2009年06月14日

欲しい!ホフナー!(笑)

けいちゃん、小さい頃に病気になったので、両親からピアノを買ってもらい、ピアノを習ってました。
おかげで楽器と歌は、絶対音感がついたので、なんとか人前でも、、、って状態です。

お父さん、お母さん、ありがとう。m(_ _)m

でも、けいちゃん、ある日、棒ピアノのお店で、スタンウェイ・アンド・サンというピアノを弾いていいと書いてあったので、ちょっと弾いてみました。
Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!、、、けいちゃんのヤマハのピアノ(今ではけっこうなお値段)と全然音色が違います。(笑)
で、お値段を見てみました。
50万円?(・_・?)ほえ?0が二つも違いました。
5000万円、こんなモノ、弾いてよかったのでしょうか?Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(爆)

これ、ヴァイオリンの名器、ストラディヴァリオスに匹敵するものだったのでは?(笑)
けいちゃん、大ショックでした。
で、けいちゃん、あまりの音色の違いに、自分のピアノをあんまり弾かなくなり、今じゃ時々ビートルズの曲を弾いて歌います。(笑)
それに、聴かせる人がいません。(笑)

で、さらにビートルズの曲をエレキギターで弾きたくなったけいちゃんは、エレキギターを買いました。
が、ポールのベースギターが欲しくなりました。(笑)

演奏しているポール、とてもかっこいいです。
ベースを弾きこなしています。 当たり前田のクラッカーでしょ。(;`O´)oくだらねえっ!!←ひとり突っ込みです。(笑)
で、その名は、ドイツはホフナー社のヴァイオリン・ベース。
ある日、音楽雑誌の公告で、ビートルズ・アニバーサリー・ホフナー・ヴァイオリン・ベースと載っていました。
が、お値段30万円。
あーあ。(笑)

ところが、ある日、お友達から耳寄り情報。(笑)

「おまえ、ホフナーのベース欲しいって言ってたろ。30万円なんてしないよ、15万円」

Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!ええっ!!じゃあ、30万円て言うのは。

「それは、アニバーサリーだからだよ。ポールだって、高いのを使ってるって訳じゃないよ、腕だよ、腕」

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!、、、けいちゃん、15万円は出せますが、買うのはとりあえずよしました。
腕はまだ、おいつきません。 
当たり前です、ポールはベースを50年くらいは弾いてます。(笑)
それに、ホフナー・ヴァイオリン・ベース、音が甘いというか、ベースにしては、音が少し緩いので、腕がよくないと、ダメだからでした。使いこなせません。(笑)
(ノ△・。)うえ〜ん!(笑)
posted by けいいち at 22:48| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密だよ(笑)

けいちゃんは、中学であんまりにもワルくて、(イタズラが度を越していました(笑))、時々お仕置きされていました。(笑)

例えば、けいちゃんは凶悪だとか、男子に言われてました。
あるモノをいつも、もっていて、それで今じゃ犯罪に、確実に犯罪になるようなことをして、仲間さえ、被害を受けていました。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
でも、時代が時代で、みんな先生にも言いつけないし、女子には絶対に手を出したりしないので、みんな許すどころか、遊びのリーダーにしてくれ、さらにラブレターも何通か頂きました。(笑)

が、どう凶悪かと言うと、

女の子が泣いていたりすると、けいちゃん、近づいて行って、

「そんなことで、泣いちゃダメだよ」 と慰めます。

男の子が泣いてたりすると、けいちゃん、近づいて行って、

「バカヤローッ!!男がみみっちいことで泣いてんじゃねえーっ!!泣き止め!泣き止めって言ってんだろーっ!!」

まあ、宮沢賢治みたいだね。(*^.^*)ポッ!(爆)
とか言って、でも、そのうち、けいちゃんが怒り出して、泣いてる男の子に蹴りを入れちゃったりして、さらに泣かせてしまい、周囲のお友達がけいちゃんを取り押さえます。(笑)
けいちゃんより、大きい男の子ばかりなのにねえ。(笑)
女の子は怒って、けいちゃんを殴ります。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
と、まあ、こんな具合でした。

けど、不思議なことに、大人になった今は、誰もけいちゃんのそういうこと、笑って話してます。
誰にも恨まれず、みんなとても仲良く遊んでいます。
これって、自分でもお得だと思っています。(笑)
人徳のなせる技でしょう。( ̄^ ̄) エッヘン(爆)
ちなみに、酒豪もデブちゃんも、他の多くもけいちゃんの被害にあったそうです。(・_・?)ほえ?(笑)
デブちゃんなんか、泣かされたそうですが、けいちゃんは覚えていません。(笑)

あの頃のけいちゃんはいなくなりましたが、まだ女の人にはあれこれ、やられちゃってる状態です。(笑)

で、お仕置きって、なんだったかと言うと、けいちゃん、あまりに男の子にひどいので、ついに
女子の班に取り込まれちゃったことです。Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(爆)
さすがのけいちゃんも、これには参りました。
怒れませんでした。(笑)
でも、先生、酷くなかったかあ?ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
posted by けいいち at 22:14| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩のお話(笑)

ある日、けいちゃんはお金持ちの先輩とお話しました。

先輩 「けいいちくんよ、俺の友達がさ、乾燥機で凍ちゃったてよ」

σ(・・。) 「(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえ?(・_・?)ほえええええ? 乾燥機で凍る?」

先輩は、時々言葉を間違うので、ヘキサゴンの出演者並みの推理力を働かせねばならなくなる、けいちゃんです。(笑)

 あ、もしかして、、、、、(・_・?)ほえ?

先輩 「そいつんち、真冬にも風が吹き込むような穴が、壁にあいててさ、乾燥機つけて、寝てたら、朝、起きたら掛け布団の上に霜柱が降りてたってよ。マジだぜ」

σ(・・。) 「先輩、それって乾燥機じゃなくて、加湿器でしょ?」

先輩 「あ、そうそう、それそれ」

先輩のお友達もお友達です。
どんなおうちなの? 布団もなかったら、命が危ないでしょ!!危険が危ないでしょっ!!(;`O´)o(笑)
posted by けいいち at 21:52| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒豪と長女(笑)

そんなに随分昔でもないお話だよ。(笑)

酒豪、新紺さんの時、看護師の奥さんと二人で、あるアパートに住んでいました。
変態やり放題だからだね、、、(違)、、、もとい、誰にも邪魔されたくないからだね。(笑)

まあ、そんなこんなで、無事に女の子を授かり、大事に育てます。
酒豪の教育方針は、間違っていないと思います。
妹もなかなか良い子です。
酒豪の愛娘、二人とも良い子です。

このアパートにいた時、酒豪は、会社が休みの時、幼稚園入園前の長女を連れて、近所の公園へ行きました。
ここは、子供たちとご近所の若いママたちが集まっています。
酒豪の長女、楽しく遊びまわっていました、酒豪、1人でその様子を見守ります。
で、かなり時間もたったので、娘に帰るぞ〜と言いました。

が、長女、まだ嫌なので、もっと遊びたいので、泣き始めました。
駄々をこねているのです。
パパの酒豪は、怒るととても怖いのです。
で、娘の手を引っ張ります。
娘、座り込むように抵抗して、大泣きです。(笑)

さて、するとご近所の若いママたち、それを見ていて、、、

ママA 「あっ、怪しい男が可愛い子を泣かして、無理矢理手をひっぱってるわっ!!」

ママB 「大変!!あれは、普通の人じゃないわっ!!あの身体つき、かたぎじゃないわっ!!変なサングラスに、サムソンの人みたいだし、、、」

ママC 「大変だわ!!ゆ、誘拐よっ!!私、警察に通報してくるわっ!!見張っててね!!」

てな具合(どんな具合だよ(笑))で、パトカーのご到着です。
警察官、二人でパトカーを降りて、酒豪と娘がもめている現場へ来て、「そこのおまえ、その子から手を離せっ!!」 と言ったかどうかしりませんが、とにかく職務質問して、ホントに子のこの父親かと言われました。

酒豪 「当たり前です。父親ですよ」

警察官 「本当におとうさんなんだねっ?」 と酒豪の長女に質問しました。

すると、 「違うもん、お父さんなんかじゃないもんっ!!」

酒豪 「Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!シャレにならねえだろっ!!」

とひと悶着ありましたが、どうにかお父さんだと証明されて、酒豪と長女は優しいママの待つアパートへ帰りました。
ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!
posted by けいいち at 21:42| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ見ました。

日曜日のお楽しみ、『天地人』 を見ました。

;;;;(;・・)ゞウーン、まあ、美化してる話が多いけど、このドラマはおもしろい。
正直、好きなドラマです。
『ダーウィンが来た』 は本読んでて見そこねちゃいました。ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)
本は、村上春樹の 『1Q84』 という話題の本です。

こっちはどうも、まあまあかな。
前宣伝も無しって、少しは最初にあらすじじゃないけど、ちょっとは知りたいよね。
それに、おまけに最初の版だから、印刷をミスしてるし、、、。

まあ、展開が楽しみ。
『天地人』 もね。
posted by けいいち at 21:22| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銃弾(笑)

けいちゃんが中一の話です。

けいちゃん、まだ初初しく、先輩がいるので、おとなしい時期でした。(笑)
で、けいちゃんとお友達は、校舎のお庭を散歩してました。

まだ、出来たての校舎の周りは、少し土が盛り上がったり、なってました。
が、ここは元日本陸軍の跡地ということでしt。

で、お散歩をしていると、けいちゃんのお友達1人が、何かドロの固まりを拾いました。
が、よく見ると、それは、8センチから10センチくらいの長さの、な、なんと未使用の銃弾でした。Σ( ̄▽ ̄lll)がび〜ん!(笑)

けいちゃんたちは、もっとないかと、その辺の盛り上がった土を探しましたが、見つかりませんでした。
で、そのお友達は、けいちゃんにそれをくれました。
な、なんと豪気な!(笑) ありがとう。(笑)

で、けいちゃん、それをしばらく持っていて、うちで眺めたり、時々学校に持って来ては、お友達に見せていました。
が、けいちゃんも戦争マニアとか、武器マニアじゃないので、飽きました。(笑)

そして、1人のあまり仲の良くないマニアのお友達がそれを欲しがっていたので、あげました。(笑)

お友達 「いいのかよ、だけどこれ実弾じゃないのか。危なくないのか?」

σ(・・。) 「大丈夫だよ。火薬は入ってないよ」←思い切り、ウソでした。(笑)

で、次の日

お友達 「ウソじゃないかっ!!きのううちへ帰って、どうにかペンチで先の弾を抜いたら、シャーペンの芯の欠片みたいなのが、粉とかといっぱいでてきたぞっ!!危ないから捨てたよっ!!(;`O´)o」

σ(・・。) 「ふーん」

で、そのお友達はけいちゃんは危ないとの噂を流し、けいちゃんと絶交しました。(笑)
捨てられちゃったみたいです、大きな銃弾。
本当に危ない話だね。
もしそんなものが落ちていたら、警察に届けましょう。
まあ、怪我人も出てないので、よしとしましょう。(笑)
posted by けいいち at 17:35| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ、そう言えば、爆発(笑)

あ、そう言えば、すねた先生で、けいちゃんの記憶の箱が開きました。(笑)

すねた先生は、いつも夏でも冬でも、きったないねずみ色のセーターで長髪にクルクルパーマでした。(笑)
今現在、その先生が、ビシッとスーツを着て、髪の毛をきちんと分けて、肌艶も良く、太って、出世して、奥さんは美人でお嬢様(今で言うなら、セレブですね、ホントにおうちには、お手伝いさんがいて、お嬢様って呼ばれています。)を奥様にしているのは、何かの間違いです、きっと。

けいちゃん、中三で、イタズラするワルい仲間はたくさんいました。
で、ある日、ねずみ色のすねた先生が、学校中のゴミを燃やして、いるのを目撃しました。
で、けいちゃん、思いつきました。
その光景を見て。(笑)
ワルい仲間数人と、美術室の準備室へそーっと入りました。(笑)
で、ガラス棚の中にある塗料のスプレー缶をみんなで、制服の内ポケットへいれました。
泥棒なんて、中学校にはほとんどいないはずです。(笑)
でも、けいちゃんたちは、かっぱらいです。(笑)

けいちゃんを入れて4人がスプレー缶を持って、今度は男子トイレです。
ここにも、ゴミ箱がおいてあり、中にビニールのゴミ専用の袋が入ってます。

取り出して、中にスプレー缶を四本放り込みます。(笑)
で、上から、まだ使ってない新しいトイレットペーパーをちぎっては投げ、ちぎっては投げで放り込み、ゴミの袋はパンパンです。
口を縛って、さあ出撃です。

幸いな事(笑)に、ゴミを燃やしている穴の中の火勢は強くなっていて、すねたねずみ色の先生は、何か棒など持って、火をじっと見て、かき回したりしています。

で、けいちゃんのお友達、ゴミを持って先生のところに言って、ねずみ色した先生にゴミを渡しました。
普通は、ゴミ箱ごと持って行くんだけど、先生すねているので、それに本人がいつもゴミみたいに汚いので、(笑)←理由になってません。(笑)、、、。
ゴミを火の中にドサッと投げ入れました。(笑)
で、棒でかき回します。
4人は仲良し(笑)は、職員室前の渡り廊下の入り口でそっと隠れて見ていました。(笑)

やがて、ドーン!ドーン!シューッ!シューッ!て音と共に火が一瞬、大きくなって、ねずみ色の先生、
「うわあーっ!!」 って驚いていました。(笑)
が、二発も不発に終わりました。(笑)

で、その後、けいちゃんと三人は、すぐにバレてしまい、美術の担任でもない、柔道をやっている先生にこっぴどく怒られ、美術室の前のおトイレの前に立たされ、往復ビンタをもらいました。
スプレーは弁償しないですみました。
もう、中身があんまりみんな残っていないようでした。(笑)
ちと、間違えたかな。(・_・?)ほえ?(笑)
とっても、怖かったです。(笑)
首謀者は、けいちゃんって、ことになりました。(・_・?)ほえ?(笑)

犯罪の影にけいちゃんあり!ってことに当時はなっていました。
が、顔がイタズラっ子に見えるという今現在でも、何かあると、入院していても、看護師さんに睨まれてしまい、ちと困ります。(笑)
ちと、痛い経験ですね。、、、(-_-)(笑)
posted by けいいち at 17:16| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒豪の昔の話。(笑)

中三で、酒豪とけいちゃんはおんなじクラスになりました。

もちろん、その時は普通の身体で、酒豪はお酒なんか一適も飲みませんでした。(笑)
当時、けいちゃんと酒豪は仲が大変悪かったのです。
二人は修学旅行で一緒に京都で買い物をして、それから、仲良くなりました。
酒豪は、京都へ来てお腹を壊していて、けいちゃんに思わず一緒に大人の財布を買いに行こうと誘い、本人は、浮世絵の札入れとか買ってました。(笑)
で、酒豪は、それ以来、けいちゃんと話すようになり、インフルエンザで学級閉鎖になったときは、けいちゃんやその他をおうちに招き、麻雀を教えてくれました。(笑)
で、酒豪のお母さんから、つくねの入ったおうどんなどご馳走になり、それから、もっと親しくなって、今は親友です。(笑)

で、酒豪は中三の時、格好よくて、モテました。
ある日、後輩の女の子が○○さんいますか?と教室を訪ねてきました。
○○さんは、酒豪の本名です。

で、周りからは、男子から、

「おっ!!やった、○○!!」 とか、「モテモテ、色男!!」 とか掛け声がかかりました。

酒豪照れて、教室の後ろの出入り口から、後輩の女の子の所へ。

後輩女の子 「あ、これ落ちてました」 と手渡されたのは、一枚の折りたたんだ紙。

(・_・?)ほえ?ラブレターは落ちてないよね。(笑)

それは、50点満点中、20点の酒豪のテストでした。(爆)
みんな、腹抱えてヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!(爆)でした。
もちろん、けいちゃんもその1人でした。


で、酒豪、ある日、教室のゴミ箱を持って、渡り廊下の途中の校舎の裏庭に掘ってある、ゴミを燃やす穴まで運んでいました。
真面目でした。(笑)

が、ゴミを受け取って、穴にきちんと捨てている先生、当時、生徒たちから教え方が悪いと批判され、少しすねている先生でした。(笑)
で、酒豪からゴミ箱を受け取って、フタを開けて中身を穴に捨てようとしたら、不届き者がゴミの中に液体まで捨てていたらしく、すねた先生の腕まくりをした腕にそれが、ドロドロと伝い流れ、一張羅のねずみ色のセーターにまでかかってしまいました。
で、酒豪は、それ見て思いっきり吹いてしまいました。

と、 「おまえがやったんだろ!!」 あ、いけません、真面目な生徒に無実なのに、そんなことを言ってはいけません。(笑)
 
酒豪 「違うよっ!!」 と言いましたが、すねた先生、すねているので、ゴミ箱など放り投げて、酒豪に掴みかかってきました。

二人は、ゴミの穴の前で大格闘をはじめました。
しかし、当時から、腕っ節の強い酒豪、野球で鍛えられてますし、すねた先生などゴミの穴に投げ飛ばします。(笑)
でも、先生も意地です。 
素早く、穴を這い出ると、また格闘です。

と、そこへ酒豪の担任の女先生が来て、二人をなんとか止めました。
やられたのは、すねた先生で、はあはあと息があがってました。(笑)

で、これを掃除の時間なので、ゴミ捨てに来た多くの生徒と野球部の仲間たちが目撃していましたが、誰も格闘を止めませんでした。
それどころか、ゲラゲラ笑っていましたとさ。(笑)

その後、すねた先生は、なんと音楽の大きい家のとても美人のお嬢様先生と結婚し、今じゃ出世して、お嬢様先生と仲良くやっています。
世の中、不思議です。(笑)

酒豪は、いまや看護師の可愛い奥さんと二人の可愛い娘たちと建売のおうちに住み、パチスロをはじいちゃ、お酒とお仕事の毎日です。(笑)
(*^▽^*)ノ

posted by けいいち at 16:41| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャー!山火事だあ!(笑)

けいちゃんがやっぱり冲三の時のお話です。

とっくに時効です。(笑)

中三ってだけで、当時は学校では絶対権力者みたいなものでね。(笑)
けいちゃんはその立場を利用して、自習があるとしょっちゅう校門から制服で、いつも誰かを何人か引き連れて、お外へ。 “o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪(笑)

着いてくる方もついてくる方。(笑)

で、行く先は駄菓子屋さんと林ってパターンが多い。
駄菓子屋さんで、お小遣いで、リッチに(笑)フライド手羽先・カレー味を食べ、くじ引いて、赤い甘くないふ菓子とか、黒棒やあんこ玉を食べて、それから戻って、林の中。

林の中で別にタバコとか吸っていたわけじゃなくて。
単なるお散歩や、Hな本を拾ってみたり、(当時林の中にはなぜか落ちていました。(笑))、でも、大概はみんなけいちゃんと昆虫採集。(笑)
子供だねえ。(笑)

が、ある日の林の中。
昆虫をとってから、けいちゃんたち、さらに大きな林を農道を挟んで向かいにある畑沿いの小さな林に入ろうとしました。(笑)
なんだか、ここは汚くて、ゴミとか不法投棄されてました。(笑)
でも、電化製品とかじゃなくて、生ゴミが不法投棄してあったのです。
だから、臭いけど、ここにもクヌギやコナラの木があって、ノコギリクワガタとかカブトムシとか、綺麗なカンブンとかがいました。

が、ある日です。
なんだか、とってもその林が臭いのです。
魚の腐ったにおいです。(笑)

と、ありました。
お魚が。(笑) な、なんとマグロが頭付きで1本不法投棄です。
が、みんな、それ見つけて、驚いてパニックです。

けいちゃんは、きゃああああああ〜!!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!
お友達も、うわあ〜っ!!とかぎゃあああ〜っとか、言いながらも、鼻押さえたり、ハンカチで鼻と口押さえたりしながらも、悲鳴あげながらもニコニコです。
おやあ、どうしたんでしょうね。(笑)

その不法投棄の御頭つきのマグロ1本にハエの幼虫、ウジが山のようにドッと。
おそらく、その数は数万匹はいたでしょう。
そんなの見たことないでしょう。
けいちゃんだって、それを見た以外、もう見たことがありません。(笑)
しかし、ここで問題なのは、こんなもの、まあ1メートルはあるマグロをカマも食べないで、誰が林に捨てたのでしょう。 未だに謎の謎です。(笑)
お寿司屋さんでも、つぶれたのでしょうか。

ま、とにかく、けいちゃんたち、大パニックを起こしながらも、木の枝でガサガサ動くウジの大群をつついてみたり、石を投げてみたり大騒ぎをしていました。
マグロはほとんど、ウジの大群で覆われ、穴の空いた目玉の部分からは、忙しそうにウジが上ったり下りたりしていました。(笑)
これだけの大群になると、もう音がします。ゴソゴソガサガサいってます。
で、けいちゃんたち、学校のチャイムがなるまで、マグロの遺体を、いやウジの大群を観察していたのでした。(笑)

学校に戻ると、この話が男子生徒の間を飛び交いました。(笑)
そして、その場所は中学生の放課後に寄るところ、ナンバーワンにいきなりなってしまったのです。
中学校の側なので、距離も近いしね。(笑)
男子生徒、学校の帰りに、ぎゃあぎゃあ言いながらも、その場所へ行って、ウジの大群を棒でつついたり、石投げたりで、楽しく理科の観察を自分たちから積極的にやっていました。(笑)

が、ここでけいちゃん、思いました。

(・_・?)ほえ?あのウジがハエになっちゃたら、どうなるの?大変じゃない?(笑)

で、ウジを着物のようにまとっちゃってるマグロを無きものにせんといかんと、思っちゃいました。

で、けいちゃん、通学用の自転車で、今は呉服屋の旦那をやっているお友達を一人連れて、学校帰りにもう一度確認です。大群を。(笑)

生徒が何人か、いましたが道を開けて、けいちゃんと呉服屋の若旦那にそれを見せてくれました。

(・_・?)ほえ?気のせいか、ウジがみんな大きくなって数まで増えているような。(笑)

で、けいちゃんと若旦那、二人急いで自転車でおうちへ帰りました。
そして、話し合いの結果、中学校のみんながいなくなる、夕方6時に、二人で落合い、けいちゃんは、うちから石油をタッパーのビン2本に詰め、若旦那はベンジンをビンまるごと持って、そしてポリタンクにお水を詰めて、けいちゃんちへ集合です。(笑)
正義の人が二人、本当に二人はそう思っていました。(笑)
秋の夕暮れの道を、現場まで自転車に荷物を積んで走ります。
ゴーです。正義のため、街の衛生のため、けいちゃんと若旦那の目は男です。
が、ニコニコでした。(笑)

さて、現場には自転車ですので、荷物はちょっと重かったけれど、二人自慢の変速機付きの自転車ですので、10分くらいで着きました。
懐中電灯で、暮れてきた林のブツに近づいて、ブツを確認すると、二人で口と鼻をタオルで塞ぎながら、ウジの大群の上にけいちゃんは、タッパーのビン2本分の石油と、若旦那はベンジンを丸ごと1本、ドボドボドボとかけました。
あとは、マッチをたくさんまとめてシュッとやり、お徳用マッチの箱ごと、ブツの上へ投げてしまいました。(笑)
チロチロ、ボオオオオ〜ッ!!! やりました。(笑)
ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ、火がついてマグロの焼けるいい匂い?とウジがのた打ち回って、焼けるへんな匂いがします。 実は本当は変な匂いばかりでした。(笑)
辺りは、暗い中、小さな林の中で焚き火のような火です。
石油とベンジンとウジの大群とマグロの火葬の匂いはおかしな匂いでした。
あらかた、焼けました。(笑)

正義の二人、やりました、正義は悪に勝つのです。( ̄^ ̄) エッヘン(爆)
で、ポリタンクに入った水で消火もします。
が、若旦那のポリタンクの水をかけたら、ちょっと消えたけど、なんか少し火が大きくなったような(・_・?)ほえ?(笑)
慌てて、けいちゃんのポリタンクの水もかけました。
あらかた、火は消えてきたのですが、水がなくなってもまだ燃えています。
そのうち、マグロとウジの火葬の周りの落ち葉や草が燃え始めて、若旦那、

「うわあー、どうしよう、火事になっちゃうぞ!!」 と泣き始めました。(笑)

で、慌てたけいちゃん、とっさに着ていた薄いジャンパーを脱いで、火葬の周りをはたきました。
それこそ、全力で。
泣いている若旦那、畑にあった緑のシートではたきました。

で、どうにか、火は消えました。ε=( ̄。 ̄;A ホッ!(笑)
懐中電灯で火葬跡を確認すると、もう煙が少し出ているだけで、火は消えていました。
そして、念のため、その煙を二人でおしっこで消し、泣き止んだ若旦那とけいちゃんは帰り支度をしました。
現場には、けいちゃんの薄い新しいジャンパーが捨てられ、タッパーのビンが2本とベンジンのビンが1本落ちていました。

と、こらっ!!と闇の中から、誰かの声がしました。
けいちゃんと若旦那、自転車で急いでバックレました。

さて、翌々日のことです。
イタズラというと、真っ先に首謀者の疑いをかけられるけいちゃん、いつもの通り、職員室に1人、御指名でお呼び出しです。(笑)

先生が 「○○くん、←(けいいち本名)まさか、あなた、放火なんてしてないでしょうね」 と静かに尋ねました。

σ(・・。) 「それは、犯罪じゃないですか、絶対にそんなことしません。命かけます!!」

先生 「じゃ、いいわ。帰っていいよ。」

放火ってねえ?正義のためなのにねえ。(笑)
現場は、中学生が寄らなくなりました。
けいちゃんたちが正義のウジ退治をした翌日、火葬のマグロとウジと証拠のジャンパーと、タッパーのビン2本と、ベンジンのビン、そして、火葬あとの周りの落ち葉や草が焼け焦げていたのを、見学の中学生が発見しましたが、警察とか消防とか、そういう大事には至りませんでした。
ただ、中学生たちのお楽しみが1つ減っただけです。

で、ジャンパー、学校へも着ていっていたのですが、、、。
やがて、みんなからけいちゃんがやったと言う噂が広まりました。
人気者の若旦那には、疑いが微塵もかかりませんでした。(・_・?)ほえ?(笑)
スカートの長い女の子は、モロにけいちゃん本人に 「あんたが燃やしたんでしょ!」 とかお尋ねになりましたが、けいちゃんは貝のように口を閉ざし、事件は迷宮入りしました。

今、その場所には、高校の校舎が建っていて、証拠は残らず消えました。(笑)

あと、謎なのは、闇の中のこらって声ですが、これは今も誰だったのかは、わかっていません。(笑)
こっちの二人も顔を見られてはいません。(笑)
が、駄菓子屋さんのうちは、先輩がいて、今消防に勤めてます。
話したら、怒られちゃうね。ヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!
笑い事じゃないです。(笑)←ヾ(ーー )ォィ
posted by けいいち at 16:08| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビの話。(笑)

けいちゃんは、小学生のころから、ヘビは好き。(笑)

え、新垣結衣ちゃんだって、トカゲを飼っているよ。(笑)

でね、小学生のころから、けいちゃん、お友達と一緒に田圃のあぜ道や茂みにヘビを捕まえに行っていました。
だから、ヘビはマムシじゃない限り、素手で掴みます。
咬まれたこともあります。
意外に青大将なんて、大きくても、歯は弱いので、噛み付かれても、咬まれた部分に歯がボロボロ抜けて刺さっているだけで、痛くはありません。
むしろ、かゆいです。

で、ある日、けいちゃん、大人になってから、網戸にした自分の部屋で本を読んでいたら、窓の外から「キャーッ!おっきいヘビーッ!!」 と隣の奥さんが騒いでいます。
けいちゃん、本を置くと、階段を駆け降り、玄関を出ると、お隣の門の所へ。

見ると青大将の中型、1m20cmってところでしょうか、隣のおうちの塀沿いに舌をペロペロ出しながら、奥さんのいる玄関の方へ這って行く最中でした。(笑)
で、けいちゃん、青大将の首根っこをむんずと掴むと、お隣の旦那さんも出てきて、「平気なのか?」 と心配そうです。
が、けいちゃん、「大丈夫です」 と言うと、表通りへ出て、近くの森への道を歩き出しました。

この通りには、当時、お店屋さん、飲み屋さん、板金塗装のお店が軒を並べてました。
けいちゃん、青大将が腕に巻きついて締め付けないように、掴んだ手を肩まであげて、時々巻き付き防止に手を振ります。

と、どうでしょう? (・_・?)ほえ?(笑)

 「うわっ!なんだあーっ!!」 「あれはなんだ、スーパーマンかっ!←これはウソです。(笑)」

「おもちゃじゃないのかっ!!動いているぞっ!!」 「○○さんの息子だろ、あれ!」

「きゃあーっ!!」 「うわあーっ!!」

とか、あちこちで、男も女もいい大人が大パニックで、お店の中に駆け込んで、けいちゃんの様子を見ています。
板金塗装屋さんのブルーのつなぎを着た男の人達も、仕事を中断して、大騒ぎです。

「うわあーっ!!こっち来るなあ〜っ!!」 てブルーのつなぎを着たおじさんが逃げました。(笑)

板金塗装屋さんで働くけいちゃんの先輩まで、

「バカヤローッ!!けいいち!こっち来んじゃねえよっ!!」 って塗装の機械を持ったまま、逃げています。

でもしようがないじゃん。 森への道は、板金塗装屋さんのお隣だもの。(笑)

で、けいちゃん、その道へ入っていって、奥まで入って、青大将を逃がしてあげました。
脚がないってだけで、嫌われちゃってかわいそうです。(笑)


さて、それから、月日は流れ、、、。
ある時、けいちゃん、行きつけの病院で、会計を待っていると、病院のいろいろなことをしている職員の方が、ヘビが出たから、保健所を呼んでと、事務の方へ言ってきました。

(・_・?)ほえ?保健所?大げさな。(笑)

そう思ったけいちゃんは、σ(・・。)が取ってあげよう。と声をかけました。

で、現場は病院の建物を囲う小さな緑の木を植えた、植え込みのある場所です。
けいちゃん、大騒ぎの職員の方に言われた所を覗くと、これまた青大将です。
季節は夏だったので、病院の前の畑でも通って、おそらく林の方からきたものです。
かわいそうに、暑くてトグロを巻いて、ちょっとグッタリで、日陰で休んでいただけです。
林へ戻してあげましょう。(笑)

けいちゃん、青大将のしっぽをそっと持つと、そのまま手繰り寄せて、ヘビの首根っこを掴みます。
この時、病院の中からこの様子を見ていた患者さんの女の人が、引きました。
ガラスがあるのに、逃げました。(笑)
男の職員の方、遠くへ逃げて、 「こっちへ投げたりするなよっ!!」 とか言ったので、投げてやろうかとも思いましたが、ヘビが暑さで弱っているので、やめました。(笑)

で、そのまま、またけいちゃんは、1メートル40センチくらいあるかなり大きな青大将を掴んで、高く持ち上げて、腕に巻き疲れないようン時々、腕を振りながら、林までの道を歩き始めました。
そしたら、大勢の病院の看護師さんたちが非常階段まで開けて、けいちゃんの方を指差しながら、キャーキャー騒いでいました。
けいちゃんじゃなく、ヘビは人気者です。(笑)
けいちゃんは、そのあと、林の方へ行って、大きな青大将を逃がしてあげました。

 「もう出て来んなよ」 ヘビは林の中をスルスルと元気に這っていきました。

病院へ戻ると、けいちゃんはおトイレで、手を洗って、看護師さんにアルコール綿をどっさりもらって手を拭きました。
実は、青大将ってヘビはとても臭いのです、植物の青臭い匂い、そんな臭さです。
こいつは、頭と尻尾を持って、ビンビンと引っ張ると、青臭さが抜けると言いますが、みんなが騒いでいたのでそこまでやってる余裕がありませんでした。
臭いはしばらく落ちず、本能なのか、家で飼っている猫ちゃんたちがけいちゃんを避けていました。(笑)

中学の時、野球部の連中が、ボールを拾いに学校の隣の池の近くへ行って、グッタリしている子供のヘビを捕まえてきて、教室の後ろのロッカーの上で、マーガリンの空き箱に入れて飼っていました。
で、ヘビに詳しいけいちゃんがそのヘビのいる教室に呼ばれました。
で、見てみましたが、グッタリしている子ヘビは茶色くて、何だか黒っぽいような茶色のような斑点が身体にありました。
頭の形も少し違うような気がしました。
けいちゃんも分からなかったので、とにかく池のほうに逃がしてやるように言うと、野球部連中は優しいので逃がしてあげました。
で、後日、みんなで理科準備室に行くと、そこにホルマリン漬けの標本があって、ラベルには『まむし・毒ヘビ』 と書かれていました。
それは、マーガリンの箱の中でグッタリしていたヘビと同じ色、模様をしていました。( ̄_ ̄|||) どよ〜ん(笑)

よく女の子などは、けいちゃんに質問します。

「どうして、ヘビ触れるの?」 と言うので、このお姉さんに、酒豪と一緒に酔っていたけいちゃんは、

「ゲへへへ、けいちゃんだって、ヘビもってるからさあ」 とすっごい下らないお下品な親父ギャグを一発かましてやったら、

「バーカ、それはイボじゃないっヾ(@^▽^@)ノぎゃはははっ!」 と叩き切られてしまいました。(笑)

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(笑)

σ(・・。) 「み、みたことあんのかよっ(;`O´)o」 (爆)

あーあ、最後が下らないねえ。 でも事実だしねえ。(笑)
posted by けいいち at 13:38| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幽霊画像とか、、

お化けと幽霊の違いって知ってるかな?

分類によると、お化けってのは、妖怪のことらしく、キツネとタヌキ(うどんじゃない(笑))とかカラカサとか、入道とか、、、まあ、そういうものだそうです。

で、幽霊ってのは、まあ人の形をしているわけだね。

でね、けいちゃんのお母さんの同級生が、某テレビ局のお偉いさんでね、たたき上げだから、いろいろ詳しいんだけど、いつか同級回で幽霊話になったそうで、、、。
そこで、聞いたのが、お蔵入りの幽霊フィルムとかがあるっての。

ええっ!!Σ( ̄▽ ̄lll) けいちゃん、好奇心の人だから、お母さんから聞いちゃったけど、同級生の話によると、自分の働くテレビ局にもあったんだけど、いつだか、護摩供養で、燃やしたそうだよ。

なんだか、テレビの番組を作っている人達って、さすがにプロだから、映像を編集していると、何か違和感を感じたりするらしいよ。
で、変だなあって思って、違和感のあった映像の部分をスローとかコマ送りすると、みんな画面を見ていた人達、鳥肌立てて、みんなシーンとしちゃうらしいよ。(笑)←笑い事じゃない。
明らかに一瞬、人が、その撮影をした時に呼んでない人とかが、映ってしまったりしてるそうだよ。
でね、すごく話題になったのは、まあ、沖縄で撮られた某フィルムだったんだけど、これは明らかに人が映ってるんだけど、透き通ちゃっているんだね。

こういうフィルム、検証するも何も、明らかに変だから、テレビで流すと、パニックとか、その場所に大迷惑とかかかるし、何よりも番組を作っている人達が、変な目にあったりするといけないから、これらは流さずに、流しても、一回限りで深く追求しないで、お蔵入りだそう。
さらに、じゃあ、お蔵入りってんだから、倉庫にあるんじゃと思うだろうけど、ほとんどが怖いから、護摩供養とかして、処分しちゃうらしい。
ま、理由は自分たちも怖いから。(笑)
そして、怖い事に今のテレビ番組を作っている若い世代には、あまり教えてもいなくて、もしまたそういう映像とかが出ると、上の人が見て、なんだかんだ言って、放送しないか、一回限り放送にするらしい。
若い世代はあまり知らない。きゃあああああ〜!!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!(笑)

けいちゃん、これ聞いて真っ青。(笑)
けいちゃんの撮った写真にもあったんだよね、それらしきものが。ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル(笑)←だから、笑ってる場合じゃねえんだよ!(;`O´)o(笑)、、あ
先祖代々のお墓の前で、みんなで記念写真を撮ったんだね。
みんな、顔がニコニコしてるんだけど、出来てきた写真の墓石の後ろの方に、ぼやけた人の顔。
ぎゃああああ〜っ!!。。゛(ノ><)ゝ って、けいちゃん、鳥肌どころか、鳥になっちゃうところでした。
撮る時はだれもそこにいなかったし、明らかに人がいられる所じゃないんだよね。

でね、まあ、親戚じゅう(もちろん親も含めて)に確認したら、間違いないなってんで。
で、そのお顔、お墓の下に骨になっている人の顔なのでした。
なーんだ、身内じゃん、ハハハハハハ、、、けいちゃんたら、怖がりねえ、、、なんて言ってる場合じゃなかったんだよ。
そのあと、そのお墓にけいちゃん、謝りにお参りして、お墓の前でご先祖様に土下座。(笑)

だけどねえ、問題の写真、ネガと焼いたやつ、どこか行っちゃってねえ。
おそらく、お家を建て替える時に大掃除して、どこかに紛れちゃってるか、ゴミに出しちゃったか、とにかくまだ、どこかから出てきたら、怖い。(笑)
さすがに、身内だから、祟りとかないみたいだけど、けいちゃん、とても怖くなって、お寺にモシモシして、相談したら、そのよく知ってる和尚さん、それはお墓参りに来てくれたので、喜んで顔出したのでしょうって言ってくれたので、救われました。ε=( ̄。 ̄;A ホッ!(笑)

好奇心旺盛なけいちゃんですが、本当は、幽霊が出るって場所、そんなの出ないと思っているから、行こうとするんだよね、酒豪とか連れて。(笑)

で、今よくやってるテレビの幽霊だとか、UFO画像、ほとんどが放送OK。
てのは、作りの可能性があるから。
コンピュータの画像作成や合成ソフト、こういうので簡単に素人でも作れるし、ましてや、映像技術の専門学校とか行ってる学生さんなんて、作るのはお手の物。(笑)
それに、変でしょ。
今まで、写真に写らなかったりしてるのが、ビデオカメラやDVDカメラが普及しだしたら、急にハッキリとよく映ってるのが、増えてくるなんて。(笑)
本当に人を映してるんじゃないの?(笑)
たま出版の社長さんみたいに、人間を金星人とか言ってる人もいるよ。(笑)
暗いところで、廃墟とかで、人を映して、これは幽霊だって言われたら、そう信じちゃうと思わない?(笑)

お母さんの某テレビ局のお偉いさんも、結局、人が理解できない映像は、怖いとかの理由でお蔵入りにするとか言ってたそうだよ。
なーんだ。(笑)、、、、、、なーんだじゃねえよっ!!けいちゃん!!(;`O´)o、、一応(笑)

夜のおトイレは、ちゃんと一人で行こうね。(笑)←だから、書いてて鳥肌がちょっと出てきたな。(笑)←だからあ。
posted by けいいち at 12:48| ☔| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅いけどおはよう(。・_・。)ノ

まあ、やっぱり夜中まで本読んだり、ベッド入ってもすぐに寝なかったりじゃあ、遅く起きるのも当たり前だねえ。(笑)

遅いけど、おはようございます。(*^▽^*)ノ
posted by けいいち at 11:56| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オネムです(笑)

きょうも1日終わりました。

でも、まだまだネタはつきません。(笑)←(* ̄ノ∀ ̄*) ヒソヒソ(小説だよ、、、)

みなさん、けいちゃんって、けっこう暴れん坊だと思ってませんか?
そうです。
体育を見学しながら、外で遊びまわっちゃっているのでした。(笑)
運動はしちゃいけないって言われたのに、最近の医学によると、具合いが悪くなければ、運動してもいい、いやむしろ少しは運動して体力を付けたほうがいい、とのことなんです。
医学の進歩は今目覚しいです。
きっと、いろいろな病気が治るようになると思います。
再生医学も目をみはるような早さで、研究が進められています。
でも、クレグレも健康に気をつけましょう。
新型インフルエンザなんて、ぶっ飛ばす勢いで、自分の身体に優しくしましょう。

で、テレビに出てくる、幽霊やUFOは多くがウソです。
映像の事です。
コンピュータが進歩して、素人でも簡単に画像が作られるようになっているのです。
が、けいちゃんは知ってます。
本当のヤバい画像は、流されないか、あるいは、一回流したら、お蔵入りです。

一人で夜トイレに行けないなんて、それはちょっと困り者です。(笑)

さてと、けいちゃんは、目が疲れたので寝ます。
見てくださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。
m(_ _)m

おかげ様で、けいちゃんは、起き上がれないほどに体力が弱っていたのに、最近、パソコンをよくいじっているので、体力が付いてきて、ご飯もかなり食べられるようになって、救われました。

ホントにホントに、皆さんありがとうございます。m(_ _)m

オネムです。(笑)
またあした、良い夢を。
posted by けいいち at 00:03| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。