2009年06月19日

このブログ?

このブログって、どう見ても’生活’じゃないよねえ。

違いすぎると思う。(笑)
どうかな?
あ、『ルパン三世』 を見ます。(笑)
posted by けいいち at 20:57| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男の受難、またまた真面目なタマの話(笑)

まあ、風呂入ってて、思い出した話だけどね。

どんなかっこいい男でも、すっぽんぽんになると、笑える部分があるよね。(笑)

でもさ、事故がおきると、話を聞いたら、男は笑えないようだけど、笑っちゃおう。ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!

ある所にお父さんと優しいお母さんと、二人の娘がいました。

娘の上の子は、小学校一年生、下の子はまだ幼稚園で、お父さんと一緒にお風呂に入っていました。
で、娘たち、お風呂場の洗い場でキャッキャッと遊んで、二人で狭い風呂場で、駆け回ったりし始めました。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ(笑)
お父さんは、もう出るぞ!!と娘たちに言うと、湯船から上がって、自分の身体をタオルで拭いていました。(笑)(*¨)(* ..)(*¨)(* ..)うんうん♪(笑)

が、突然、娘の小学校一年生、つるっと滑って、転びそうに、、、。(・_・?)ほえ?
が、助かりました。

ぎゃあああああ〜!!お父さんは気絶しました。
幸い頭を打たなかったものも、風呂の洗い場のマットの上に股間から、血を流して、救急車で運ばれました。( ̄△ ̄;)エッ・・?

長女がつかまったのは、お父さんの袋と、太ももでした。(笑)
で、破けちゃいました。
長女は転ばずにすんで、お父さんはその場に悲鳴を上げてくず折れました。

けいちゃんは、嫌です。(* ̄m ̄)プッ(笑)


で、けいちゃんちに夜になって、親友のデブちゃんから、お電話が入りました。

デ 「けいちゃん、どうしよう、袋が晴れ上がっちゃってさあ、病院行ったほうがいいのかなあ?」

なんでも、次男が風呂の湯船に飛び込んできて、湯船の中にいたデブちゃんの股間に足先がストライクしてしまったそうです。
次男、お見事っ!!!
(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!(爆)

けいちゃんは言いました。

「行った方がいいかもしれないけど、見せるようだよ。お医者さんと看護師さんに、、、、、(* ̄m ̄)プッ」

けいちゃんの悪意を感じた親友のデブちゃんは、診察してもらうのを諦め、自然治癒にかけました。(笑)

でも、笑っちゃうよねえ。(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!(笑)

※注意、、、上の例でも下の例でもこれくらいのことで、救急車を呼んではいけません。 本当に大変な病気や発作で倒れた人の迷惑です。
posted by けいいち at 20:47| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デート?(・_・?)ほえ?(笑)

けいちゃんが今よりもずっと若かった頃、、、。

ある某町田という東京へ行きました。
お母さんとお買い物です。

ある某アストリアというお店(女性の洋服、センスのいいのがたくさんあります。後輩のお姉さんが勤めてました(笑))にお母さんが入ったので、けいちゃんは前の噴水広場で噴水のところで、縁石に座って、休んでいました。

その時のけいちゃんの格好は、長い髪の毛(肩までありました)、全体が真っ赤で、襟の白いツートンカラーのトレーナーの上着(プレゼントされた大事な品物)と、スリムジーンズ、黒の野球ボールのマークの入ったスニーカーでした。
で、けいちゃんの顔って言うと、けいちゃんはお母さんの子供の頃のコピーですから、ちょっと顔もそんな感じですし、おまけに親戚に某大女優がいて、その血も入っているので、何か違うのでしょう(笑)
さらに、声はまるっきり、母親とおんなじです。(笑)

と、そこの噴水広場でスケボーをやっている高校生など眺めていたら、けいちゃんの横に人が座りました。
少しけいちゃん、ムッとしました。
他に座るところは、ありあまっています。(;`O´)oあっち行けよっ!!(笑)

が、おやじでした。
が、きちんと頭の毛を分け、黒ぶちのダサい眼鏡をかけ、面長で、茶色のタータンチェックのYシャツと黒のズボンを履いている、紳士です。(笑)

で、いきなりけいちゃんに話しかけてきました。

おやじ 「お嬢さん、どこから来たの?」

σ(・・。) ((・_・?)ほえ?(-_-メ)お嬢さん!?)とムカついて心の中で言いました。

で、無視しました。(笑)(・へ・)ふんっ!!(笑)

が、一方的におやじ、しゃべります。

おやじ 「私んちは、このちかくなんだけどね、来週の土曜日、デートでもしない?」

σ(・・。)心の中で (なんだ、こいつはっ?(~_~メ)デート!!)

おやじ 「来週の土曜日、またここで会って、お食事でもしない?」

σ(・・。) さすがに頭きて、

    「あの俺、おとこですがっ!!」 (;`O´)o言ってやりました。(笑)

が、おやじひるまず、

おやじ 「またまたあ、恥ずかしがらないでいいんだよっ!じゃ、来週の土曜日、またここでねっ!」

と言うと、スタスタと某アストリアの前の道を小田急という駅の方へ、歩いていってしまいました。

(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえええええ?
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(;`O´)oなんだよっ!!(笑)

やがて、けいちゃんのお母さん、お洋服を買ってお店から、出てきたので、けいちゃんは事の顛末を話すと、プッと噴出して、

「また、女に間違えられたの?(笑)にしても、変な男っているんだねえ。いい年してナンパってのするんだねえ(爆)}

と言いました。

けいちゃん、腹を立てて帰路に付きました。
ビートルズの丸いバッジと、文庫本を買ってから。

で、次の日、後輩が何人か来たので、この話をしたら。

彼らも噴出して、、、口々に

「先生、それは土曜日に言ってみるべきですっ」 「食事だけして、逃げればいいじゃないですかっ。先生!!」 「先生、俺らもついてっておやじを捕まえましょうかっ」

とか言っていました。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
ちなみに、先生というのもけいちゃんの別のニックネームです。(笑)
posted by けいいち at 17:52| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あああ、まずいっ!(笑)

けいちゃんが今よりもずっと若かった頃、あるお友達と車でドライブしてました。

もう真っ暗な夜で、空にはお星様です。
散々走って、とある公園の大きな駐車場に付きました。

そこで、ジュースを買って一休み。
車を停めて、エンジンを切って、ライトも消して、公園のライトの下の方なので、少しジュース飲んで、トイレに行って、休憩です。

が、けいちゃんたちのところから、少し離れた所にも車があります。
みんなライト消して、真っ暗です。(笑)

で、けいちゃんたちの車の前に大きい車が来ました。
それにしても、暗い場所になんで、停めるんでしょうか?

かなり離れていますが、どうやら男の人と女の人がわずかな光の中で話しているのが分かります。
けいちゃんたちの車もライトもエンジンも切ってあるので、ジュース飲みながら、ゆったりしています。
こちらも少し話をしながら、、、。

が、突然、運転手のお友達、 「あああ、まずいっ!けいちゃんしゃがめっ!!」 と言い、しゃがんで身を隠しました。
けいちゃんは、何のことだか、分からず、でもまずいっと言うので、いっしょに身を隠します。

で、お友達言いました。

「けいちゃん、あ、あいつら、前のやつら、おっぱじめやがった!」

σ(・・。) 「(・_・?)ほえ?おっぱじめる?(・_・?)ほえ?なにを?」

けいちゃん、好奇心の人です。
そーっと、頭を高くして、フロントガラスから前の車を見てみると、、、

何か様子が違います。
大きな車、少し揺れています。
気のせいかな?

カップルがいません。
が、何か大きな桃のようなものが、弾んで見えます。(笑)
上下に弾んでいます。(笑)
で、その両側に人間の脚のようなものが、かなり開いて見えます。(笑)
(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほええええええ?(爆)

運転手の友達もハンドルの横から、少しフロントガラスの上に頭を出すように、前の車を覗いて、

運転手 「ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!あいつら、激しいな。こんな場所で。」と大笑いしてジュースどころじゃありません。

けいちゃんが見てみると、大きな桃みたいのが、上下に弾んでました。
けっこう、スピードに乗って、リズムよく、、、(・_・?)ほえ?(爆)
桃を挟むように、両側に人の脚みたいのが、大きく大きな車の天井の方に上がっています。
心なしか、大きな車が少し動いてゆれているように見えましたが、地震はありません。(爆)

が、そのうち、公園の大きな駐車場にパトカーが入って来ました。(笑)
で、不思議なことに、その次の瞬間、大きな車の中に、またカップルが出現しました。
引田天功のマジックショーでも、真夜中の公園で開かれていたんでしょうか?
で、警察の方が警備に来たのでしょうか?(・_・?)ほえ?(爆)

が、パトカーから、警察官が二人で降りてきて、前の車のカップルを注意していたようです。
で、警察官の方、けいちゃんたちの車にもやってきて、窓を開けさせ、「君たち、早く帰りなさい!」 と注意されました。

だけど、不思議なことに、周りのポツポツ停めてあった真っ暗な車にも人が乗っていたらしく、カップルがいっぱい車で公園を出て行きました。( ̄△ ̄;)エッ・・?(笑)
なんだったのでしょう?
運転手のお友達も、けいちゃんもはじめてきた公園なので、引田天功ショーが真夜中に開かれているのを、まったく知らないで大損をしました。(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)

昔のお話。
時効になりました。(笑)
posted by けいいち at 16:36| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カニ釣り(笑)

湘南や、三浦半島では、カニ釣りと言うのがあります。

ワタリガニと言うとてもおいしいカニが、冬の初めに採れます。
このカニは、ほんとにおいしくて、スーパーでも売ってますが、採ったカニの方が、明らかに味が濃く、食べる時には、無口になっちゃいます。(笑)

カニをとる方法は、おおまかに分けて、二通りです。
かごにエサを入れて、一晩海の底につけておくか、あるいは、カニ網という網をエサをつけて投げ竿で投げて釣るのです。

けいちゃんと親友デブちゃんは、けいちゃんの提案で、ある日、ある港でワタリガニ釣りをやってみることにしました。
デブちゃん、気乗りがしないようです。
が、第一投で、二匹も釣れてしまい、デブちゃん、目の色が変わりました。ヾ(ーー )ォィ(笑)

さあ、二人とも夢中になりました。(笑)
少し寒いのですが、途中、どこかのおじさんが何を釣っているのかと、尋ねてきました。
と、その時、デブちゃんは側に捨ててあった、死んだ小さな、うずら豆みたいに小さなカニを手にすると、

「カニを狙っているんですが、全然釣れなくて、、、こんなのばかりです、、、」 と、演技上手にアカデミー賞もんにがっかりして、疲れた様子をしていました。(笑)
決して、クーラーボックスのふたを開けて、中身を見せることはなく、おじさんは「ふーん」 と言って、行ってしまいました。(笑)

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!けいちゃん、確かに黒い心、デブちゃんの黒い心を見ました。
ま近くで、、、、、。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)
あの、優しいデブちゃんも黒い心がどっさりです。(爆)

デブの原因がハッキリしました。
食欲は、おいしい物は人を変えてしまいます。(笑)

デブちゃん、でもバチが当たりました。
釣り針で、エサをつけた竿を置いておいたら、すごい当たりが来て、釣り上げてみると、、、
ぎゃああああああ〜っ!!!!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!

おっそろしい、ダイナンウミヘビという、とても怖い銀色の長いものが、次から次へ釣れました。(笑)
ウミヘビと言っても、毒はなく、ハモのようなものですが、歯がするどく、危ないし、第一、すっごく怖い顔をしていて、危ないので釣り針を糸ごと切るしかありません。

で、けいちゃんがワタリガニの網で釣ってみると、エサのサンマの切り身に大きなウツボがからまって、大変です。
が、逃げました。
と、デブちゃん、ランボーになって、けいちゃんをすごく怒りました。
あわてるからだ、ウツボはうまいのに、、、、、と。

が、網にはエサが縛ってあるだけで、針がついていないので、ウツボはえさに噛み付いて、からまっていただけです。
そうけいちゃんが抗議すると、デブちゃん、あ、そうかと元の仏の顔に戻りました。
食欲は、人を変えます。(爆)

その日、けいちゃんとデブちゃんは、それぞれクーラー一杯の大きなワタリガニをたくさん持って、喜んで帰りました。

が、デブはそのあと、一人で、あるいは自分の子供を釣れて、けいちゃんを連れずにワタリガニ釣りに何度か行っていたようです。

食欲は体重も増やしますが、心を悪魔にさえ売ってしまうのでした。
きょうも、デブちゃん、ダイエット、ダイエットと言いながら、ますます太っていきます。(爆)
(;¬_¬) バッカじゃないのっ!!(;`O´)o(笑)
posted by けいいち at 16:12| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶち壊せ!

太陽がさんさんと 光を投げかける

暖かな光が 生きている喜びを 感じさせてくれる

そんな幸せな僕に 影が迫る

だれだ 影で 僕を被う奴は

来るなら 来てみろ

ぶち壊してやるさ

大地にしっかりと立って

影を 影の悪魔を 追い払ってやる

ぶち壊してやるさ

本当の僕の強さ 見せてやる

僕の心の光の剣

くもりはないぞ

くもりは消えたんだ

影の奴 切り裂いて 粉々にぶち壊してやる

さあ かかって来い

今こそ 僕の心の強さ

知るがいい

ぶち壊してやるぜ

心を壊そうとする 黒い奴

僕は また強くなる

何度も 何度も 倒れても

何度も 何度も 起き上がってやる

きょうも あしたも 


未来は みんなといっしょに

輝くんだ

みんなといっしょに

愛しい人といしょに

ダイヤモンドよりも

綺麗な まぶしい光

それは僕と みんなのものだ
posted by けいいち at 15:46| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやじ盛り(・_・?)ほえ?(笑)

けいちゃんは、ある日、大掃除をして、自分の部屋の本をいくらか、捨てに資源ゴミの日に、朝からゴミ出しです。
 
本を捨てるのはもったいないのですが、本が置いてあるゴミの場所へ来てみると、新聞といっしょに挟むように、なにやら、明らかに普通のご本じゃないのがありました。(笑)
けいちゃんが自分では買えないご本のようです。

(;¬_¬) さて、周りには誰もいないね。
ピョーン°゜°。。ヘ(;^^)ノ スタコラサッサっと、けいちゃんは、本だけまとめて抜き取ると、カーディガンの内側に包むように隠して、おうちへ走りました。

玄関を通って、親にも見つからないように、二階の自分の部屋へ。
で、さっそく読書の始まりです、、、と思いました。(笑)

が、妙なご本がありました。
『サムソン』 『おやじ盛り』、、、(・_・?)ほえ?(笑)
なんか、みんなお姉さんの裸の載っているご本ではないようです。

けいちゃん、『サムソン』 というのは、本屋さんで変質者の人が買っているのを見て、どんなご本か、自分でも手にとって確かめたので、知っていますが、、、。

『おやじ盛り』 てご本、見たことも聞いたこともありませんでした。(笑)
(・_・?)ほえ?(笑)

で、表紙からしてすっごいです。
眼鏡をかけた、短いサラリーマン風の髪の毛の男の人が、白いふんどし一丁で、イスに座って、パンパンに膨らんだ、タヌキのようなお腹を平手で、撫でているような写真です。(爆)
裏表紙もそのようなおじさん達が二人で抱き合ってるのが写っていて、ビックリもんでした。(笑)

大変です。
けいちゃんは、自分の説、変態ってこの世の中にいるって言う事が、証明されてしまったのです。(笑)

中身、見てみましたが、けいちゃんの男の子は、小さくなるどころか、隠れてしまいました。(笑)
が、近所のゴミ置き場から、けいちゃんが盗ってきたものです。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!

タヌキ腹のおじさんのフンドシ写真集、それも二人で抱き合ったり、ムチで打ったりしあったり、女の人の裸の本が一つもありません。(爆)

けいちゃん、このご本(全部で六冊)を一応、後学のために見てから、気持ち悪くなって、紙袋に入れて、さらに手提げの袋に入れ、スクーターで東名高速道路の近くの山の中に不法投棄しました。(笑)
仲間にあげても良かったのですが、彼ら、口が悪いので、けいちゃんの趣味にされるのが、嫌でした。(笑)

しかし、問題なのは、けいちゃんのご近所のゴミに出してあった、異常な変態本の数々、男同士の本。
と、言う事は、けいちゃんちの近くにド変態がいるってことじゃありませんかっ!!
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!
けいちゃん、変態はいるどころか、身近な、近くにもいると言う事を知りました。(爆)
これなら、まだけいちゃん、ドMと言う恥ずかしい疑いを掛けられましたが、そっちの遊びの方が、まだ女の人が混じっているのでいいと思いました。(笑)

いるんです、やっぱりこの世の中に、変態さんは、、、く( ̄^ ̄) はっ!!あ、それは兵隊さんです。(爆)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)(・_・?)ほえ?
ご近所の変態さんは、何にもしらんぷりでいるのですね。あああ、、、(笑)
posted by けいいち at 15:35| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯人は?(酒豪の話)(笑)

あるクリスマスが近づいた日、ちょっとした悲劇が、ある家庭で起きていました。

クリスマス・イブにちっちゃな子供たちに買うはずの、プレゼント代が封筒に入れてあったのですが、そっくり消えていたのです。Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

子供たちは、既にサンタさんは、お父さんであることを知っていたので、お父さんにゲームを買ってと二人でお願いしてました。
けっこう、高いゲームですが、貯めておいた封筒の中のお金は、ゲームを買うには充分でした。

お父さんの酒豪、子供たちにお酒を呑みながら言い聞かせます。

酒豪 「うちでは、クリスマスはやらない!!」

子供たち 「えーっ!!」 少し泣きます。

酒豪 「うちは、キリスト教じゃないし、うちにサンタは来ないっ!!」( ̄^ ̄) (笑)

のちに、子供たちはちゃんと、プレゼントを買ってもらいました。
酒豪のうちでは、看護師のお母さんがサンタさんです。(笑)

で、次には、またまた封筒ごとお金が消えました。
その封筒の表には、ディズニーランドと書かれていました。(笑)

二人の可愛い酒豪の娘たち、泣きます。

が、お酒の入った酒豪、子供たちに言い聞かせます。

酒豪 「遊園地なら、日本ので充分だ。アメリカまで行く必要はないっ!!」

(・_・?)ほえ?千葉にあると思うな、、、けいちゃん。(笑)

酒豪さらに、 「ネズミなら、お父さんがハムスターを買ってやるっ!!」


子供たちさえ、犯人を知っています。
盗人たけだけしいもいいところです。ヾ(ーー )ォィ(笑)

ある日、酒豪がパチスロ屋さんで、

「待ってろ、倍にして返してやるからなっ、へへへ」 と笑いながら、

お札入れから、表にディズニーランド、盗むな!!と赤で書かれた封筒を取り出してお金を出していました。

が、しばらくして、優しい看護師の奥さんも怒り、酒豪に、リコンと言う魔法の言葉を言いました。
それから、酒豪の家には、泥棒が出なくなりました。(笑)

さて、犯人は誰だったのかな?(・_・?)ほえ?(爆)
リコンってすごい魔法の言葉だねえ。(笑)(o_ _)ノ彡☆ギャハハハッ!バン!バン!(笑)
posted by けいいち at 15:06| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムクムク(笑)

けいちゃん、手術を受けて、大分回復してきましたが、まだベッドの上に寝ていました。

大事なところには、バルーンというおしっこを袋に溜めておくためのチューブが、通っていました。
毎日、毎日、そこから、生理食塩水と言うのを入れて、また抜いては膀胱を現れていましたが、時々、バルーンチューブと言うのを交換しなければなりませんでした。

で、その日、ちっちゃいおばさん(可愛い系)が、それを交換しにやってきたのですが、けいちゃんは回復途中なので、少し感覚も戻ってきていました。

が、チューブを看護師さん、交換し始めたら、けいちゃんの男の子、少し大きくなっていましました。
きゃああ、、、恥ずかしい(*^.^*)ポッ!まあ。(爆)
大きさのコントロールは残念ながら、できません。(笑)

ところが、看護師さん言いました。

「あ、こんなんなっちゃった。ムクムクして、、、、、」

σ(・・。) Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!そんなこと言うなんて、、、。

で、男の子、巨大化しちゃうと、チューブが入りにくいのです。(ーーA; アセアセ
が、看護師さん、無理矢理入れました。
血が出ました。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん
ちょっと、痛かったです。(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)
それで、抗生物質で膀胱を洗われました。

辛い、恥ずかしい体験でした。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 14:48| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ海軍(ネイビー)のいい加減。(笑)

すっごい昔のお話です。

けいちゃんは、幼稚園入園前で、一人田舎のお父さんのお店の前で、一生懸命にドロダンゴを作っていました。(笑)

で、しばらくそれを続けていたら、突然少し離れた方から、ゴゴゴゴゴゴ〜ッ!!キシュ、キシュ、キシュ、キシュッ!!って変な音がします。
けいちゃん、ドロダンゴつくりをやめて、しばらく道路の音がするほうを眺めていました。

と、すごい土煙といっしょに、けいちゃんの目の前をプラモデルの大きいのが走っていきました。
アメリカ海軍の戦車と言うものでした。(笑)
わあ、かっこいいなあ、とそう思いました。(笑)

ある日は、大きなトラックです。
その上には、ミサイルというようなものが積んでありました。
わあ、かっこいいなあ。(笑)

ある日、アメリカの海軍のおじさんは、けいちゃんのお父さんのお店へ来て、いろいろ遊んで帰りました。
すると、コルトと書かれた、小さな白い箱が残されていました。
中には、銃の弾というものが、びっしりつまっていました。(笑)
けいちゃんのお父さん、慌ててアメリカ人に返しに行くと、「いいから、おまえ、持ってろよ」 みたいな英語が返ってきましたが、その弾の詰め合わせセットはちゃんと、返しました。
アメリカ人のおじさん、渋々それを受け取りました。(笑)

ある日、中学生のけいちゃんとお友達が、アメリカ海軍の施設の前を通ると、兵隊さんたちが芝の上で、横二列にきちんと並んで、黒光りするマシンガンを布で綺麗にお手入れしてました。
と、けいちゃんとお友達に狙いを定めました。(笑)
けいちゃんもお友達もビックリしました。(笑)
銃は、冗談でも人に向けてはいけません、いくらジョークの好きなアメリカの人でもね。(ーーA; アセアセ
(笑)
数日してみたら、彼らがマシンガンのお手入れをしていた、金網と道路を挟んだ、向かい側の倉庫の天辺のほうの壁に、綺麗なちっちゃい穴がたくさん空いていました。(ーーA; アセアセ(笑)

戦後はるかに時間が経ってからのお話ですが、さすがにアメリカ海軍、けいちゃんの命の恩人でもありますが、大変おおらかな国民です。(笑)
ま、小説ですので、問題ないでしょう。( ̄^ ̄) (笑)
posted by けいいち at 14:37| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧血。(笑)

けいちゃんは、大手術のあと、後遺症から’イボ痔’というものになり、毎日お尻から大出血で、便器を真っ赤に染め、貧血を起こしました。
痔で命を落とすところでした。マジ。(笑)

別の貧血ってのもあるそうで、脳貧血ってのがそれです。
座った状態から、いきなり勢い付けて立ち上がると、クラッときたり、あんなのがそうです。

ある日、けいちゃんは病院へ行って、検査の採血の順番を採血している机の後ろにあるイスに座って、待っていました。
先に採血されてたのは、けいちゃんの親友のデブちゃんよりも一回りも大きな脂肪の人でした。
と、どうでしょう?(なにが?(笑))

その脂肪の固まり、ラードマンは、採血の注射針を看護師さんにチクリとされた瞬間、こともあろうに後ろのほうへひっくり返りそうになりました。
けいちゃん、危機一髪!!!
危うく、潰されるところでした。
その危機を救ったのは、看護師さんたちです。
ラードマンが倒れる時に、注射器を持っていた看護師さん、「あっ!貧血っ!!!」 と叫んだら、周りにいた看護師さんたち数名がすばやく飛んできて、で、ラードマンの重い身体を支えたのでした。

身体の大きさと気弱は、比例しません。(笑)

で、ある日、ちょっと怖いという美人系の看護師さんが、けいちゃんがまた採血を待っている時に、入って来ました。
けいちゃん、少し貧血なのに、座っていた長いすから、身体が勝手に起立していました。
両手を身体の横にきちんと伸ばして、、、。
別の看護師さん、「ほら、けいいちくん、立っちゃったよ!」 と言い、周りが笑っていました。(笑)
その看護師さん、あとで言いました。
「けいいちくん、あたしもあの人(ちと怖い看護師さん)は、ちょっと苦手なの」 ってね。

それにしても、貧血の身でありながら、反射的に起立したって、いったいなんだったのでしょうか?
自分の謎です。(笑)

女神様 「けいちゃん、長いモノには巻かれろ!怖いモノからは逃げろよっ!!、、、ま、これはウソよっ!!キャハハ、、、血い、吸うたろかいっ!(;`O´)o」(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 14:08| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒豪と酒乱と、、、。(笑)

お酒の呑める量って、人によって違うのは当たり前です。

けいちゃんの親友、プロレスラーみたいな、サムソンみたいな酒豪は、まあ、いろいろなお酒を一度に呑んで、こたつの上を空き缶や空きビンでいっぱいにします。
ウィスキーだと、ダルマってボトル1本とワイルドターキーなんてのをついでに空けちゃいますが、これでは、まだ大丈夫。
ま、普段は3リットルくらいはいって、お値段の安い焼酎とか、2リットル千円しないウィスキーとか呑んでます。(笑)
エチルアルコールと言うのを、水で薄めて、酔っていた酒豪に、けいちゃんは呑ませたこともありますが、大丈夫でした。(笑)
化け物です。きゃあ〜!ヽ(^。^)ノ(笑)
酒豪は3リットルほど、焼酎とか呑むと、少し瞼がとろんとなって、けいちゃんにいろいろ家庭の悩み、下半身の悩みなどお話してくれます。(爆)
ついでに、看護師の奥さんの下の悩みまで話してくれたりして、気前がいいです。(笑)
まあ、(*^.^*)ポッ!(笑)とけいちゃんはよく理解できませんが、、、。(笑)

さて、けいちゃんが今よりずっと若い頃に、お友達の元彼女、酒乱という病気の女の人のお酒の相手を、お小遣い、本代のためにしていた事があります。
彼女は、ホステスというお仕事で、お酒は強いのですが、アパートでけいちゃんを話し相手に男の悪口とか言いながら、ウィスキーのダルマのビンが空になります。
そして、さらにウィスキーのダルマのビンが追加され、半分ほど呑んだあたりから、突然オオカミに変身します。(笑)←笑い事じゃないんだけどね。(ーーA; アセアセ

で、近くにいたちっちゃな、いたいけなけいちゃんを、食べようとするのです。(笑)
でっかい身体の女の人で、少しポッチャリにお姉さんは、いきなり目つきが変わってきて、「てめえっ!」とか男にまで変身して、けいちゃんに掴みかかったり、のしかかったりして、けいちゃんは何度も怪我までしてしまいました。
いろんな意味で女オオカミは、けいちゃんを食べようとしていました。(爆)
が、お小遣いは、万札なので、命かけてましたね、けいちゃんは。(爆)ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!

ま、詳しくは『酒乱のお姉さん』 とかに書きましたので、ご覧下さい。(笑)

で、けいちゃんは、主にビールです。
まあ、ビール3リットルが限界ですね。弱いです。
ウィスキーは嫌いですが、高級なナポレオンとか、ワイルドターキーとか臭くないのは、少しいただきます。
焼酎は呑みません。

ちなみに親友の一人、デブちゃんはビールコップ一杯でグロッキーです。
下戸といい、遺伝子に関係する、お酒の呑めない体質です。
デブなのに、、、あ、、(笑)

posted by けいいち at 13:51| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちと寝不足で。

また、お昼過ぎのおはようです。←ちっとも早くない!(;`O´)o(笑)

きのうは、早く一度寝て、夜の12時に目覚ましで起きました。
『モヤモヤさまぁ〜ず2』 は、毎週かかせません。(笑)

で、それから少し起きていて、本を読んでいたら、プーンと耳元で音が、、、。
だいっ嫌いな蚊の羽音が、耳元で、、、。
蚊取り線香とキンチョールで退治です。
いっしょの部屋の猫ちゃん二匹が、蚊を見つけて、退治の邪魔でした。(笑)

ようやく、退治して寝たのは、四時過ぎでした。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん
網戸が猫に壊されていました。
蚊も入るわけです。
三匹も退治しました。(笑)

きょうは、『ルパン三世』 『タモリ倶楽部』 『検索ちゃん』 があるの日です。(笑)
毎週、かかせません。(笑)

おはようございます。m(_ _)m
posted by けいいち at 13:28| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。