がゴーッとしばらく音を立てていました。(笑)
かわいそうなお話です。(笑)
けいちゃん、掘られてしまいました。
とことん、掘られてしまいました。
初体験に呆然とするけいちゃんでした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

が、一度ならずも二度までも。

けいちゃんは整形外科のあの荒くれ者の看護師さんたちのいる男の病室に囚われの身になりました。
m(_ _)mごめんなさい。(笑)

で、ある日、食事もロクに摂らない(まずいからねえ(笑))けいちゃんは、時間をかけてお便秘になりました。(笑)
おなかが痛いです。
ヾ(ーー )ォィ、、、自業自得だろ。(笑)

で、師長さん(これが海賊の親分だなm(_ _)m(笑))の命令で、けいちゃんのベッドにまた看護師さんがきました。
海賊にしては、優しい方で、ちょっと年上で
(*^.^*)ポッ!(爆)いや、違います。

今度は、一人で熟練の技で、またけいちゃん、おんなじように、お尻をホジホジされてしまったのです。
あああ、ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!もうお嫁にいけない!(爆)
でも、おなかの痛みは治まり、とっても爽やかになったのでした。(笑)
看護師のお姉さん方、ありがとうございます。
心から感謝しています。
m(_ _)m、、、本当にありがとうございます。

そして、それから、動けない、動いちゃいけないので、クマが出たときのように、目を合わせないで、看護師さんに丁寧に身体を毎日、タムシにもならないように清拭してもらったのはいいのですが。
この病院には、暗号がありました。(笑)

ある日、身体を拭きに来てくれた美人の看護師さん。
ゴム手袋はめて、けいちゃんの下半身を拭いていて、「チュッチュ、誰か持って来て」
(・_・?)ほえ?チュッチュ? まあ(*^.^*)ポッ!チュッチュ て昼間っから。(爆)

で、別の看護師さん、某ママレモンという中性洗剤のお徳用の大きなのを持って来ました。
で、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

美人の看護師さん、けいちゃんのお尻の穴を狙って、

ヽ(・・〃)m 「えいっ!えいっ!えいっ!」(爆)

水鉄砲は楽しいな、、、狙いも正確だし、うまいもんでしょ。(笑)
狙われたのは、お尻の穴、実に正確に撃ってきました。(爆)
で、ガーゼで後はゴーシゴシしました。(笑)
某ママレモンの容器には、お肌に優しい消毒液が入っていました。(笑)
チュッチュという暗号は、この某ママレモンの消毒液入りの容器だったのです。(笑)

女神様 「けいちゃん、あんたなんか、キンチョールかけたるわっ!!シューッ!!キャハハ」
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

それにしても、恥ずかしかったです。
でも、お世話してくださった看護師のみなさん、本当に本当に感謝しています。
ありがとうございます。
心から感謝しています。
ありがとう。m(_ _)m
いつも、ご迷惑ばかりかけてすみません。
m(_ _)mごめんなさい。ありがとうございます。
posted by けいいち at 16:15| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話し・その6

けいちゃんは、大手術のあと、後遺症であちこち不具合がでてました。

で、ある日、血流が悪いので、高圧酸素治療というのを受けることにしました。

高圧酸素治療とは、タンクや部屋の中に患者さんが入り、高圧力をかけ、濃い濃度の酸素をたっぷり流し込んで、これを患者さんが吸うのです。
高圧力の中で濃い酸素を吸うと、人間の身体は、酸素をたくさん取り込むことができ、血液の中にも酸素がたくさん行き渡るので、血行や血流が改善され、軽い病気なら快方に向かい、そのまま病気が治る場合も多々あります。

けいちゃんの場合は、一人用の筒状のタンクで、透明な寝て入るタンク、素材はちとわかりませんが、とんかく静電気をおこさない、透明な筒状タンクです。

けいちゃんのお友達、親友のデブちゃんは、大学病院で何人も一緒に入れる、高圧酸素のでっかい箱のような部屋に入って、突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)の治療を受けました。
けいちゃんは、毒を吐きました。(笑)

σ(・・。) 「そりゃあ、そうだよねえ。君じゃ一人型の筒じゃあ、入れたら最後、詰まっちゃってでてこないよねえ。それにもし万が一、爆発したらチャーシューになっちゃうもんねヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!」

デ 「、、、、、、、、、、。」

σ(・・。) 「だけどさあ、突発性難聴じゃなくて、耳の穴の中に脂肪が詰まってるんじゃないのお?」

デ 「けいちゃん、海に放って来ようか?」(笑)

σ(・・。) 「ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!」


まあ、この話は置いといて、、、。

高圧酸素です。

酸素、小学校の時に勉強しましたね。
こいつ、よく燃えます。
濃度が濃いと爆発します。

で、高圧酸素のタンクとかに入る場合、化繊や毛のものなど絶対に厳禁です。
静電気で爆発します。
一度、こういう事件、ある病院でおき、治療を受けていた患者さんたち、大火傷で治療どころじゃなかったのです。

で、けいちゃん、二人の美人と可愛い看護師さんに高圧酸素のお部屋へ連れて行かれ、カーテンの中ですっぽんぽんになり、病院の指定の着物に着替えさせられます。

それで、タンクの中にストレッチャーというので、入れられ、フタを閉め、中の圧力が高くなり、濃い酸素が流れ込んできます。
ここでは、着物をきているので、すっぽんぽんはないです。(笑)
一時間も透明タンクの中で、けいちゃんをさらしものにしておくのは、あまりにも酷でしょう。(笑)

が、が、です。

タンクに入る前が問題なのでした。
一人の美人看護師さん、
「まさか、パンツとかはいてないでしょうね」 とおっしゃり、けいちゃんのお着物の前を少しはだけて、股間を見ました。
ああ、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

で、もう一人の可愛い看護師さん、けいちゃんのお尻を着物の上から、撫で撫でしてパンツのラインがないか、確かめたのです。(笑)
ああ、そ、そこは(*^.^*)ポッ!(爆)

カーテン意味ないじゃん!!(;`O´)oおいっ!!(爆)
この治療、看護師さんが毎日交代で、二週間続きました。
が、恥ずかしいわりに、効果は少しでした。(笑)
けいちゃん、自ら入院はしないで、この治療を毎日通いで受けていたのが、、、ちょっと。(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!宿命っていうんですか?こういうの。(笑)
posted by けいいち at 14:47| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 記憶

ここは 病院の個室

テレビでニュース 山田康夫さんが亡くなった

掃除のおばさんが入ってきて

ちょっと沈んだ僕に言った

脳内出血でここまで悪いと 亡くなった方が良かったのよ って

苦しんでたら かわいそうだから と

そういうもんかな

そういうもんなのか

まあ 自ら 命をたったわけじゃない

苦しむのなら 魂が眠ってしまっているのなら

それも ひとつの優しさなのだろうか

だとも思う

でも 思う

僕のおばあちゃんは 二人とも

今の医学なら もっと長生きできた

魂も目をさましていたのに

もっと 可愛がってもらいたかった

でも いろんな優しさ

人はもっているんだな

おばさんは 本当に気の毒そうに 話してくれた

人の魂 優しさ

奥が深いな

でも せっかく与えれれた 大事な命

魂とともに 守っていこう

何かを つかめるはずだから

ルパン三世 見るたびに

僕の 頭の中で 蘇る

病院の 個室の映像

少し 涙ぐむ

でも 男だから

涙を こらえるよ

あしたを 元気に生きるため

未来を輝かせるため

記憶

うれしいこと 楽しいこと 切ないこと 悲しいこと

それを 全部もっている

だけど それが自分

僕の 僕だけの記憶

宝でもあるんだ

だから 負けない

勝つ 勝ってみせる
posted by けいいち at 14:21| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の人のオモチャは?(笑)

まあ、結婚前はとっても可愛くて、美人さんで、おしとやかで、大和撫子(やまとなでしこ)の評判も高い、愛しい奥さんも、、、。(笑)

男とは、生まれたときから、お股に受難をもっています。(笑)

結婚してから、ある男の人、大変な’ヘビの生殺し’事件に巻き込まれてしまったのです。
すっごく、可愛い美人の奥さん、毎日、二人で生まれた姿で、一緒に寝ていました。(笑)
が、旦那さん、ある日、グースカ(キリンのお化け、昔の子供番組、ブースかじゃないです(笑))寝ていたら、なんか受難のお股の間に違和感を覚えました。
(・_・?)ほえ?(笑)

起きてみましたが、奥さんは隣でグッスリ。
(・_・?)ほえ?

まあ、寝ました、旦那さん。

すると、また5分もしないうちに、またお股の間のものが、、、。
見てみました、ムシでも這っているんじゃあ、、、。(笑)
(・_・?)ほえ?また異常はありませんが、なんかアレの容積が少し増えているような、、、。
でも、奥さんはグッスリ寝ています。

変だなあ、、、ちとタヌキ寝入りして、、、と。
(;¬_¬) 何が起こるのかなっ?と。(笑)

と、数分すると、奥さんが、あの美人のほまれ高き奥さん、そーっと足のほうのタオルケットを持ち上げて、旦那さんの寝息をうかがうと、おもむろに旦那さんの股間を、、、フニフニフニ(爆)

旦那さん、飛び起きて、「こらあ〜っ!何してるんだよっ!!こんなんなっちゃただろっ!!責任取れよっ
(;`O´)o」
どんなんなちゃったの?(・_・?)ほえ?けいちゃんはわからないなあ。(笑)

すると、美人の奥さん、「冗談じゃないわよっ!!あたしゃ、疲れてるのよっ!!知ったこっちゃないわよっ!!(;`O´)o」

と怒ると、旦那さんに背を向けて、けいちゃんの親友デブちゃんの信じる、タヌキ、タヌキ寝入りをして、それから、時々、旦那さんは夜中中、お股の間に違和感があったりして、翌日、目にはクマさんを作って、元気な奥さんに 「いってらっしゃあ〜い!あなたあ〜!」 チュ、なんてされて、夏の朝の陽射しを浴びて会社へ出かけるのでした。

が、この話し、けっこう、あちこちであるのですが、警察に被害届けは出されません。(・_・?)ほえ?ふっしぎだねえ。(笑)

で、後日談があります。
一時、何かの景品でマイクロビーズ入りのクッションが当たると、スーパーなどに見本が飾ってありましたが、奥さんたちがあまりにフニフニするので、見本がボロボロになり、撤去され、あとにはお知らせと応募ハガキと対象商品だけが置かれました。(笑)
で、マイクロビーズの懸賞、全国ですごい応募がありました。
大ヒットです。o(`0´*)おおっ!(笑)

で、マイクロビーズの商品、かなり今でも大人気です。(爆)
クッションとか、大きいのはマットで、値段的にも、まあお高いと思いますが、けっこう売れちゃってます。(笑)(・_・?)ほえ?

が、怖いのは若奥さんたち、時々、フニフニのこと話し合っちゃたりしています。(笑)
(・_・?)ほえ?
で、結婚しちゃうと、旦那さん本体より、オモチャの方に、興味があります。(爆)
が、責任ってのは、なんのことか、けいちゃんには分からないのですが、責任は放棄するようです。(笑)

しっかし、女の人って、美人とか、可愛い子とか関係なく、勝手なことしてるねえ。
(;`O´)o責任って、なんだかわからないけど、とれよっ!!(笑)

で、マジである奥さんは、切り取って、虫かごにいれておけたらなあ、、、。
取り外し可能なら、会社に行ってる間は、置いていってほしいなあ、、、。
これは、ホントにマジで小説などでは、ありません。(爆)

女神様 「けいちゃん、あんたは平気よ。だってそんなムシみたいんじゃねえ、、、キャハハ」
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)

バカはこれくらいにしておきましょう。(笑)
posted by けいいち at 14:01| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドカンと一発!(笑)

けいちゃんが大好きな爆発のお話です。

この話し、新聞やテレビでも報道されました。

けいちゃんは、ニュースをよく見ます。
最近は、お隣の国のおばさんが、アカデミー賞のお芝居でニュースキャスターなのに、サインが欲しいくらい好きです。(笑)

が、ある日、日本のどこかは忘れましたが、バイク屋さんが、何もしないのにドッカーンッ!!となりました。
お店かなりダメージだそうです。

ここまでは、けいちゃんも(ーーA; アセアセの状態で見てました。
が、インタビューで店のおじさんが、傷ひとつなく「びっくりしました」 的なことを言っていたので、けいちゃん、テレビの前で、おなか抱えてヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!

いけません、こういう態度はいけません。
が、けが人も、ましてや死んだ人は皆無です。
だから、笑っちゃったのです。(笑)

じゃ、何が爆発したのでしょう?
それは、バイク屋さんのお店の床下深く、地面の中にありました。
アメリカと昔、大ゲンカしていた時、アメリカさんは、バイク屋さんの場所に爆発を忘れた、いわゆる不発弾というお土産を置いていったのです。

が、それとみんな気づかず、その上へガンガン工事して、お店を作っちゃいました。
で、ドッカーンッ!事件がおきたのです。
(・_・?)ほえ?どうして、いまさら?

不思議と言えば不思議です。
工事しているときも、ガンガン基礎工事とかやったはずです。
しかも、そのあとだってガンガンやって、お店のおじさんはバイクのエンジンをブルンブルン吹かしてみたり、振動もけっこうあったはずです。

が、いままで爆発しなかったのです。
でも、バイク屋さんって、ガソリンとかけっこう置いてあるじゃないですか。
ただ、爆発して、けが人もいなかったのは、まあ、うれしい奇跡としか、神様が守ってくださったに違いありません。

でも、インタビュー、「どんな様子でしたか?」 より、もっと気の利いた問い方ってのが、あるとおもいますね。けいちゃんは。(笑)

女神様 「人の不幸を笑うなんて、ちょっとこっち来なさい!」

(・_・?)ほえ? 女神様 「ちょっとこれをお口にくわえなさい。で、ライターでと、、、」

(・_・?)ほえ? 「なんだ、TNT(電話の会社じゃなくダイナマイト、、、)」

ドッカーンッ!!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!あああ、、、。

女神様 「あらあ〜!火薬の量を間違えちゃった。キャハハ、、、ま、次の機会に、、、ね。☆^ヽ(-。・)ゝウッフーン♪」 (爆)

てな具合です。
どんな具合だっ!!(;`O´)o(笑)
posted by けいいち at 13:25| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまたおはようございます。(*^▽^*)ノハーイ!

おはようございます。
午後から、おはようございます。m(_ _)m(笑)

きょうは、正午に目ざめ、ブランチとお茶です、例のごとく。
で、少しまだ頭がボーッとしていますが、エンジン・スロットル全快でいきましょう。

それでは、本日もお付き合いよろしくです。m(_ _)m
posted by けいいち at 12:49| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうもありがとうです。m(_ _)m

きょうも無事に過ごせ、元気100倍ってところです。

が、右肩外れているのが、濃厚です。(笑)←笑い事かな(・_・?)ほえ?

でも、秋に入院ですので、それまで持ちこたえようと、、、。(笑)

このブログ、関係者が見ると、一目で誰が書いているのかが、バレるようです。(笑)
バックレちゃえっ!!(笑)

このブログ、始めてからすごく身体の調子が良くなってきて、腰の筋肉が付き、背筋が強くなってきて、ベッドから起き上がって、座椅子ですが、座っていて腰の痛みが消えました。

このブログ、みなさんの暖かい愛情で成り立っています。

下らないことも多く書いてありますが、ノンフィクション小説(ウソじゃない小説(* ̄m ̄)プッ)という小説なので、、、。
けいいちくんは、ドラマやマンガや可愛いウソとか、人のためのウソはいいと思いますが、ウソは基本的に大嫌いです。(笑)

自分的には、きょう思い出したのは、「ハイオクの人」と言う小説の話です。(笑)
自分でも、思い出したら、腹抱えて、涙がでました。(笑)
まあ、「検査の話し」は、ちょっと男には怖い話ですが、ホントのところ、実際にそれがあるのかは、まだ判明してませんし、怖いので確かめていません。
(* ̄ノ∀ ̄*) ヒソヒソ、、、小説、小説だってば、、、(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

とにかく、みなさんお付き合いありがとうございます。
m(_ _)m

Sweet,Sweet Dreams For You! Tonight!

きょうも素敵な夢をあなたが見られますように!

Good Night! m(_ _)m お休みなさい。
posted by けいいち at 00:54| ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。