2009年06月17日

ちと横に。m(_ _)m(笑)

けいちゃん、かなり体力も付きました。
これも、皆さんが見ていてくださるおかげです。

が、きょうは、ちょっと痛みがすごいです。
もっと、話をしたかったのですが、、、。

で、小説です。ノンフィクション←(・_・?)ほえ?(笑)
という、ジャンルの小説で、、、、、。ネタまだまだいっぱいです。(・_・?)ほえ?(笑)

が、きょうは、痛みがすごいです。
痛みには強く、ドSのお姉さんもへへへと喜びますが、(笑)ちと、耐えられないので、ボルタレンと言う座薬を使って、きょうは痛みを止めて、ゆっくりしたいと思います。

けいちゃんの幽霊の体験談は、大したことありません。
声を聞いたのです。
けいいちと誰かが、呼んだのです。
幽霊じゃなくて、キツネやタヌキ(笑)だったのかもしれません。(笑)

痛み少しよくなりましたが、パソコンのキーボードそろそろ打てません。

みなさん、いつもごらんくださってありがとうございます。
m(_ _)m

早いですが、 Sweet Dreams For You !

あなた自身のために、良い夢を。
お休みなさい。m(_ _)m
posted by けいいち at 20:33| ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨時、幽霊話。(・_・?)ほえ?(笑)

けいちゃん、幽霊って基本的に信じません。( ̄^ ̄) (笑)

が、見たことないとか、言ってません。(・_・?)ほえ?(笑)
が、見ても言わないし、知りません、基本的に、、、。(・_・?)ほえ?(笑)

聞いたお話のうち、病院で聞いたお話は、すごかったです。

ある有名な病院では、女の患者さんたち、いいおばさんなのに、エレベーターで下まで降りたら、霊安室の前まで来ました。

みんな(・_・?)ほえ?ってな具合で歩いていくと、お仕事しているおじさんに怒られました。
そっちから、どうやってきたかと、こんなところにどうしている!と。
で、エレベーターで来たと言うと、そっちにエレベーターはない!と。(笑)
で、おばさんたち、行って見るとそこは確かに壁でした。(笑)
妄想じゃないの?みんな酔っ払ってたんじゃないの?(笑)

で、けいちゃんの後輩たち、怖い者知らずで、わざわざ幽霊ってのを見に行きました。(笑)
でね、湖まで車で4人で行きました。
ほーら、やっぱりいないのでした、幽霊なんて。(笑)

で、帰ろうとして、車に乗り込むと、湖の上に突然、何か発光体がピカピカ光って、それが、車に近づいてきます。
(・_・?)ほえ?UFOかなあ。(・_・?)ほえ?(笑)
(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえええええ?(笑)

後輩たち、「ぎゃあああああ〜っ!!で、でたあ〜っ!!!」

って、まだ車のドアを掴んでいた人を引きずりながら、運転している奴は、その人を引きずりながら、アクセル全開で、、、、、。
でも、その人は靴の先が少し減ったけれど、無事にお家に怪我もなく帰ることが出来ました。(笑)
でも、自分たちで見に行ったのに、せっかく出てきたら、逃げちゃうって、お茶でも一緒にって、一言がなぜ言えなかったか、、、不思議だよねえ。(笑)(・_・?)ほえ?(笑)

が、けいちゃんはよく看護師さんにお世話になっているのに、その関係はそういう話がないか?って、、、、、(笑)

まあ、けいちゃんの同級生の看護師、話してくれました。(笑)

どってことないんだけど、看護師の先輩で、とてもよく働く尊敬する人がいたそうです。
が、看護師さんだって、病気はします。
あっけなく、亡くなっちゃいました。

で、ところが、その先輩、亡くなっても少しの間、ちゃんと働いていたんだそうです。
(・_・?)ほえ?働き者だねえ〜?ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

先輩は、別の病棟だったので、けいちゃんの同級生、直接は見ませんでしたが、、、。
一時、静かなパニックがあったそうです。
それに、その先輩看護師さん、時々しか働かなかったそうです。(笑)

なんか、最後の話が一番いやです、けいちゃんは。(ノ△・。)ばかあ〜(笑)

同級生看護師 「今度、あたしも助産師さんの資格取るのよ、あたしも働き者だし、、、プロだしね、、、」

そう微笑むと、パッとけいちゃんのお部屋のロウソクが消えました。←いつの時代だっ(;`O´)o(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!
周りは、野原で、けいちゃん、ウマのおしっこのお茶を飲んで、ウマのうんちのおまんじゅう、おいしそうに、、、、(爆)

なーんだ、キツネじゃないかあ、、、、、(爆)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(o^-^o)へへへ。
posted by けいいち at 20:25| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンツの話(笑)

けいちゃん、きょうはお夕飯もお風呂もすませました。

お夕飯は、お母さんがいないので、近所のお寿司屋さんから、上握りの出前で満足です。(笑)

まあ、けいちゃん、前にお寿司も自分で握るお勉強しました。
タナゴコロなんて、言葉も覚えて、自分でマグロのお寿司とか握り、満足してましたが、プロのお寿司屋さんの握り方を見て、驚きました。

手を返したり、いろいろやるのを見ていたら、見えません。(笑)
プロはプロで、蛇(じゃ)の道はへびです、、、(違う)、、、(笑)

が、早業過ぎて見えなかったのです。
プロとは、長年の修行の上に大変なモノだと思いました。

が、中学三年のけいちゃん、美術は常にトップで、成績が良く、絵も工作もすごくうまくて、みんなに褒められました。
が、当時女の子の班に入れられて、けいちゃん、美術の時間も女の子と一緒に宝石箱を鎌倉彫ってので彫っていました。
周りの女の子、 「逃げたら、ぶつからねっ!!(笑)」 とか言いながらも、けいちゃんの鎌倉彫を感心して、眺めていました。(笑)

で、けいちゃんは制服で彫っていましたが、女の子たちは、上は体操着、下は制服のスカートでした。
でね、けいちゃんの前に座ってた女の子、突然立ち上がり、けいちゃんのいる目の前で、スカートを上へ下へバタバタとふって、彫刻の木のくずを払い落とし始めたのです。まあ、(*^.^*)ポッ!(爆)
その子の隣の女の子、木くずを一緒にはたいてあげました。

が、気づいたのです。
けいちゃんは、男の子ってことにっ!!(爆)(・−・?)えっ??(笑)

で、けいちゃんの周りの女の子、スカート、パタパタの女の子はもちろん、

「あ、見たでしょっ!!」 「このスケベッ!!」 とか言ってけいちゃんをぶつのでした。(笑)

が、女の子の班にいたのだから、仕方ないです。
濡れ衣です。(・_・?)ほえ?(笑)

σ(・・。) 「み、見てないよっ!!」 (・_・?)ほえ?です。

が、言いましょう。(笑)
ハッキリ、ハッキリとこの目で見ました。( ̄^ ̄) エッヘン(笑)

なんか、男の子のパンツみたいで、けいちゃんが大人の絵本で見たのとは、雲泥の差でした。
でも、太ももが真っ白で、青い血管が綺麗に走っていたのを、見たのはそれだけです。(爆)
ちっとも、色っぽくないし、勝負パンツでもなさそうでした。(爆)
プロの早業じゃなく、けっこうスローでハッキリ見てしまいました。(笑)

時効もいいところです。(笑) m(_ _)m
posted by けいいち at 20:05| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじさんの話(笑)

おじさんたって、けいちゃんの本当のおじさんの話じゃありません。(笑)

山形出身の変な訛りで、白い目が黄色いおじさんでした。
いつも、お注射の消毒みたいな匂いが身体から、漂っていて、しかも、歩くのも話すのもゆっくりで、お腹が少しプックリ、、、身体はなんか斑点みたいのが(けいちゃんは生きているのに、死斑だと笑っていました。(;`O´)oコラー!(笑))、、、顔は、お酒で赤いけど、いつもは青白くて、すごく黒っぽい、お風呂に入ってみたときは、すごく黒っぽい身体に斑点が少し、で、なんか普通じゃなかったです。
が、今、このおじさんが歩いているのを見かけませんが、数々の楽しいお話をしてくれました、けいちゃんにね。( v^-゜)へへっ(笑)

けいちゃんが、気も動転してしまう蛭が沢のお話なんてのも、このおじさんの実体験ですが、実は後日談があったそうです。きゃあああああ〜っ!!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!

荒くれ者の整形外科の看護師さんも先生もとりあえず、メスで切っちゃえっ、、、ギコギコギコッって、、、注射器なんて、投げちゃおうっ!!ゲヘへへへッ!!(o^-^o)
け、けいちゃん、しっかりしてっ!!気を確かにっ!!(;`O´)o(爆)

て、書く前からけいちゃん、コケコッコに変身したので、キーボードがうまく打てません。

でね、看護師さんで当時、けいちゃんが入院した時、同い年の同級生の若い可愛い看護師さんはけいちゃんと顔なじみだから、仲良かったんだよね。(笑)
でもね、変なこといったんだね。(笑)

けいちゃん、この看護師さんを怖がらせようと思って、自分が震えながら、話したんだね、訛りのおじさんの話を、ヒルの雨の話を、、、。

たらねえ、看護師さん言ったんだよねえ、けいちゃんより早く入院していたおじさんのこと。

看護師 「あのおじさん、ちょっと前まで、丹沢の方に住んでいたらしくて、お酒で仕事やめて、家族連れてこっちへ来たんだって。でね、そのヒルいたのよ、まだ」

けいちゃん、将来役に立つからと騙されて、一緒にお部屋のシーツ交換手伝わされながら、お話してます。(笑)

σ(・・。) 「なに、バカなことを。いるわけないだろ!!うんと昔の話だぞっ!!」

看護師さん、ニコリともせず、

同級生看護師 「丹沢ってさあ、鹿とかクマとかいるらしいじゃない。で、鹿にヒルが湧いちゃって、おじさんの家の庭にもいて、よくたかってきたんだって、、、」

コケコッコーッ!!けいちゃん、肌がブツブツで毛が立ち、毛穴がイボイボです。

さらに同級生看護師 「でね、入院してきた時、あのおじさん、ベッドに黒いものを落としてたら、病室にいたのよ、ヒルみたいなの、、、」

σ(・・。) 「(;`O´)oう、ウソに決まってんだろ!!ふざけんなっ!!バカッ!!」

看護師 「本当よっ!!この病室よっ!!」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!けいちゃん、気を失いました。(笑)

で、けいちゃんは、元気で入院してるので、看護学生の注射の練習や、洗髪の練習台によくなっていましたが、ある日、髪の毛を学生に洗ってもらってから、山形の訛りのおじさんに聞きました。

σ(・・。) 「おじさんさ、こないだ言ってた、蛭が沢の話、もうすごい昔の話だよね?」

おじさん 「ま、そうだけどね、いるよ、うちにヒル、庭に、、、で、飼ってた柴犬、やられちゃって、弱って細くなったから、友達にやったよ、厚木のね、、、」

σ(・・。) 「お、おじさん、ヒルって、おじさん、、、あれ以来、、咬まれてはいないよね、血を吸われたりしてないよね、、、?(;`O´)o」

おじさん、変な訛りで、、、「こっちへ引っ越すまでは、俺はまいんち、くわれていたよ。だってさ、うちの庭にいるんだもんよおー」

おじさんは、ヒルの大群はダメだけど、少しの量なら、お庭にいても、咬まれてもへっちゃらの人でした。

σ(・・。) 「おじさんが、ヒルにかまれてたって、、、、、」

同級生看護師 「でしょ、本当じゃないの。怖いよねえ。キャハハ」

この人も、平気そうでした。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

σ(・・。) 「おじさん、アルコールを注射すると、酔っ払えるって言ってたよ。1ccでいいって!」

同級生看護師 「(;`O´)o、、、バカッ!!そんなのウソに決まってんでしょっ!!やったら、死ぬわよっ!!」

σ(・・。) 「じゃ、ヒルの話もウソかなあ、ねえ」

同級生看護師 「それは、本当だと思うよ。だって、病室にそんなようなのが落ちてたし、うちのおばあちゃんち、○○←ある某厚木の地名、、、にあるんだけど、庭に出てくるよ、ヒル、、、キャハハ」

山形の訛りのおじさんは、けいちゃんちから、1キロくらいのアパートに引っ越してきて、住んでいました。
で、入院しても、なぜか良くならず、目が白いところが黄色かったですが、どうも怖いものがあんまりなかったようです。(笑)

が、けいちゃんは、ヒルは絶対ダメです。
大群見たら、気絶しそうです。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
それと、毛虫や脚の多いムシはダメです。(笑)
けいちゃん、間違っても某厚木のなんとかには住みません。
自分にそう誓いました。( ̄^ ̄)

で、想像しただけで、
(o^-^o) へへへへへ、踊っちゃおうかな、、、へへへ。
ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ、、、僕はコケコッコ。(笑)

(o^-^o) やめてね、ヒルは、、へへへへ。
posted by けいいち at 17:31| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呆れた奴(笑)

けいちゃん、中学の帰りに道で轢かれていた猫を、お友達と持ち帰って、山へ埋めてあげたりしていました。

が、その時のお友達の一人は、時々、猫の祟りがとか、言ってましたので、けいちゃんは、このお友達を放りだしました。
親切にお墓を作ってあげて、祟りはあるのでしょうか?

で、大人になってから、付き合いがずっとなかったこのお友達、ある日、真夏にけいちゃんを訪ねてきました。
で、けいちゃんがこのお友達を家に入れていたら、大変家族やご近所に迷惑がかかり、警察まで呼ばれそうになったので、、、。
おまけにけいちゃんの友人が口々にこのお友達は、お友達じゃないっ!とけいちゃんに言ったので、けいちゃんも考えました。(笑)( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

ある日、二人で林の中へ。
けいちゃんは、竹の棒を持っていました。
お友達じゃないお友達も何か持ってきたそうです。

で、けいちゃん竹の棒で、剣道の構えをして、奴と向き合ったら、奴は 「ヘッヘッ〜!」 とか言って、飛んで後ろに下がると、その右手に握られていたのは、ドスと言う持っていてはいけない小刀で、鞘から抜いて光ってます。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん、、、(;`O´)oな、なんだ、こいつはっ!!

けいちゃん、呆然、唖然です。
普通の人じゃなかったんです、奴は。

で、林の近くには、お稲荷さんがあり、そこの側はおうちです。
そのおうちから、二人の様子が丸見えです。
一人のバカがドス持って、一人はそれを退治するために、竹の棒で構えて向き合ってます。
こんなところ、見られたらパトカーが来るでしょう。

が、そのバカは、けいちゃんが、焦ってお稲荷さんに近づくと、、、(ーーA; アセアセ

「お、おいっ!!けいちゃん、お稲荷さんにはなんかするなよっ!!」 と、突然、騒いでドスをしまって、けいちゃんに謝りました。
怪我の功名とはこのことです。
けいちゃん、命が助かりました。ε=( ̄。 ̄;A ホッ!(笑)

と、理由を話すのでした。

奴と一緒に働いていた工事の人が二人、お稲荷さんを動かしてから、崖の間の橋を渡ったら、二人とも橋ごと、谷へまっさかさまに落ちて亡くなったと。
しかも、けいちゃんの住む街で。(笑)

で、もう一つは、けいちゃんのよく知っている人の親父さんが、お稲荷さんをやはり工事で動かして、車にはねられ、畑に頭から突き刺さって亡くなりました。
それは、まるで『八つ墓村』、、、って、それは、『犬神家の一族』 の方じゃ、、、とけいちゃん、思いました。
畑に頭から突っ込んで、足を開いて、地面に人が刺さって死んだそうです。(・−・?)えっ??(笑)

けいちゃん、こいつを適当にあしらって、別れておうちへ帰りました。(笑)
おかあさんにさっそくご報告です。

が、けいちゃんの知ってる人のおとうさん、長寿でまだピンピンしていました。(・_・?)ほえ?
で、けいちゃんの街に、谷底とか、そんな場所ないと
思います。(笑)
でも、二人も死んでるって、、、誰に聞いても、そんな話し聞いたことないそうです。(・_・?)ほえ?(笑)
ましてや、人がいくらなんでも、頭から畑の土に突き刺さって、、、なんてねえ、、、聞いてるその場でもおかしいと思いました。(笑)

けいちゃん、それからすぐに、このすぐにわかるウソをつく、危ない人とお友達はやめ、、、一生付き合わない人のリストに入れました。
そしたら、しばらく、この人は、けいちゃんのストーカーをやっていて、ご近所迷惑になり、そのうち、いなくなりましたが、けいちゃんに時々電話してきたりしますが、、、もちろん、けいちゃんは、居るのに居ない人をやってます。(・_・?)ほえ?(笑)

ウソは嫌いです。(*・・)ノ(笑)
posted by けいいち at 16:38| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャップ(笑)

キャップとは、キャプテンの略でしょうか?

とにかく、けいちゃん、中三の時にクラブの『科学クラブ』 と言うので、総勢60人はいるクラブの一番偉い人にされてしまったのです。(笑)
が、野球部は、けいちゃんに中一も中二も、お世話を丸投げにして、「じゃ、キャップ、後はたのんだよ、キャハハ」 とか言って、いなくなってました。
既に部活に突入していたのです。(笑)

おまけに顧問は、けいちゃんの師匠、大人気のおかしな老人の白衣の先生、偉人でした。(笑)
この人も、人任せと言う言葉が大好きでした。(笑)

ですので、けいちゃん、権力を握ったので、しかも理科のクラブなので、当然、大勢引き連れて、野外観察です。(笑)
制服のまま、いつも大勢連れては、校門を出て、買い食いや石投げ、昆虫採集、田圃、とかで、けいちゃんの趣味に合わせて、クラブ活動は行われていました。“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪(笑)

ある日、後輩が田圃のドロにはまりました。
けいちゃんに、トノサマガエルを取れと命令され、はまったのでした。(笑)
で、ある日は、クヌギの木の上から、後輩が落ちて、脚を少し傷めましたが、大事にはいたりませんでした。
下が、落ち葉のクッションだったので。
けいちゃんが、木の上の高いところのムシを取って来い!と命令しました。(笑)
え、ある日は、なぜか校舎の外に後輩に穴を掘らせ、そこにゴミや犬のうんちを入れて、新聞紙などでふたをして、土をかぶせておいたら、あーら不思議、掘った後輩が落ちていました。(笑)

ある日は、こうしゃの外の池にサッカーボールが浮かんでいたので、後輩に取りに行けと言ったら、後輩たち、みんな逃げました。(笑)

で、けいちゃんは、後輩よりもちっちゃいのに、なんで、こんなことができたのでしょうか?(笑)
バックにいるけいちゃんのお友達が、後輩は怖かったようです。(笑)

だけど、悪事は長く続きませんでした。
けいちゃん、職員室で、教頭先生に怒られて、拳骨をもらいました。(笑)
でも、そのあとも熱心にクラブ活動が続きました。(笑)

でも、顧問の先生は、一度も顔を出さず、呑気だったので、けいちゃんとお友達は、この先生に落し物の消しゴムや鉛筆を煮たお湯で、お茶を飲ませていました。(笑)
先生、あまりのおいしさに噴出していました。(笑)
先生思いのけいちゃんたちでした。(笑)(・_・?)ほえ?
posted by けいいち at 16:09| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女だって、、、(笑)

けいちゃんが中三の時、あんまり男の子にひどいけど、女の子には何もしないで、言う事を聞いているので、一人だけ女の子の班に一ヶ月ほど入れられていました。(笑)

けいちゃんは、それで改心して、けっこう男の子にも優しくなりました。(・_・?)ほえ?(笑)
例えば、グーで叩くのを、パーにしたり、、、(笑)

が、さすがのけいちゃんも女の子が周りを取り囲んでいて、いつも見張りがついていて、ちとでも悪い事してると、先生に言いつけられるというお仕置きはきつかったです。
ですが、ある日のこと、けいちゃんの後ろの席の大きい女の子、なにか、スポーツバッグを自分の机において、ゴソゴソやっています。(笑)

好奇心の人、けいちゃんはしっかり見ていました。(・_・?)ほえ?(笑)
なにか、あるな( ̄ー ̄)ニヤリッ、、、明智探偵に変身です。(笑)

で、本当は女の子のバッグなんて、覗いちゃいけませんが、そっと本人や周りがいない時に、チャックを開けてしまいました。(笑)
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

けいちゃんが男のお友達にもらって、次の人に回覧したはずの大人のマンガと絵本が入っていました。
けいちゃん、見なかったことにします。(笑)
ですが、本人にバッグを覗いているところを見つかり、社会の厚い教科書で、本人キャーキャー言いながら、けいちゃんの頭を何度も叩きました。(笑)

ところが、本人こうおっしゃいました。

「これ、あたしのだからねっ!!」 と。

盗人たけだけしいとは、こういうことを、、、(;`O´)oおいっ!!(爆)

で、回覧の大人の絵本とマンガが、消えました。(笑)
てか、誰か男の子が女の子に回したみたいです。
だれだあ〜っ!!(;`O´)o(笑)

でね、給食の時間、班の別の女の子、言いました。

「あたし、もしかしたら、お母さんに見られちゃったかも。きのう、部屋が掃除してあって、机の上に、、、きちんとご本が置いてあったのよ、、、」
と顔を赤くして、笑っていいました。

見られたんでしょうね、ほぼ100パーセント。(笑)
で、それから、堂々とけいちゃんに、、、ご本を貸せ!!と言うのでした。(笑)
けいちゃんは、そんなご本を、持ってません。(;`O´)o(笑)

女の子の班から、普通の班に戻されたけいちゃんに、本を貸せと言っては、けいちゃんの読書をじゃまするのでした。(・_・?)ほえ?(笑)

時効です。(笑)
posted by けいいち at 15:48| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒豪とおねえさん(笑)

酒豪、いつものように、けいちゃんとお酒を呑んでます。(笑)

で、けいちゃんが、「気持ちわりいよお、おしっこが近いし、頭が痛いよ〜」 と言うので、

酒豪 「うるせえっ!酒呑んで気持ちが悪くなるのは当たり前だろっ!頭痛くならなくてどうするんだっ!!呑めっ!!」

と、お酒は気持ち良くなるために呑むのではないという、根性の人、酒豪が怒鳴ります。(笑)

でも、しばらくすると、目が、瞼が下がって、顔が赤くて、全身の毛穴からアルコールの匂いがした、コンディション抜群の酒豪が、けいちゃんを手招きです。(笑)

で、酒豪の昔話がはじまります。

昔、昔、某川崎というところに、酒豪がいました、、、。(笑)
(・_・?)ほえ?何?

けいちゃんは、何気なくお酒を呑んだ振りして、お話を聞きます。(笑)

ある日、お仕事が終わって、酒豪は、お風呂で綺麗になってから、ごはんよりもアルコール補充をしなければなりませんでした。(笑)
が、その日は、ごはんも食べずにアルコールを補充してたのですが、酒豪、お酒に強いので、一リットルや二リットルのお酒じゃ、全然酔いません、、、と思っていました。(笑)
本人が、、、、、。

で、夜の10時半頃、酒豪は、歩いてフラフラとピンク色の綺麗な世界に舞い込みました。
すると、どこからともなく、はっぴを着たおにいさんがやってきて、

お兄さん 「ちょっと、お兄さん、今なら○○○大サービスです。5000円ポッキリです。」(笑)

酒豪 「おめえよお、まさか、5000円しか払わないと、腕がポッキリとかじゃないだろうなあ!」 とお兄さんを睨みます。

お兄さん、どこから見ても、かたぎじゃない、かっこよく決めたスタイルの、ちょっといい男の酒豪の言葉に引きましたが、安心会計、優良会計のお店が自慢です。(笑)
酒豪をお一人、ごあんないです。

さて、ここからは、けいちゃんの知らない世界です。
とても、とても、怪しい世界なので、ブログに詳しくはかけませんが、女の人はいろいろ想像しかありません。(爆)

酒豪は、酔ってないので、なにか怪しいくらいお店に入りました。
そこには、暗い中で、お姉さんがいますが、ほとんど裸です。(笑)
で、お酒を呑みながら、男の人と楽しそうにはなしていましたが、酒豪が入って行ったら、男のお客さん、帰り始めた人がいっぱいです。(笑)

で、酒豪も暗いライトで美人か可愛いのかさえよく分からないお姉さんと、一緒に座って、お酒です。
が、お姉さん、いきなり酒豪のおズボンのチャックを下ろして、酒豪の○○○を引っ張り出して、、、(爆)
で、時間も時間なので、お掃除のおばさんが酒豪の隣の通路をほうきとちり取りで、お掃除始めました。

で、男の人ってお酒呑むと、ちょっとねえ、、、、、(・_・?)ほえ?(笑)
けいちゃんは大人の話わからないなあ、、、(・_・?)ほえ?

で、酒豪、積極的なおねえさんに 「おい、ちょっと待て!待て!待て!待ってくれえっ!!」
お姉さん、高速で何かしながら、、、、。
で、ほんとに血が出て、出血大サービスでした。(爆)

お姉さん 「こっちだって、プロの意地よっ!!!」

(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほええええええ?(笑)
酒豪命からがら(笑)、お店を出たそうです。
酒豪が独身時代にキツネに化かされたお話です。(爆)

次の日、酒豪おトイレへ行く度に傷が付いたあとが痛いのでした。
それにしても、キツネのやつ、プロの意地ってなんだったのでしょうか?(・_・?)ほえ?(爆)

あ、けいちゃん、この話してしまいましたね。
けいちゃんには、理解できない話ですが、まあ、小説なのでいいでしょう。( ̄^ ̄) (笑)

以上、酒豪とキツネ、、、のお話でした。(笑)(・_・?)ほえ?(笑)
posted by けいいち at 15:23| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タマの話(笑)

さて、タマ、そう、まあタマのお話です。(笑)

でも、真面目な話で、是非、イタズラな小学生や中学生の男の子とかもっているママたちには、読んでいただきたいお話です。(笑)
笑い事じゃありません。(笑)(・_・?)ほえ?

ま、けいちゃん中三で、運動はしてはいけないのに、走り回っていたね、あちこちのクラスの中を。(笑)
でね、ある日、机の角で股間をゴーン!!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
(ノ△・。)うえ〜ん!(爆)
バチが当たったんだねえ(笑)

が、それですまなかったんだよ。
それは、まだ午前中のことで、その事件があってから、けいちゃんはなんか股間が痛くて、痛くて、お腹まで痛くなって、脂汗、本人潰れちゃったんじゃないかと触る事もできず、給食もロクに食べられなくて、大変な事になっていた。(笑)

さすがに周りの男の子も女の子も心配した、ちょっと笑いながら。(;`O´)oおいっ!(笑)
で、けいちゃん、午後の授業の時間に先生に話して、保健室。
が、どこが痛いとはっきりは、女の保健の先生には話せず、お腹が痛いと言って寝ていた。

けども、お腹の痛みとぶつけたところの痛みがジンジンジンジン(笑)
で、保健の先生がお留守になったときに、ベッドの側の床に降りて、けいちゃん、そっとおズボンを下ろして、見てみました。
アソコを。そっと。
と、Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!、、、あ、ありません。一個足りません。(爆)
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(・−・?)えっ??(笑)
で、よく見てみました。

と、まだつるつるの下腹が少しふくらんでいます。
で、ちょっとそれを触ると、、、(o^-^o) なーんだ、かくれんぼしてたんだあ。(笑)
ちょっと、痛かったけど、下に向かって、両手で押してみました。
あ、大事な袋に見事にもどりました。コロンと。(笑)
あ、手品に使えるかな?(・_・?)ほえ?(;`O´)oバカヤロー!!間違ってもするな!(爆)

けいちゃん、痛みもすっかり取れて、教室へ戻りました。(笑)


で、それから、しばらくして、ご近所ですごい噂がありました。
ある小学生の男の子、鉄棒で半ズボンで、棒を股間に挟んでクルクル回っていたら、袋が鉄棒に巻き込まれて、中身がドバッと。ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル

すぐ、お医者さんで縫ってもらったとかで、大事に至らなかったと。
それ自体が大事なんじゃないのか?(・_・?)ほえ?(笑)
まあ、この事故けっこう多いそうだって言うのが、ちょっと怖いけいちゃんでした。(笑)


で、けいちゃん、大手術受けて、回復に向かっていたとき、けいちゃんをベッドの上で、横にさせて、お医者さんも看護師さんたちも、時々、けいちゃんのお尻を棒みたいので、つついたりしてました。
「ここは、どう?どうかな?」 ってね。

で、回復してきたら、だんだんお尻も背中も、棒みたいので触ると、チクチクします。
そして、ある日、なにかを看護師さんがつっついているのを感じました。(笑)
さあ、なんでしょう?(・_・?)ほえ?(笑)
やめてもらいました。(笑)

でね、けいちゃんかなり回復して、おうちへ帰って、パンツを脱いで、横向きに寝て、お部屋の鏡でお尻を見てみました。
きゃああああ〜!恥ずかしい、もうお嫁にいけないっ!!(爆)。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ(爆)

男って、股を閉じていても、うしろから見ると股間に変なものがプックリしてたんだねえ。
始めて、きづきました。股間のお稲荷さん。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(爆)
やはり、つついていたんだねえ。
お尻の穴もつついていたんだけどねえ。(笑)

付き添いのお母さん、黙ってみていただけだそうです。
だって、治療だからねえ。(笑)
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 14:56| ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはよう(*・・)ノ(遅、、(笑))

こんな時間におはよう。(*・・)ノは〜い!(笑)

って、2時を過ぎてるじゃん。Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

あのね、きのうってか、夜中にね、DVDを見たんだよ。
大好きなビートルズのDVDを。
そしたらさ、夜中なのに、興奮しちゃってね、一緒になってギターもって、DVDを3枚も見ちゃってね。(爆)
そしたら、疲れちゃって、寝たの朝の6時。(笑)
けいちゃんの部屋は、他の部屋からは防音されてるから、みんな夜中に何やってんかはわからなかったみたいだけどね。(笑)

で、起きたら1時を過ぎていて、ブランチにしてお茶で目を覚ましました。(。・_・。)ノ(笑)

さ、栄養ドリンク飲んでがんばろうっと。(笑)
posted by けいいち at 14:09| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなありがとう。(*・・)ノ

そろそろ、猫ちゃんにお薬飲ませて、寝ます。(笑)

寝る前に大好きなビートルズのDVD見てからですが。(笑)

きょう、自分の手相を見てみました。

と、生命線が延長しています。
ま、占いとかいいことしか、信じない僕だけど。(笑)
今年の初めまでは、そうじゃなかったのに、なんと延びて、手首まで来ていました。
自分の命は短いかもなんて、勝手にそう思っていたのですが、ブログ始めて、考えを改めることにいたしました。(笑)

おかげで、体力がメキメキついてきて、入院やその他いろいろなことに耐えられるようになってきたようです。
これも、皆さんが見ていてくれるので、起き上がっている時間が長くなり、筋肉などが戻り始めたからです。
みなさん、本当に本当にありがとう。m(_ _)m

あ、きょう、テレビ『白い春』 を見ました。
お話自体は、昔見たことがあるようだけど、すごく良いです。
ハマってます。(笑)
来週で、終わりで、ちと悲しいですが(笑)、その後のドラマは、吸血鬼って(・_・?)ほえ?見ません。(笑)
ちなみに、本では、石坂洋次郎がお奨めです。(笑)
『日のあたる坂道』 とかいいです。 映画も。(笑)

では、みなさん、お礼と共に、お休みなさい。m(_ _)m

Sweet Dreams For You!
posted by けいいち at 01:05| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。